SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.07 Sat
 なんとも豪華でクールなコンピ! 映画「Freedom Writers」のオリジナルサウンドトラック。



 Hilary Swank主演のヒューマンドラマを描いた映画、「Freedom Writers」。ご紹介が遅れましたが、このサントラがまた豪華なことになっています。加えて、will.i.am.のプロデュースによるCommonの新曲が収録されていると言うのも豪華。移転する前の「SOULTRAIN」で「Coll Common Collected」を紹介したときにsappaさんにコメントで教えていただいたのですが、これが本当にカッコイイ曲で。個人的に、Commonが大好きなので興奮してしまいました。
 さて、アルバムにはTailb Kweli、Jeannie Ortega、2Pacwill.i.am.などの楽曲が収録。映画のストーリーからはにわかに想像できませんが、音楽はHip-Hopにまとめられているようです。しかしこれがソウルフルな楽曲で統一されていて、なんとも渋い。ソウルなHip-Hopが好きな方には垂涎の一枚でしょう。
 また、このアルバムではプロデューサ・will.i.am.としての成長振りが窺えます。BEP以外にもPCDFergieに始まり、最近ではGame、Nas、Rihannaなど、手広くプロデュース業も展開しているwill.i.am.。アルバムの後半にはMark Ishamの手による映画音楽が収録されていますが、それに1曲willも参加しているし、何より、Commonのプロデュース曲が凄いです。
 初心者にもオススメできて、なおかつHip-Hop Soulが好きな人は聞き逃せない一枚です。

 Common feat. will.i.am.による「A Dream」。
 今までのCommon楽曲の中で、一番渋い。1発で聞き惚れるパワーのある曲です。
 イントロから、サンプリングのストリングスと、オルガン系のキーボードが切なくもいい味を出しています。フックは、will.i.am.が歌っているのですが、彼がこんな歌を歌えるのか、と驚き。
 懐かしいようなサウンドを多用しながらもとてもキレがあって、Commonのラップも良いですね。Commonの声のトーンととてもマッチしたバックトラックです。
 また、フックでは、Martin Luther King Jr.(キング牧師)の演説をサンプリングするという大胆な手法を使っていて(演説サンプリングの曲を聴いたのって坂本龍一の「1919」以来笑)、黒人解放運動の有名な演説を使っているだけに"外せない"というプレッシャーもあったでしょうが、神懸かり的に美しくまとまっています。
 切々とした曲の中にCommonとwill.i.am.の力強いメッセージを感じられて、この曲には本当に胸が動かされます。この一曲のためだけにアルバムを買う価値があるでしょう。インタヴューで、この曲のことを「永遠に残る曲だ」、とCommon自身言っているけれど、その通りだと感じさせる一曲です。
 サントラというより、1つのアルバムとしても充分に楽しめて、Talibは元より、2Pacの名曲「Keep Ya Head Up」まで入っていますからね…(いつ聞いてもこの曲は良いなぁ)。前述の通り、ソウルに通じるHip-Hop楽曲でトーンが統一されていて、とてもオシャレな曲が多いです。
 また、後半にはwill.i.am.のソロ楽曲が収録されていますが、アコギの切ないメインリフが素敵な「Colors」、遊び気味でギターの揺らぎが楽しい「Bus Ride」など、BEPでは見られない彼の一面が窺えます。また、映画音楽の「Riots」のサンプリングの仕方が半端じゃなくレベルが高い。これも必聴です。

 昨年から発売延期になったままのCommonのニューアルバムが気になるところですが、こんな素晴らしい曲を聞くと、俄然期待が高まってしまいます。
 今年はBEPも5thアルバムを発売する予定だとのことで、こちらも楽しみですね。


Freedom Writers オフィシャルサイト
Common / Cool Common Collected : A Fine Collection of Remixes and Rarities
Common / Be
The Black Eyed Peas / Renegotiations : The Remixies

Common feat. will.i.am. / A Dream


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)

スポンサーサイト
2006.07.30 Sun
 Hip-Hop/R&Bのコンピレーションとして楽しめるような強力なサウンドトラックがドロップ。「Step Up」。



 米東海岸の都市=バルティモアを舞台に、地元名門アート・スクールでクラシック・バレエを専攻する主人公ノラと対照的なゲットー育ちでやんちゃなストリート・ダンサー、タイラーの出会いと恋、ダンサーとしての熱い交流を描いた作品として注目のこの映画。(>>HMV)
 映画にMarioなどが出演しているのも洋楽好きには気になるところですが、なんと言ってもこの作品はサントラが凄い。Ciaraのニューシングルが収録されているということで話題沸騰。
 客演ではMissyやBow Wow、Field Mobなどの曲でCiaraの名前を目にしていましたが、Ciara名義のシングルは「And I」以来。「And I」収録のアルバム「Goodies」は2004年発売ですし、ファンにとってみたら2年ぶりのCiaraの新音源と言うことで、話題になるのも頷けます。(まあ今回のシングルはcRunkではないので「Goodies」や「1, 2 Step」が好きだった人にはパっとしないかもしれませんが)
 そんな話題性充分のこのサントラですが、他にも注目曲が盛りだくさんの、サントラとしてというよりは一枚のコンピレーションアルバムとして聞ける、充実した1枚。
 前述のCiaraを筆頭にして、Chamillionaire、Sean Paul、Keyshia Cole、Kelis、Chris Brown、Petey Pablo(なんだかCiaraとは縁がありますね)、Youngbloodz、Yung Joc、Clipse、Mario、Anthony Hamiltonなどなど……と、本当にかなりのメンツです(しかも6曲が新曲)。
 Hip-Hop/R&Bコンピとして押さえておいて損はない1枚。

 シングル「Get Up」。
 cRunkの女王、Ciaraの新曲であるというのもさることながら、「Ridin」の大ヒットで一躍サウスラッパーとして成功を手中に収めているChamillionaireをフューチャーしていて、この組み合わせも新鮮なのでは。
 手拍子のようなドラムのキレの良いサウンドからスタートして、「1, 2 Step」でおなじみのポコポコした感じのキーボードが後ろで遊んでいます。それもそのはず、Jazy Phaのプロデュースなんですね、この曲。(確かなことは分からないけれど、「Ladies and Gentleman !」ってドロップが入っているから間違いないでしょう) うーん、CiaraはField Mobの「So What」にしろ「1, 2 Step」にしろ、Jazzy Phaとの相性がいいですね。
 曲はcRunkのように緩いテイストではなく、それがまたCiaraには新鮮かな? ノリノリな感じで、最後まで一気に聞かせるような勢いがあります。またシンコペーションのフックがツボに入るトラック。またまたChamillionaireが歌いだしたり、結構楽しい曲であるのですが、ただJazzy Phaの曲ってどれも似ている感じがするのが残念(苦笑)。なんか聞いたことのあるような感じは否めませんね。それでも、Chamillionaireのラップが曲をぐっと締めていて、良い感じです。
 また、アルバムにはKelisなどの新曲も収録。Petey Pabloも新曲を提供しているそうですが、この人はまだ生き残っていたんですね(笑)。「Freek-A-Leek」以来ぱっとしたヒットがないですが…(笑)。また、Anthony Hamiltonも新曲提供と言う事で、これも非常に気になる!! かなりHip-HopっぽいR&Bといった雰囲気でまとめられたアルバムのなかでAnthonyだけがちょっとういている気がするのですが、だからこそどんな曲なのか気になりますね。
 本当にとても充実したサントラです。

 Ciaraはそろそろニューアルバムを出すのかな? そろそろ出しても良い頃っていう気がします。
 cRunkのもう1人の女性歌手、Brooke Valentineはニューアルバムを出すことだし(聞いた感じだとあんまりcRunkっぽくないですが)、そろそろアルバムが出てほしいですね。
 Lil Jonはサウスで流行っているSnaps(Cherishの「Do It To It」みたいなリズムのやつ)に今ハマっているみたいだしCiaraがSnapsを歌う日が来るかも。
 なんにしろ、今後の活躍が楽しみですね♪


Ciara オフィシャルサイト

▽ Video 「Get Up」をフル試聴する(YouTube)。
  髪を黒く戻して、なんだか誰だか全然分からないCiara嬢…(笑)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
2006.02.13 Mon
 またブラックミュージック好きにはたまらないサウンドトラックが発売。オフィシャルサウンドトラック、「Glory Road」。



 1曲目に、Aliciaの新曲が入っているというだけで買ってしまいました(笑)。
 ……しかも。

 Alicia Keys feat. Lyfe Jinnings !!

 これは買うしかないでしょ~(笑)。
 もうどちらもハンパなく好きなアーティストなので、堪らないですよ。Lyfeのあの声とAliciaの艶っぽい声が絡んでいるというだけで、鼻血ぶーモノであります(興奮して口調が変(笑))。
 このアルバムは、アフリカ系移民を先発メンバーに起用し大旋風を起こし、1966年のNCAAチャンピオンになった、史上初めて黒人だけのスターティング・メンバーでプレイしたテキサスウエスタンのバスケットチームを描いた実話に基づく映画、「Glory Road」のサントラなのですが、ブラック系でまとめられたアルバムはまた懐かしい曲満載で、とても楽しめる仕上がりになっています。今こうしたアルバムで聞くと、また古い曲の良さを痛感しますね。
 参加アーティストは、Alicia Keysを中心にして、Stevie Wonder、Shirley Caesar、Marvin Gaye、The Isley Brothersなどなど。
 若い世代からかなり年配の方まで楽しめる、充実したサウンドトラックになっています。

 主題歌(なのかな?)、「People Get Ready」。
 (個人的に)夢の共演、Alicia KeysとLyfe Jinningsがデュエットしています。Impressionsの名曲のカバーです。
 これがもう、たまりません。
 イントロのちょっと緩いギターから良い雰囲気。そこに乗るAliciaがまたさらっとした感じで上手く歌っています。対照的にLyfeのちょっと掠れ気味の声も秀逸。
 転調がまたムードを盛り上げていて、フックでの2人の歌は悶絶必死。シンプルなメロディーだけに、2人の歌唱力が遺憾なく発揮されていて、最後のちょっとしたブレイクとかは、ただただ「上手いなぁ~」としみじみとしてしまいます。
 とっても短い曲で(2分43秒)それがちょっと残念なのですが(笑)、またその「小品」っぽい感じで味があります。BGMにももってこいだし、しっとりと聞いても良い曲です。とても相性抜群のデュエットだと思うので、今度はオリジナルでコラボして欲しいですね(笑)。
 またアルバムも全体的にちょっと「懐かしい」、映画の舞台となる60年代の雰囲気が生きていて、とても楽しい1枚に。
 The IsleysにしろStevieにしろ「ああ、ああ。当時はこういうサウンドにリズムだったんだ」と言った感じで、現在50歳弱ぐらいの方にはたまらない懐かしさなのではないでしょうか。個人的に好きなIsleysはTwistのリズムでもう聞いていて楽しくてしかたがありませんでした。Billy Joe Royalなんかは今聞いても新鮮だし、「サントラ」と言うよりは、「コンピレーション」として世代を越えて楽しめるつくりになっています。
 また、「Glory Road」という曲では、歌詞のない曲をハミングを中心してAliciaがしっとりと歌い上げていて、これがまた良い曲です。歌詞なしでここので「聞かせる」アーティストは、そうそう居ないものだな、と痛感させられます。中盤のゴスペル的な盛り上がりもたまりません。映画は見ていませんが、その雰囲気が伝わってくるパワーのある曲です。

 本当に充実したサウンドトラック。
 今の所、Alicia feat. Lyfeはこのアルバムではか聞けないので、要チェックですよ!!


映画 Glory Road オフィシャルサイト

▽ Audio 「People Get Ready」他全曲を試聴する(Official)。

▽ Video 「People Get Ready」を試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。