SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.23 Fri
 やっと紹介できる!! BUSHの「Letting the Cables Sleep」。



 Bushと言えば、ファーストアルバムがイギリスのバンドでありながらアメリカで600万枚を売ったバンド。そしてセカンドアルバムも全米初登場1位を記録。このシングルは、その次のアルバムにあたる、サードアルバム「The Science of Things」からのシングル。
 まあこのアルバムは泣かず飛ばずで、次の4thアルバムもヒットせず。それ以降、バンドは解散状態となり、「あ~もう終わっちゃったのかな」と思っていたら、先月に突然ライヴアルバムを発売していましたね(驚いた)。
 全盛期が90年代後半と言う感じなので、今じゃあもう覚えている人も少ないかと思うけれど、今なら、フロントマンのGavin Rossdaleは、モデルにしてあのGwen Stefaniのヒモ 旦那様、と言った方が通じるかも。Gwenは妊娠したようで、良かったですね。(Gavinには隠し子がしましたが)
 そのGavin Rossdaleが新たに結成したバンドInstituteにはGwenも参加していますよね。(なんか売れてないみたいだけど)
 解散したのかしてないのかよく分からないし(公式HPではまだ未発表の模様)、彼らが全盛期だったときにはまだ僕は小学生な訳で(苦笑)、よく分からないことも多いのですが、このシングル、「Letting the Cables Sleep」は傑作!!
 国内盤が発売されなかったアルバムの上に、ヒットしなかった作品とあって、ずっと前からこのアルバムを探していたのに、どのCDショップにも置いてなくて、かなり探し回りました。けれど先日ようやく、このシングルだけを運良く入手することに成功。本当に大感激でした…。
 と言うわけで、アルバムについては知らん(汗)。シングル単品でご紹介。

 シングル、「Letting the Cables Sleep」。
 もう、傑作。めちゃめちゃ素晴らしい。個人的に、好きなロック曲で5本の指に入る。
 イントロから、練習をしているようなさり気無いギターが良い。曲に入ると、そこにピアノが被さり、しっとりとした印象がある。
 もう何が素晴らしいって、このAメロ!! この曲はサビは駄目だ(笑)。とにかくAメロ!! 慥かにこのリフをサビに持ってこなかった気持ちは分かるけれど、サビにしてもよかったんじゃないかと言うような秀逸なコード進行にメロディーラインが天才的。
 専門的な話になるが、F♯/G♯/A♯/A♯という、一見単純そうだけれど、調を無視した浮遊感の漂うコード進行が凄い。このコード進行って、そうそう曲を作れない。(最後を「A♯m」にすれば話は簡単なのだが)
 そうして不思議な感じを孕みつつ、曲は進む。ノイズのようなギターが入るが、それが曲の歌詞を反映しているようで、どきどきとさせられる。
 不安定で、空中分解しそうなのに、それをうまく曲としてまとめ上げていることに、センスを感じる1曲。サビからヴァイオリンも挿入されて、さらに壮大な雰囲気を醸し出しつつ、曲は静かに盛り上っていく。けれど、波が打ち寄せては引いてゆくように、盛り上ったり静かになったりを繰り返しながら、曲は静かにフェードアウトしてゆく。
 最初から最後まで、魅力的なフレーズがつまった1曲。Aメロのメロディーラインが天才的に美しく、よく口ずさむ。またそのメロディーがヴォーカルのGavinの声と見事にマッチしているのだ…。
 いや、溜息が漏れそうな名曲だと思う。
 歌詞にしろ曲にしろ、テンションが高いのか低いのかよく分からない不思議な感じで(笑)、けれど夜明けとかに聞いてみたくなるテイスト。米ドラマ「ER」のシーズン6で使われていたときには、またそのシーンとこの曲が融合していて、感動しましたっけか…。
 さらっとも聴けるし、どっぷりとも聴けるし、アンニュイだけれどどこか温かみがあり、こういう曲とはもう二度と出会えないんじゃないかな、と思う。オルタナティヴな雰囲気があるけれど、直球な感じもするし。
 アルバムについてとかBUSHのほかの曲についてはちっとも知らないけれど、この1曲だけのためにアルバムを買っても損は無いんじゃないかと思える会心作。

 なんだ2000年代に入ってからBUSHの活動は日増しに地味になっているようですが、是非ともカムバックしてほしいですね。
 頑張れ!!

 ……ちなみに、Amazonで「Bush」で検索すると「Kate Bush」ばっかりが引っ掛かるし(苦笑)、Yahooで「Bush」で検索すると「ブッシュ大統領」ばかりが引っ掛かるので、情報を探すのが大変です(笑)。


BUSH オフィシャルサイト

「Letting the Cables Sleep」を試聴する(Real)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/159-744f6e45
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。