SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.07 Wed
 
R&R [CHR / Pop National Airplay]


 R&Rとは、ビルボードチャートのようにシングル売り上げに左右されず(しかもビルボードシングルチャートはダウンロードが加味されていない!)、純粋にラジオのオンエア回数で今一番アメリカのラジオで掛かる曲(=一番売れている曲)を現したチャートです。
 つまり、このチャートこそ、本当に「今、売れている曲」が分かるチャートで間違いない!



  1位 →○ Chris Brown feat. Juelz Santana / Run It  (9289)
  2位 →  Kelly Clarkson / Because of You  (8673)
  3位 ↑○ Nickelback / Photograph  (7755)
  4位 ↑○ Pussycat Dolls / Stickwitu  (7483)
  5位 ↓  Kanye West / Gold Digger  (7453)
  6位 ↑○ Mariah Carey / Don't Forget About Us  (6589)
  7位 ↓  Fall Out Boy / Sugar, We're Goin' Down  (6104)
  8位 ↓  The Black Eyed Peas / My Humps  (6045)
  9位 →  Sean Paul / We Be Burnin'  (4862)
  10位 →○ Gwen Stefani / Luxurious  (4423)

 Chris Brown、2週連続首位獲得。やっぱり、彼の勢いは留まることを知りませんね。物凄い伸びようです。首位獲得2週目ですが、未だに赤丸を取れていないし、2位3位と大きく引き離しているので、まだ首位が続きそう。
 ちなみに、デビューシングルでの首位獲得は今年の頭にMarioが「Let Me Love You」で2週連続(通算3週)首位を獲得して以来のこと。今年は全体的にMariah、Gwen、Kelly Clarkson等の女性陣のヒット曲が目立っていましたが(今年男性で首位を獲得したのはNellyとGavinとMarioとGreen DayとKanyeだけ)、彼女達を凌ぐ特大のヒットになりそうです。
 2位はKelly Clarkson。2週目の2位ですが、放送回数はあんまり減っていません。
 3位はニッケル。3週間ぶりのトップ3入り。ずっと4位に後退していた(しかも赤丸が取れていた)のに、再浮上。凄いですね。Radio and Recordsのチャートでは赤丸が取れてもランクアップすることは度々あるのですが(まわりの曲の方が早くランクダウンしている結果)、赤丸が付いてもりかえすことは珍しいです。しかも、ここまで上位での「もりかえし」はかなり異例。Chrisが相当強いので首位獲得は無理かと思いますが、来週あたり2位は狙えるかも。
 4位はPussycat Dolls。今週、2番目に放送回数が上昇しています。4位はデビューシングル「Don't Cha」と最高位タイ記録で、このまま行くとそま記録も塗り替えそう。とにかく、凄く売れています。何となく、デスチャが解散してしまったので、その後釜、という感じもしますが……。
 5位はKanye。新曲の「Hard 'em Say」は現在24位。
 6位はMariahの新曲。「2005 Music News」でも書きましたが、今年はMarihaの1年でしたね。この曲も俄然好調で、まだまだ上位を狙っている感じ。今回のアルバムからの3曲目の首位獲得となるのでしょうか。
 7位はFall Out Boy、8位はBEP。どちらも下降していますが、それでもかなり粘っています。BEPは新曲「Pum It」がオンエア開始された模様。9位のSean Paulは赤丸が取れてしまいました。
 10位のGwenは地道に放送回数を伸ばしています。そういえば、来年に2ndソロ発売とのニュースが流れていましたが、何でも「気が変わった」そうで、この話はお蔵入りになりそう。年末で受賞が続き、多忙を極めるGwenはとにかく「休暇が欲しい」とのこと。残念だけれど、このアルバムだけでも十分にGwenは活躍しましたよね。

 11位以下の注目曲。
 11位のYoung Jeezy feat. Akonの「Soul Survivor」、12位のBeyonce' feat. Slim Thugの「Check on It」、13位のAll-American Rejectsの「Dirty Little Secret」、14位のRihannaの「If It's Lovin' That You Want」、15位のEminemの「When I'm Gone」、19位のT-Painの「I'm Sprung」、21位のD4Lの「Laffy Taffy」、などなど……。

 11位は相変らずYoung Jeezy。総合チャートだと、こういうHip-Hopは苦戦を強いられる傾向にアリ。再トップ10入りはちょっと厳しいかな?
 12位はデスチャ解散後ソロ1曲目となるBeyonceの「Check on It」。この曲は今週、最も放送回数が増えた曲で、めちゃめちゃ勢いがあります。来週のトップ10入りはほぼ確実な情勢。かなり売れていますが、それでも過去の「Naughty Girl」なんかと比べるとあんまり勢いが無い気がします。
 13位はAll-American Reject。14位はRihannaのセカンドシングル。これもけっこうなヒットになりそうですね。
 15位はEminem。ベストアルバム「Curtain Call」からのリードシングル。既に「Curtain Call」は全英1位、日本(オリコン)3位を記録。ビルボードは明日発表ですが、これも1位確実なのではないでしょうか。
 アルバムは好調ですが、シングルは少々スピードダウン。先週、Eminemよりも下位にいたRihannaに順位を上回られてしまいました。
 アルバムはめちゃめちゃ売れているEmimemですが、「Encore」の時も結局1曲もトップ5入りを果たせませんでしたし(「Just Lose It」の6位が最高)、今回もちょっと厳しいのかな…? 「When I'm Gone」は名曲だと思いますが、アメリカだと「センチメンタルすぎる」と受け取られているようで、シングルヒットを狙うならば「Lose Yourself」的なテイストの曲をシングル発売した方がいいのかも。
 そうそう、ついにEminemは元奥様のKimさんと再婚をする模様。良かったですね。

 一方のR&Bチャート。
 1位がChris Brown feat. Juelz Santanaの「Run It」、2位がMariah Careyの「Don't Forget Anout Us」。、3位がRay Jの「One Wish」、4位がD4Lの「Laffy Taffy」、そして5位がYoung Jeezy feat. Akonの「Soul Survivor」。
 こちらでもChrisクン強し。それをMariahが追いかけています。
 Ray Jの「One Wish」(名曲!!)もかなり粘っていますが、4位のD4Lが先週の7位からの脅威のランクアップで上位を狙っています。
 こちらでは、Young Jeezyはランクダウン。
 そうそう、意外だったのですが、Pharrell feat. Gwenの「Can I Have It Like That」がランクダウンしていました。アルバム発売延期で飽きられちゃった?

 今年のチャートも残り僅か!!
 Chrisの首位が続きそうですが、トップ10後半のチャートが来週がらりと入れ替わりそうです。
 要注目!!


Chris Brown feat. Juelz Santana 「Run It」を視聴する(WMP)。

Kelly Clarkson 「Because of You」を試聴する(WMP)。

「Photograph」を試聴する(QuickTime)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/140-d97b16f4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。