SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.04 Sun
 ニュースで振り返ろう、2005年の音楽シーン。

Mariah、華麗なるカムバック。
 今年、最も多くシングルチャート1位を獲得したMariah。ビルボードで「We Belong Together」が通算14週1位を飾りました。アルバム自体も、今年最も売れたアルバムになりそうな勢い。
 些か、「もう終わっちゃった歌手」のイメージがあったMariahですが、今回の復活はまさに見事。リードシングルの「It's Like That」がトップ10にすにランクインせず、これは駄目かと思いきや、「We Belong Together」、「Shake It Off」は、今年の夏から秋にかけて爆発的なヒットとなりました。
 今年は、まさに「Mariahの1年」だったと言っても過言ではないかも。

デスチャ、突然の解散表明。
 女性のグループとしては最もCDを売り上げたとしてギネスにも載っている天下無敵のDestiny's Childが、突然の解散表明。昨年、ファン待望の「Destiny Fulfilled」で見事に復活しただけに、驚いた人も多かったのでは。
 彼女らの集大成として発売された初のベストアルバムは、全世界で1位を獲得。日本でもオリコン1位を達成しました。
 グループとしては解散してしまいましたが、既にBeyonceのソロ新曲も好調で、彼女たちのそれぞれの活動には今後も要注目です。

R&B界きってのスター、Luther死去。
 つい2003年にグラミー賞4部門制覇を成し遂げたばかりのLuther Vandorossが、脳卒中のリハビリ中に死去。
 リハビリ中のLutherを励ますために計画されていたトリビュートアルバムが、惜しくも追悼のトリビュートアルバムとなってしまいました。多くの大物アーティストが参加したそのアルバムは、トリビュートアルバム史上最高となる初動4位を記録。
 改めて、Lutherの偉大さを見せ付けた瞬間だったと思います。R.I.P.

10代シンガー、続々登場!!
 最近、アーティストの低年齢化が進んでいますが、今年も10代のシンガーがチャートを賑わしてくれました。
 中でも、「Let Me Love You」が3週1位を獲得したMario、cRunkの女王となったCiara(現在は20代?)、そのCiraとデュエットした「Like You」がヒットのBow Wow、Jay Z-もみとめた歌唱力の持ち主のRihanna、昨年は「Leave(Get Out)」が大ヒットしたJoJo、Hip-HopとR&Bが融合した形態のPretty Ricky、ポストUHSERと謳われるChris Brownなど。
 どの人も10代とは思えない実力の持ち主で、これからの活躍に期待大。

今、レゲトンが熱い!!
 昨年のN.O.R.E.の「Oye Mi Canto」から火がついて、レゲトンが一大ブームに。日本でもあの大きな2拍子のドラムと中毒系トラックが大流行。
 その中でも、「Gasolina」のヒットを飛ばしたDaddy Yankeeは、まさに、レゲトンのキング。このはまると抜け出せない悩殺フレーズが大流行。そして3年ぶりのアルバムとなったSean Paulも現在チャート上昇中。T.O.K.のニューアルバムも好調でした。

やっぱり今年もKanyeだね。
 昨年、グラミー賞最多ノミネートを果たしたKanye Westの快進撃が今年も続きました。
 中でも、彼が設立したレーベルのG.O.O.D.第一弾となるJohn Legendは今年のグラミー最有力候補と謳われるほどのシンガー。Commonは「原点回帰」をテーマに、Kanyeプロデュースで傑作アルバムの「Be」を発表。
 多忙を極める中、Kanye本人のセカンドアルバムも発売され、チャート1位を獲得。豪華なアーティストとの競演が話題になりました。
 個人的に、Kanyeプロデュースで今年一番好きだった曲は、Young Gunzの「Grown Man」。
 今年はプロデューサーで言うと、Kanye、Pharrell(The Neputunes)がかなりヒットを飛ばしたのではないでしょうか。

大物アーティストの新作続々。
 Stevieの10年ぶりとなるフルアルバムの発売、女王Madonnaの新作、Kate Bushの新作、ロックでは、Paul McCartneyやEric Claptonの新作と、大物アーティストのニューアルバムが続々と発売されました。
 中でも、Stevieのアルバムは印象的でした。本当にStevieは日本が好きなようで、来日プロモーションも終始ご機嫌な様子でしたね(テレビでも4曲も歌っていましたし)。まだまだ、何枚もアルバムを出してもらいたいですね。


 以上、個人的独断と偏見に基づく7大ニュースでした。
 (Lil KimやCassidyの逮捕を記事にするか迷ったりしたのですが…(笑))


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/136-1f1a6884
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。