SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.04 Sun
 YELLOWCARDのデビューアルバム、「Ocean Avenue」。



 ロックバンドにこんなに興奮したのは初めてだった。
 そりゃ、Linkin Parkの突然のデビューアルバムの大ヒット、それに追随するEvanescence、5年ぶりのニューアルバムで大健闘のGreen Dayと、まだまだロックも廃れていないと感じる最近の音楽シーンだが、こいつらは特別である。
 何が凄いって、
 バンドのオリジナルメンバに「バイオリニスト」がいるのだ。
 最初、音を聞く前の「バイオリニストのいるバンドがある」という情報を耳にしたのだが、その時は正直馬鹿にしていた。ロックバンドにバイオリニストなんて聞いたことがないし、そもそもそんなバンドがあったとして、きっとバラードのオンパレードだろう、ぐらいに思っていた。

 けれどそんなYCのセカンドシングル、「Ocean Avenue」を聴いて、「本物」だと思った。
 バイオリンが曲に温かみを与えているとはいえ、あくまでロックを貫き通し、とにかくカッコイイのだ。曲も文句なしに良いし、疾走感溢れるメロディーは胸のド真ん中に刺さった。
 即アルバムを購入したが、さらに驚いたことに、バラードが1曲もなかった。最初から最後まで徹頭徹尾、自分たちの作りたい痛快な「ロック」だけで纏められたアルバム。傑作である。

 珍しい形態であるから売れたわけではないだろう。
 実力があってこその、大ヒットである。ドラムも驚く程リズム感がいいし、ヴォーカルのライヴ映像も迫力だ。ギターも心地良い。
 分かりやすいシンプルなメロディーに激しいギターが重なり、けれどバイオリンがその調和を崩さないように神憑り的な奇跡のバランス良いハーモニィを奏でている。
 こいつらはヤバイ、って心底思った。
 ニューアルバムもかなり楽しみである。


YELLOWCARD オフィシャルサイト

「Ocean Avenue」を試聴する(WMP)。

「Only One」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/17-6f647de8
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。