SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.27 Tue
 2005年のR&R年間チャートが発表されました。

1位 Kelly Clarkson 「Since U Been Gone」
 Kelly Clarksonの「Sunce U Been Gone」が年間1位。
 Mariahの「We Belong Together」が1位だとばかり思っていたので、予想外の展開でした…。しかも、1位2位をKellyが独占とは……かなり驚きです。
 この大ヒットで、Kellyはアイドルを卒業できたのではないでしょうか。本当に今年はKellyの売れっぷりが凄まじかった…。
 特にこの曲は、「キレる女」(笑)の新たな代名詞となったのではないでしょうか。Alanisもびっくり?

2位 Kelly Clarkson 「Behind These Hazel Eyes」
 Kelly Clarkson1位2位独占。2位は「Behind These Hazel Eyes」。
 この曲、Mariahの「We Belong Together」に押されて一度もチャート1位を達成できなかったのですが、それでも年間チャート2位と言う快挙を達成。
 結局、彼女のアルバム「Breakaway」からはこの曲を除く3曲が現在までにチャート1位を達成していますが、この曲もそれらを凌ぐヒットをしたと言っても過言ではなかったのかも。
 アルバム「Breakaway」は発売後1年間に渡ってチャート20位以内に在位するという快挙も達成しました。これはKellyを含め、わずかに4人しか達成していない凄い記録です。

3位 Mariah Carey 「We Belong Together」
 女王、鮮やかなるカムバック。3位はMariah Careyの「We Belong Together」。
 今年の夏の代名詞と言ってもいいような、特大のヒットとなったこの曲。昨年の夏の代名詞のHOOBASTANKの「The Reason」も昨年の年間チャート3位だったし、「夏の代名詞の曲」は3位が限界なのか?(苦笑)
 ビルボードでは年間チャート1位を達成しましたが、惜しくもMariah首位ならず。僕自身、絶対にこの曲が1位だと思っていたので、正直予想外の結果です。
 「Mimi」からのリードシングル「It' Like That」を除くシングル3曲はどれも特大のヒットになっているし、今年はMariahの1年と言っても過言ではなかったでしょう。

4位 Ciara feat. Missy Elliott 「1,2 Step」
 cRunkの女王、Ciaraの「1, 2 Step」が4位にランクイン。
 昨年、「Goodies」で鮮烈デビューを飾り、続くセカンドシングルの「1, 2 Step」も大ヒット。チャート的には1週しか1位を取れませんでしたが、粘り強く放送回数を延ばしました。
 デビューシングルから3曲続けてヒットを飛ばし、Ciaraはついていますね~。
 
5位 Green Day 「Boulevard of Broken Dreams」
 ロックの巻き返しが凄い。5位はGreen Dayの「Boulevard of Broken Dreams」。
 トップ100圏内に3曲も送り込んだGreen Dayですが、中でもこの曲は飛びぬけてヒットを飛ばしましたね。歌詞も曲も抜群にかっこよく、彼らの成熟ぶりが伺える傑作ではないでしょうか。

6位 Mario 「Let Me Love You」
 彼の甘い声にはまった人も多いはず。Marioの「Let Me Love You」。
 デビューアルバムは然程売れませんでしたが、セカンドアルバムからのこのリードシングルでようやく大ヒットとなりましたね。「Lil Usher」と呼ばれていたMarioですが、これからは他でもない「Mario」として、ますますの活躍に期待。

7位 3 Doors Down 「Let Me Go」
 昨年は「Here without You」が大ヒットの3 Doors Downが7位。
 正直、こんな上位に食い込むと思っていませんでした。多分、トップ3にもランクインしてないはず(っていうか、記憶が無いぐらいだもん(笑))。
 日本ではあまり人気が無いですが、アメリカンロックバンドとしては相当の人気ですね。

8位 Gwen Stefani 「Hollaback Girl」
 Pharrellと組んで大正解(?)のGwen姐さんが8位にランクイン。
 もっと上位に来るかと思いきや、8位止まりと少々意外。こういう曲って、瞬発力はいいんだけれど、逆にすぐ放送されなくなっちゃうのが原因なのかな。
 Gwenも今年を代表するアーティストとなりましたね~。

9位 Gavin GeGraw 「I Don't Want to Be」
 僕の大好きなGavinが9位!! もう嬉しい限り!!
 「Best of Best」では僕しか票を入れていませんでしたが(苦笑)、彼はめちゃめちゃ素晴らしいと思いませんか!? 1週間しか1位を獲得できませんでしたが、なかなかランクダウンせずに粘り強くヒットしました。
 昨年の年間チャートにもランクインしていて、年を跨いでのヒットとなってしまったので、もう少し時期がずれていたらもっと上位も狙えただけに残念。
 とにかくこの曲は名曲だ!!

10位 Pussycat Dolls feat. Busta Rhymes 「Don't Cha」
 PCDのデビュー曲が堂々の10位にランクイン。
 この曲よりも「Stickwitu」の方が売れている気がしますが(笑)、10位なんですね~…(意外)。チャートの集計期間の関係でしょうか。


 年間チャート、意外な感じとなりましたね。けどGavinクンが予想以上に売れていたので、個人的には大満足です(笑)。トップ100中、3 Doors DownとGameとBSBとClick FiveとJ-Lo以外は全部音源を持っている自分に驚き(笑)。
 残念だったのは、年を挟んでのヒットとなってしまったUsher & Alicia Keysの「My Boo」、Switchfootの「Dare You to Move」、Seether feat. Amy Leeの「Broken」ですかね~。あと、結構順位が冴えていないThe KillersGorllazなんかも残念。
 意外だったのが、BEPの「Let's Get It Started」が74位にランクインしていたこと(笑)。この曲、そんな最近だったっけ?(苦笑) 昨年の年間チャートでも28位にランクインしつつのこの順位は凄い。Lenny Kravitzも立派ですよね…。

 と、今年はKelly Clarksonの独占となりました(苦笑)。 

 みなさんの感想も、是非是非お聞かせくださいね♪


2005 Year-End Music Chart (1位~50位)

2005 Year-End Music Chart (51位~100位)

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/164-5fa488bb
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。