SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.14 Wed
 素晴らしいセンスを兼ね備えたシンガーが登場。KiKiの「Let Go」。

 


 KiKiこと、Kierra "KIKI" Sheard 。若干18歳のKiKiは、伝説的ゴスペル・グループのクラーク・シスターズの結成メンバー、そして1987年以降ソロとして活躍しているカレン・クラーク・シェアードの娘。また、ゴスペル音楽に多大な影響を与えたとして知られる素晴しい指揮者、アレンジャー、作曲者、シンガー、演奏家、そして先生としても知られるDr.マティ・モス・クラークの孫でもある。(from 東芝EMI)
 ゴスペルをベースにしつつも、R&Bやアーバン、ポップスを取り入れて、天下無敵の仕上がり。恐ろしい歌唱力の持ち主で、これがデビューアルバムだとは俄かに信じられないようなパワフルで高い完成度を誇っている。
 特に彼女の声には圧倒されるばかりで、あれだけキーの高い曲を難なく、しかも張りを持って歌える歌手はそうそういないだろう(カラオケじゃ歌えない感じだ(笑))。リズム感も抜群で、希代なセンスを感じる。「御見それしました」、としか言いようがない。
 Mariah Careyなども「大好き」と認める大型新人。
 本当に才能のある人物の感性に触れることの出来る、貴重な1枚と言えるだろう。

 日本リードシングル、「Let Go (Rock Soul Remix)」。
 激しいテイストの1曲。彼女の歌声の魅力が100%活かされていて、是非とも生で聞いてみたいような1曲。サビのメロディーはシンプルなのに、KiKiの声が沢山被さっていて、目茶目茶難しく聞こえる(笑)。シャウト気味に歌う部分は圧巻で、CD音源とは言え、凄い声量を伺わせる。16ビートの刻みなんだけれど、KiKiの歌はさらに細かい32で刻んでいるような感じで、曲を自分なりに消化した上で、遊んで歌っていると感じさせる部分は素晴らしい。キーが高いことなどなんのその、楽しみつつも歌い上げている雰囲気が素晴らしい。
 聞いていて、自然とアゲアゲになるこのテイストはまさに彼女にぴったりで、インパクト十分の1曲。この曲だけでも、KiKiの凄さが十二分に分かる。
 ちなみに、原曲の「Let Go」はもう少し大人しいテイストで、ラテンビートを取り入れたR&B要素が強くなっている。ベースラインがゾクゾクと雰囲気を掻き立てていて、ホーンがまた味がある。どちらのバージョンも素晴らしいが、日本でのリードシングルをRock Soul Remixに持ってきたのは正解かもしれない。(Amerieの「1 Thing」と比較されているようだけれどそんなに似てるかな…?)
 インターナショナルリードシングル「You Don't Know」。
 大きな4ビートの刻みで、逆にこういう曲をR&Bで歌うのは難しいが、彼女は見事に歌いきっている。また、その中の3連符の刻み方も斬新で、不思議な雰囲気に仕上がっている。サビの前の盛り上げ方はさすがと言った感じで、この曲も聴き応えあり。これを日本人がやったら盆踊りのリズムになってしまうわけだが(笑)、さすがはゴスペルの血を引くKiKiである。
 アルバムとしても聞き応え抜群で、本当にセンスある1枚。スカスカなトラックだけにKiKiの歌声の魅力が際立つ「Closer」、ミディアムバラードで美しい仕上がりとなっている「Praise Offering」、「War (Old & Ugly Mix)」なんかは完全にゴスペルだし、しかもKiKiのビブラートが感涙モノの、クリスマスにはもってこいと言った感じの1曲。「Let Go (The Godson Concept)」も、シングルとは全く違ったテイストに仕上がっていて面白い。
 僕はまだアルバム未購入だが、直ぐにでも買いたい1枚。日本版には多数リミックス収録で、独自トラック・リスティングが施されている。輸入盤よりも断然お得といえるだろう。ただ、原曲が収録されずにリミックスバージョンだけが収録されている曲もあるので、些か悩みモノ。また、幾らインパクトがあるとは言え、リミックスをアルバム冒頭に2曲も持ってくるのは…うーん…。それに「Let Go」に至っては3パターンも収録されているわけだし。
 アルバムとして聞きたいなら輸入版、ひとまずお試しで購入してみるなら国内盤がいいかも。(ちなみに国内盤アルバムタイトルは「Let Go」)

 かなりマスターピースな1枚。
 一体この後KiKiがどれだけ大物に化けるのか、今から楽しみである。将来、必ずや大物アーティストに成長することだろう。その上で、恥じることない素晴らしいデビューアルバムに仕上がっている。
 「ゴスペルって、こんなにかっこよかったんだ」、とゴスペルとR&Bの新たな境地を伺わせる。

 Special Thx : Powalo (as Mih)


Kierra "KIKI" Sheard オフィシャルサイト

「Let Go (Rock Soul Remix)」を試聴する(WMP)。

「Let Go」を試聴する(WMP)。

「You Don't Know」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/150-3e76c455
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。