SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.24 Thu
 Yellowcardのメジャー2枚目が完成!! Yellowcardの「Lights and Sounds」



 前作、「Ocean Avenue」がプラチナアルバムを獲得。
 ロックバンドなのに、バンドのメンバーにバイオリニストが居ることで驚かせたことも記憶に新しい。
 そんな彼らの新作が早くも到着。
 先日、ギタリストのベン・ハーパーがバンドを脱退したとの表明をしたが、そうしたメンバーの脱退劇があっても、彼らのサウンドは光ったままである。
 今回もブッ飛んでいて、素晴らしい作品に仕上がっている。

 リードシングルでアルバムタイトルの「Lights and Sound」。
 まだこの曲だけしか試聴が出来ないのだが、それでもアルバムがすんごい仕上がりになっているだろう事を存分に伺わせるYellowcardらい仕上がり。
 メンバーにバイオリニストが居るからといって、バラードなんて奴らの眼中に無い!!
 今回も今まで以上に痛快で、ロックでパンクな、とってもかっこいいシングルだ。サウンドを重視してか、バイオリンの音が抑え目なのが残念。
 もう、これだけの切れ味を出せるバンドって、そうそう無いだろう。イントロからギターもベースもガンガン。ドラムのフィルインは悶絶。演奏のテクニックは一級品である。ドラムなど、あまりの叩きように、いつスティックが折れるかハラハラしてしまうぐらいだ。っていうか、手が2本しかないとは思えない刻みの細かさ。素晴らしいリズム感。
 サウンドは、今までに無いパンクな感じになっているが、メロディーは「Yelloecard印」とでも言える、とてもシンプルで口ずさみやすい感じ。明るいメロディーラインとヘヴィな伴奏が絶妙な組み合わせである。
 また、PVもシンプルながら凝った作りとなっていて、「Lights and Sounds」というタイトルに相応しい仕上がりとなっている。全然違うものになっているが、コンセプトはSwitchfootの「Stars」に近い感じがする。目がくらくらするような光の残像はとても綺麗だ。
 冒頭でギタリストが脱退した、と書いたが、どうやらのこのPVまでは参加している模様。まだちゃんと5人居ます。

 リードシングルから、とにかく期待させる仕上がり。
 一体どれだけのアルバムを届けてくれるのか、今から楽しみでしょうがない!!


Yellowcard / Ocean Avenue

▼ 輸入版・国内盤 2006年1月23日発売予定

Yellowcard オフィシャルサイト

「Lights and Sounds」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/124-7df05ff7
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。