SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.09 Sat
 あまりの仕事っぷりに段々聞くのが追いつかなくなっているので(笑)、Shaffer SmithことNe-Yoが手掛けた作品をこの記事にまとめておきます。過去の参加作品は網羅していませんが、デビュー以降の作品は全部押さえているはずです。随時更新予定。

Ne-Yoまとめページ
Ne-Yo.jpg


[Ne-Yo記事]
Ne-Yo / In My Own Words
Ne-Yo / In My Own Words [additional article]
Ne-Yo Showcase Live @ Vuenos
Ne-Yo Showcase Live @ Vuenos [additional article]
1分で弾けるピアノ講座 Ne-Yo 「So Sick」

[作曲参加]
Mario 「Let Me Love You」
 なんと言ってもNe-Yoを有名にしたのはこの曲でしょう!!
・Nevea 「Still in Love」
 女声とNe-Yoの相性って抜群です。
・Marques Houston 「That Girl」
 聞いたことありませんが……気になります。
B2K 「Fizzo Got Flow」
 これも聴いたことないです(Omarionとかも実は全然聴かないクチ(笑))。
Mary J. Blige 「タイトル不明」
 一体どの曲なんでしょう?? Mary J.の気張った声でNe-Yoを歌うとどうなる??
Faith Evans 「タイトル不明」
 Ne-Yoの曲ってFaithなんかにぴったりな気がするのでどの曲か気になります。。。
Christina Milian 「It's About Time」
 時期的に微妙ですが、Ne-Yoは契約直後のMilianは解雇前で、Def Jamのレーベルメイト?
Chris Brown 「タイトル不明」 (2006 Jan.)
 すいません、どの曲だか忘れてしまいました。。。
Remy Ma 「Feel So Good」 (2006 Feb.)
 聴いただけでNe-Yoと分かるPopなテイスト。Hip-Hopを飲み込んじゃってます。
Javier 「Dance for Me」 (2006 May.)
 ラテン系の曲もNe-Yoのセンスが光ります。これは是非本人に歌ってもらいたいなぁ。
Ghostface 「Back Like That」 (2006 Apr.)
 客演返し(?)なのでしょうか。PVのHip-HopなNe-Yoもカッコイイです。
Rihanna 「Unfaithful」 (2006 Mar.)
 レーベルメイトのRihannaに提供したこの曲。正統派バラードです。
Beyonce 「Irreplaceable」 (2006 Sep.)
 当初は作曲だけでなく客演もする予定だっただけに残念!!
Mario Vazquez 「Gallery」 (2006 Sep.)
 Javierの続くラテンテイストなこの曲。また切なげでイイ感じです。
Bobby Valentino 「Wreck」 (2006 Oct.)
 Ne-Yoっぽくなくて少し"オドロキ"なテイストの1曲。しかしこれがまた新鮮です。
Teairra Mari 「タイトル未定」 (2006 Nov.)
 参加予定。(今冬発売予定のニューアルバム収録)
Omarion 「タイトル未定」 (2006 Dec.)
 参加予定。(12月発売予定のニューアルバム収録)
・Eve 「タイトル未定」 (2007)
 参加予定。(来年発売予定のニューアルバム収録)
・The Roots 「タイトル未定」 (2007)
 参加予定。(Rootsの新メンバーに「Stay」でフューチャーしたPeedi Peedi加入だからかな?)

[客演参加]
LL Cool J 「So Sick (Remix)」
 客演と言うか、リミックスですが…。全然違うテイストに仕上がっていて面白いです。
Busta Rhymes 「Touch It (Remix)」
 東京でのショーケースライヴでも披露された1曲。


 それにしても、すごい働きっぷりです。何でも曲のストックは400曲以上で、しかもその曲の管理の仕方が、"恋愛ソング"、"失恋ソング"と言った風になっているんだそうで(笑)。

 他にも参加作品がありましたら是非教えてください。
 また、過去の参加作品でどの楽曲か分からないもの(Mary J.、Faith、Chris)のタイトルをご存知の方がいましたら、コメントお願いします。ぺこ。


Ne-Yo オフィシャルサイト

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
2006.04.05 Wed
 2005年の世界全体のCDアルバムセールスランキングが、International Federation of the Phonographic Industry(IFPI)よりようやく発表されました(>>BARKS)。
 気になるそのトップ10。


1位
「X&Y」 Coldplay (830万枚)

 シングルは、英国バンドとしてビートルズ以来シングルチャートでビルボード初登場トップ10入りしてしまうし、何より本国イギリスを筆頭にして、世界的に売れた感の強いColdplayが1位。
 …まあここの読者の人ならご存知かと思いますが、僕はこのアルバムで大いにColdplayに失望したので、この結果はちょっと解せないですね(笑)。セカンドまでは好きだったんだけれど、またおんなじことをやられても。
 ちなみにこのアルバム、アメリカの音楽誌で行われたアンケートで、「実際の完成度よりも評価が高すぎるアルバム」ランキング3位にもランクインしていて(1位はニルバナ)、僕はそれに納得(笑)。


2位
「The Emancipation of Mimi」 Mariah Carey (770万枚)

 2005年は女王復活、Mariahの一年だったと言っても過言ではなかったでしょう。
 セールスはもとより、ずーっと嫌われていたグラミー賞も受賞し、「女王健在」っぷりをアピール。リードシングルの「It's Like That」こそコケたものの、続く「We Belong Together」は2005年を代表する一曲でしたね。他にもヒットが続きました。


3位
「The Massacre」 50Cent (750万枚)

 なんで50はここまで人気があるんですかね(笑)。「勢い売れ」の感じが否めないのですが…(特にラッパーとしてすごいか?)。
 とは言え、チャート上位ランクインの難しいラップでR&Rチャートにシングルヒットを送り込み、Gameやらと色々マスコミを騒がせつつ、2005年も50の活躍が目立ちました。


4位
「The Monkey Business」 The Black Eyed Peas (680万枚)

 去年の今頃は、いつ出るかいつ出るかと非常にそわそわしていた気がします。2005年、あれほど楽しみにしていたアルバムそうないかと。
 シングル的には、どの曲も「中ヒット」という感じですが、コンスタントに全曲売れましたね。というか、このアルバムの、「一枚のアルバム」としてのクオリティはすごい!! 全曲シングルカットぐらいの勢いですが、それも大いに頷けます。
 また、05年から06年に掛けては、will.i.am.がプロデューサーとしても成長した1年でしたね。


5位
「American Idiot」 Green Day (640万枚)

 一昨年発売のアルバムなのに、堂々のランクイン。年を跨いでいなかったら、もっと上位なでしょう。
 さすがは「Grren Day的『Joshua Tree』」とまで言われただけある、充実のロックアルバムでした。聞きあきない1枚ですよね。メッセージ性も強くて、音楽と言うもの以上に幅がある傑作でした。


6位
「Confessions on a Dance Floor」 Madonna (630万枚)

 全編ダンス曲と言う事で、往年のMadonnaファンから若年層まで、世界的に売れました。…いやー正直ここまでMadonnaって売れていたんですね(笑)。騒がれている割にあんまりチャート上位に来ないな、という感じがしたのですが、世界的にかなり分散して売れたのかと。
 グラミーのパフォーマンスや、オドロキのレオタード衣装、とにかく齢を感じさせないパワフルさです。まだまだ全然イケますね!! 来日も楽しみ。


7位
「Blakaway」 Kelly Clarkson (610万枚)

 アメリカでは、2005年は彼女の「独り占め」の年でした。恐らく、このセールスも、8割以上がアルリカの売り上げではないのでしょうか。(未だに日本での知名度低いですし)
 見事に「脱アイドル」をし、曲がどれもキャッチーで入りやすかった。作曲もAvrilやBenなどとツイていて、とっても上手くあいていたポストにはまった感じがします。


8位
「Curtain Call」 Eminem (550万枚)

 僅か一ヶ月のセールスとしては大健闘なのではないでしょうか(12月発売)。本当に僅差でJamesを破っての8位だとのこと。
 リードシングルが「When I'm Gone」だったり、引退説などが囁かれたりしたものの、やはり彼は健在ですね。
 エムの変遷が分かる貴重な1枚だと思います。


9位
「Back To Bedlam」 James Blunt (550万枚)

 イギリスだけだと、2005年最も売れたアルバムです。世界的なヒットは今年に入ってからという感じでしょうか。まだまだセールスは伸びることでしょう。
 こういうアコースティックで、とてもオーソドックスな作品が受け入れられるというのは嬉しいですね。


10位
「Intensive Care」 Robbie Williams (540万枚)

 これって、アメリカのセールスはほとんど皆無なんじゃないですか?(笑) いやー、よくランクイン出来ましたね…。
 ここでは取り上げていないですが、この作品も「アルバムとして聞ける」1枚なのではないでしょうか。Robbieも毎回コンスタントに売れますね。


 こうしてみると、やはりR&Bはあくまで「アメリカ市場」であって、世界的なヒットは難しいと分かりますね(笑)。ラップもイギリスで受け入れられるか否かが鍵と言うか。
 個人的には「さすがにColdplayが1位はないだろ」と思うのですが(笑)、けれど結構妥当なセールス結果でした。


2005 Year-End Single Chart

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
2006.02.09 Thu
 第48回グラミー賞の主要部門の結果を速報でお届け。

主要4部門

Album of the Year
"How to Dismantle an Atomic Bomb" U2
 さすがはお堅いグラミー賞。
 大方の予想を裏切ってU2がAlbum of the Yearを受賞。(このアルバム、持っていますがここでも紹介しなかった通り、全然聞かなかったのですが(笑))
 そしてさらに、U2が主要2部門を制覇するというありえない展開には、やはりグラミー賞は保守的と言うか、まあこんなもんか、と例年落胆させられるのと同じ結果ですね。

Record of the Year
"Boulevard of Broken Dreams" Green Day
 昨年の雪辱を果たし、Green DayがRecord of the Year獲得。
 政治的メッセージが強いだけに、お堅いグラミー賞では昨年嫌われに嫌われたGreen Dayでしたが、今年は無事獲得。これは「獲らせてあげた」だけでも凄いのか、「去年あれだけノミネートされていたのに今更」と思うのか、そこら辺がグラミーのお堅い軍団と一般人の違いでしょう(笑)。
 しかし、これだけ凄いアルバムだったただけに、ようやく妥当に評価されて、少しはグラミーのおカタさも緩くなったのかな。

Song of the Year
"Sometimes You Can't Make It on Your Own" U2
 またしてもU2。慥かに、上にはウケそうな父親に捧げられた曲ですが、やはりこれはどうなんだろう…。いくら嫌われているとは言え、Mariahに獲らせてあげても良かったと思うんだけれどなぁ。
 こういうところには、如実にグラミーっぽさが伺えますね。

New Artist
John Legend
 John以外に今年のNew Artistはありえなかったでしょう。これは「ナットク」の結果。さすがは、アルバム発売当初から、「グラミー最有力候補」と謳われていただけはあります。
 それにしても、主要4部門はJohn以外はロックなワケで、今年はやたらとロックに偏った感のあるグラミーでしたね…。
 
 また、主要4部門以外の主な賞では、Rap AlbumでKanye West、Rock AlbumでU2、Pop Vocal AlbumでKelly Clarkson(結局MTV Video~でもKellyに奪われていたしGwen哀しすぎ)、R&B AlbumでJohn Legend
 主要部門獲得にはならなかったものの、MariahKanye、が3部門、U2が最多5部門を獲得した模様です。Kanyeは政治批判をした割に意外と獲得できていて、良かったな、と。Mariahはグラミー賞に嫌われている、と書いてきましたが、新人賞を受賞して以来、グラミー賞の受賞は実に16年ぶり。
 さらに詳しい結果はこちらの記事で。


Grammy Nominees 2006

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。