SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.25 Sun
Best of Best 2005
~皆で決めよう! 今年の1曲!~

結果発表!!


  1位 T-Pain / I'm Sprung  (11points)
  2位 Mariah Carey / We Belong Together  (10points)
  3位 Gwen Stefani / Hollaback Girl  (8points)
  4位 Kanye West feat. Jamie Foxx / Gold Digger  (7points)
  5位 Daddy Yankee / Gasolina  (7points)
  6位 Mario / Let Me Love You  (6points)
  7位 The Killers / Mr. Brightside (6points)
  8位 Ray J / One Wish  (6points)
  9位 Green Day / Boulevard of Broken Dreams  (5points)
  10位 Akon / Lonley  (4points)


 本当に沢山の投票、ありがとうございました。お陰で、ちゃんと企画として成立することが出来ました(笑)。有効票は、コメントでの16票、メールでの3票の、合計19票でした。投票してくださった皆さんに心から感謝!!
 結果をランク付けしてみましたが、同得票の楽曲については、僕の独断と偏見で順位を付けてあります。あしからず。

 1位はT-Pain。
 いや~、「SOULTRAIN」っぽい結果で良かったのではないでしょうか!! 僕自身が投票してから、「あ、T-Painに票を入れ忘れた」と焦りましたが(笑)、僕が票を入れなくても堂々の1位でした。
 今でこそ売れてきてそれなりにメジャになりつつある彼ですが、「SOULTRAIN」で最初の記事を書いたとき、ブログでT-Painのことを取り上げているのは、恐らく僅かに2つしかなかった(ニコラジさんとヒット曲が世界を変えるさん)。そんな、いち早くここで取り上げたアーティストが1位を取れて、嬉しいですね。
 2位は女王Mariah。今年の音楽シーンを語る上では、外せない存在ですね。「We Belong Together」は、今年の1曲と言っても良いぐらいなのではないでしょうか。華麗なるカムバックは、とてもカッコよかっです。
 3位はGwen。Pharrellの独特のセンスとGwenのパワフルさが融合して、中毒系のかなりヤバイトラックに仕上がっていたこの曲。これもメチャメチャ売れましたね~。
 4位はKanye。Kanyeプロデュース作品もJohn LegendCommonを筆頭に次々とヒットを飛ばし、そして勿論本人のアルバムも凄い仕上がりでした。これだけ沢山曲を書いているのに、作品のレベルが落ちないとは、本当に凄い。
 5位はDaddy Yankee。流行りました、レゲトン。フロアはレゲトンで熱かったですね!! 「Gasolina」は大きな2拍子のトラックで、中毒者続出!! レゲトンを語る上でも欠かせない曲だし、05年を語る上でも欠かせないですね。
 6位はMario。Chris Brownは集計日が年を跨いでとなってしまっているので、事実上、今年最も売れた男性アーティストのシングル。今年も沢山の10代シンガーが登場しましたが、甘い声と歌唱力はやっぱりMarioが一番!?
 7位はThe Killers。昨年イギリスで売れたラスベガス出身の彼らが逆輸入の形で大ヒット。1位を取った訳ではないけれど、じわーっと、ずっと10位ぐらいで粘っていました。痛快で聞き飽きないこの曲は僕も大好き。
 8位はRay J。本格的なヒットは来年になりそうですが、メールを中心に沢山票を集めてました。やっぱり、こういう切ない系のメロウなR&Bはたまらないですね…。「One Wish」もめちゃめちゃ素晴らしい曲です。
 9位はGreen Day。最早説明不要のロックバンドとなりました。この曲も今年を代表するロック曲ではないでしょうか。つい最近、宇多田ヒカルがこの曲をカバーしましたね。歌詞はカッコイイし曲もカッコイイし、文句無し!!
 10位はAkon。Kanyeを彷彿とさせるような早回しのサンプリングをしたこの曲は流行りましたね~。ツボに入っちゃう人も多かったのではないでしょうか。曲の後半、切々と歌うAkonが印象的でした。

 と、こんな感じに。
 まだまだランクインしなかった曲についても語りつくせない感がありますが、書き出すとキリが無いので、ここまでにします。
 意外なところでは、BEPがランクインせず(3points)。CiaraEminemもですね。結局僕が一番死票になっちゃったけれど(苦笑)、John Legendとかは、「アルバムとしてなら良いけれど…」っていうタイプなんだよね? …そうだよね?(笑) うん、そういうことにしよう(笑)。
 あと、投票してから出会ったLyfe Jenningsに票を入れたかった…。彼は曲が良いのもさながら、彼の目で社会全般や本質的なことを歌う視線は素晴らしいです。
 と言う事で、勝手に特別賞を送りたいと思います(笑)。

 皆さん、本当に沢山の投票ありがとうございました!!
 また折を見てこういう企画をやりたいので、その時はまた宜しく!!


「Best of Best 2005」投票ページ

▽ 1位 T-Pain 「I'm Sprung」を試聴する(WMP)。

▽ 2位 Mariah Carey 「We Belong Together」を試聴する(Real)。

▽ 3位 Gwen Stefani 「Hollaback Girl (live)」を試聴する(WMP)。
  貴重なライヴ映像です。バナナ食べてるぅ~(笑)。

▽ 特別賞 Lyfe Jennings 「Must Be Nice」を試聴する(WMP)。


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/161-5289761d
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。