SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.09 Wed
 
R&R [CHR / Pop National Airplay]


 R&Rとは、ビルボードチャートのようにシングル売り上げに左右されず(しかもビルボードシングルチャートはダウンロードが加味されていない!)、純粋にラジオのオンエア回数で今一番アメリカのラジオで掛かる曲(=一番売れている曲)を現したチャートです。
 つまり、このチャートこそ、本当に「今、売れている曲」が分かるチャートで間違いない!



  1位 ↑○ Kelly Clarkson / Because of You  (9169)
  2位 ↓○ Kanye West / Gold Digger  (9073)
  3位 →○ Nickelback / Photograph  (7547)
  4位 ↑○ Chris Brown feat. Juelz Santana / Run It  (7457)
  5位 ↓○ The Black Eyed Peas / My Humps  (6917)
  6位 ↑○ Fall Out Boy / Sugar, We're Goin' Down  (6787)
  7位 ↓  Mariah Carey / Shake It Off  (5645) 
  8位 →  Green Day / Wake Me up When September Ends  (5374)
  9位 ↑○ Pretty Ricky / Your Body  (4550)
  10位 →  Weezer / Beverly Hills  (4479)

 Kelly Clarkson、首位奪還!!
 2週間ぶりに、彼女の「Breakaway」からの4thシングル、「Beacause of You」が首位に返り咲きました。もしかしたら、と思っていましたが、本当にやっちゃってくれましたね…。彼女の人気は凄まじいです…。この曲は作曲が元EvanescenceのBen Moodyで、渋いラヴバラード。また彼女の声ととってもマッチした楽曲。R&Rに於いて、首位を獲得した楽曲が一度ランクダウンした後に再び首位を獲得したのは、今年の初めにMarioの「Let Me Love You」で成し遂げて以来のこと(ちなみにCiara feat. Missy Elliottの「1, 2 Step」がMarioが通算4週に渡って1位を記録する間に1週間だけ1位を取りました)。
 2位が先週の首位から転落したKanye West。2週間首位の座を守り、現在も赤丸で放送回数が伸びているにも拘らず、Kellyの勢いに負けての首位転落である。ビルボードでは既に9週連続1位を達成しているが、ラジオ的にはそこまで爆発的なヒットとなっていない。たしかに放送回数9000台を記録するとは相当なヒットではあるが、田舎ウケしていないのかも。
 3位はNickelback。1位2位が強すぎるので、これ以上ランクアップを狙うのはちょっと厳しいかも。
 4位はChris Brown。6位からBEPを蹴落としての上昇。今週一番放送回数が増えたのがこの曲です。これはまだアルバム発売前でもあるので、下手したら首位獲得もありえそう。逆に、BEPは赤丸付いているものの少し衰えてきた感じ。「Monkey Business」からは、思ったよりも大ヒット曲が出ませんね…(残念)。
 6位は俄然好調のFall Out Boy。7位は既に新曲「Don't Forget About Us」が13位にランクインのMariah、8位は意外と粘り強いGreen Day。
 9位に飛び込んできたのは、平均年齢19歳の4人組Hip-Hop/Rapグループ、Pretty Rickyのセカンドシングル。彼ら初めての大きなヒットになりそう。
 そして10位が、これまた粘り強くチャートインし続けるWeezerでした。

 上位が赤丸付きまくりで、混戦気味。しかし、来週もKellyとKanyeの一騎打ちとなりそうです。Kanyeは首位奪還できるのかな。それともやはりKellyが強いのか。
 最近のチャートにしては珍しく、4曲(Kellyを入れると5曲)がロックで、ロックが再び盛り返しているのかな、との印象を受けますね。頑張れ、ロック組!!
 10位以下の注目曲は、12位のPussycat Dollsの「Stickwitu」、13位のMariah Careyの「Don't Forget About Us」、14位のSean Paulの「We Be Burnin'」、18位のGwen Stefaniの「Luxurious」、20位のMadonnaの「Hang It」などなど。
 さらに下位チャートとなると、28位のRihannaのセカンドシングル「If It's Lovin' That You Want」、29位のT-Painの「I'm Sprung」、32位のBeyonce' feat. Slim Thugの「Check On It」、40位のNatasha Bedingfieldの「Unwritten」、41位のTrina feat. Kelly Rowlandの「Here We Go」など。T-Painはランクは上昇していませんが、赤丸つきで粘っていますね。ランク外では、ベストアルバムからのリードシングルと思しきEminemの新曲、「When I'm Gone」なども。(またドキッとするタイトルだな)
 
 R&Bチャートでは、こちらでもKanyeが首位転落。
 1位がChris Brown feat. Juelz Santanaの「Run It」、2位がYoung Jeezy feat. Akonの「Soul Survivor」、3位がKanye Westの「Gold Digger」、4位がT-Painの「I'm Sprung」、5位がThe Black Eyed Peasの「My Humps」、と言う結果に。
 やはりChris Brownが強いですね。このまま総合チャートも制覇しそうな勢い。総合チャートではあまり芳しくないYoung Jeezeが2位。先週から1ランクアップで4位のT-Painがこちらでは好動向です。

 ロックが巻き返しを図っているような感じのチャートですが、果たして来週はKelly(ロック)に軍配が上がるのか、Kanye(ヒップホップ)に軍配が上がるのか……必見です。

 あとニュースになっていましたが、Yellowcardのギタリスト、ベン・ハーパーがバンドを脱退したとのことで、非常に残念。
 彼らの来年早々に発売されるニューアルバムでは、4人になっても力強いサウンドを聞かせてくれることを願っています。


Kelly Clarkson 「Because of You」を試聴する(WMP)。

Kanye West 「Gold Digger」を試聴する(WMP)。

「Photograph」を試聴する(QuickTime)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/105-84132ba9
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。