SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.18 Sun
 インディーズリリースのLil John & the East Side Boysの「cRunk Juice」。



 cRunkがUSHERの「Yeah!」、Ciaraの「Goodies」のヒットを受けて一般レベルまでに定着し、そのcRunkの提唱者にしてプロデューサーであるLil Johnも、今やラッパーにして大物プロデューサーとなりました。(cRunkって何、と言う人はCiaraの記事から)
 今振り返っても、昨年2004年は、「cRunkの年」と言っても過言ではなかったのでしょうか。
 そんな2004年の締めくくり的な感じで発売された、Lil John & the East Side Boysの「cRunk Juice」。
 タイトルからも分かるとおり、もちろんこのアルバムもcRunk一色。あの独特の緩いトラックに、キーボードなどのシンセ音がガンガン効いている。
 このアルバム、国内盤がビクターから発売されたとは言え(それも奇跡的だった)、日本だとあまりメジャーではないですよね。
 それもそのはず。このアルバムは、インディーズリリースなのです(だからAmazonでもHMVでも検索しても引っ掛からない)。
 これだけヒットを飛ばしているというのに、インディーズからアルバムをリリースしているLil Johnに好感。きっと、好きな音楽をとことんやりたかったのではないでしょうか。
 このアルバムはインディーズリリースにもかかわらず、セールスが200万枚を突破と言う快挙を達成。インディーズにしては珍しく、リイシュー盤も発売されるという異例の展開となりました。
 リイシュー盤では、原曲のスピードを過剰に遅くして加工する「スクリュー」と呼ばれる手法によって各曲をリミックスしていて、また面白い。
 このスクリューというのはDJスクリューというヒューストンのDJが産み出した手法で、サウスを中心に様々なアーティストがリミックス・シングルなどに用いている手法。でっかいアンテナを張り巡らせていそうなLil Johnの目に留まらないはずがありません。
 このアルバムは、2005年のビルボード年間Rapアルバムチャートで堂々の第4位。また、シングル「Lovers and Friends」に至っては、ビルボード年間Rapシングルチャートで、1位を獲得。Snoopでも50でもGameでもEminemでもなく、このシングルが今年最も売れたRapシングルなんですよね…。
 日本だとちょっと「穴場」的なこのアルバム、要チェックですよ!!

 シングル、「Lovers and Friends」。
 今年最大のRapヒットシングルのこの曲。曲が素晴らしいのも勿論だが、何故こうも売れたかって、「ゲスト」。……この曲はとにかくゲストが豪華。
 なんと、UsherとLudacrisである。
 まさかUsherがインディーズから曲を出す日が来るとは……と言う感じか(笑)。
 Lil Johnが2004年最大のヒットシングルUsherの「Yeah!」を手掛けたことから生まれた組み合わせだが、またUsherが素晴らしい歌唱力を披露している。この曲はおそらく、Usher以外の人物がサビを歌っていたら、大したヒットにはつながっていなかっただろう。Usherの歌声の魅力を引き出すような、絶妙な1曲。
 この曲はアルバムの中では「外し」トラックの位置付けになっていて、cRunkでは無い1曲。こうしたバラードが挿入されることで、アルバムにアクセントが付いている。
 メロウなバラードで、珍しくLil Johnが生ピアノとアコギを使っていて、哀愁漂うナンバー。ドラムもビートが利いているわけではなく、ムーディーに仕上がっている。
 1番とサビはUsherが担当しているので、「って言うかモロUsher」な感じがするが(笑)、まあそこはご愛嬌。正直、Lil Johnのラップはいらないんじゃないかとも思えるぐらい(笑)、Usherのアルバムに収録されていてもおかしくないような美しいトラック。ラスト近くのUsherのファルセットはお見事。
 しかし、いつも「Let Go」とか「Yaeh!」とかガツガツしたシャウトを入れつつのラップを披露するLil John(そしてLudacris)がしっとりとしたラップを披露しているのも聴きどころ。

 アルバムとしては、cRunkが好きな人にはたまらない作りかもしれない。そして国内版には、なんとボーナストラックとしてUsherの「Yeah!」が収録されているという豪華仕様……。cRunk初心者から上級者までが楽しめるつくりだ。
 また前述のUsherを筆頭にゲストも超豪華で、R.Kelly、Snoop Dog、Nate Dogg、Ying Yang Twins、Pharrell Williams、Nas、T.I.などなど、Hip-Hop好きには垂涎の1枚。
 是非是非ご試聴あれ。


Lil John オフィシャルサイト

「Lovers and Friends」を試聴する(WMP)。
  途中で音が途切れるみたいです。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/154-1ac4efa4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。