SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.10 Tue
 60年代後半からギタリストとして比類無き成功を収めているSantanaのニューアルバム、「All that I Am」。



 ……別に前日の記事でJuelz Santanaを紹介したからじゃないのよ?(笑)
 Carlos Santanaと言えば本当に稀有な才能を兼ね備えたギタリストで、ソロ名義の作品を含め、60年代から精力的に活動を続けているスパンの長いアーティスト。
 これだけキャリアが長いと、飽きられたり、新たなファン獲得が難しくなったりすると思うけれど、Santanaは実にグラミー9部門制覇(史上最多)をした、奇跡のアルバムとさえ呼ばれた99年の「Supernatural」から、新たなアーティストとのコラボもにも取り組み、新しい世代の音楽を取り入れつつも、Santana自身の持つ素晴らしいセンスと融合させて成功を収めています。
 この作品は、そのコラボレーションシリーズの第3弾。第2弾の「Sharman」は、全世界で3000万枚と言う破格のヒットとなりましたが、今回は3部作完結形とも言える、充実した、また素晴らしいアルバムで、古くからSantanaを知る世代の人から、今時の音楽が好きな人まで幅広く聞くことの出来る親しみやすいアルバムに。
 今回の参加アーティストには、The Black Eyed Peasのwill.i.am.や、Mary J、OutkastのBig Boi、AerosmithのSteven Tyler、Saen Paul、Joss Stone、Los Lonely Boys、Anthony Hamiltonなどなど……。
 ここのブログを見ている人は、最近のR&BやHip-Hop好きの人が多いと思いますが、このアーティストなら聞いてみようという気になるのでは?

 シングル「Just Feel Better」。
 ……これがまた良いんだ。
 Santanaの曲は、ブルーズとロックとラテン音楽の要素を兼ね備えていますが、この曲はロック寄り。
 ロックの曲って、キャッチーなものを作ろうとするとポップなものに成り下がってしまうし、メロディーを重視しつつもロックとして聴かせるのって意外と難しいと思いますが、この曲はそれを見事に成功させています。
 メロディーラインがとても美しくて、またそこに乗っかるSteven Tylerがメチャメチャかっこいい。辛口なことを言わせてもらうと、Santanaがって言うより、Steven Tylerが良い(笑)。
 渋い曲ではあるんだけれど、口ずさみやすいしっかりとしたメロディーラインと、Santanaのギターの駆け引きが絶妙です。特にサビ直前の「I'm gonna try anything to just feel better~♪」のフレーズは天才的でしょう!!(そしてドラムのフィルインも良い!!) このたった1小節だけでも、相当に「聞かせ」ます。引き込まれてしまう物凄く悩殺のフレーズで、Steven Tylerが見事に歌い上げていますね。
 泣かせるSantanaのギターも冴えていて、遊び心溢れるフレーズが心をくすぐります。もう、彼のギターの上手さについては説明不要ですが、やっぱり間奏などを聞くと、感嘆してしまいます。……それにしても、これだけのギターに負けずに歌えるSteven Tylerは凄い(笑)。
 アルバムとしても多彩な側面を見せて、楽しめるアルバムになっています。
 Mary JとBig Boi参加でブラック寄りの「My Man」なんか、とっても斬新。Mary Jの声って太いから、こういうギターに乗せても冴えていますね。前作に引き続き参加のMichelle Branch参加の「I'm Feeling You」も、彼女の声が曲をとても明るく聞きやすいものに仕上げていて秀逸。
 will.i.am参加の「I Am Somebody」はラテンな感じで、元々BEPが異国テイストを含有する曲を書くだけあって、面白い感じに。フロアで掛かっていてもおかしくない感じの、ノリの良い曲。Sean PaulとJoss Stoneというありえない組み合わせ(笑)の「Cry Baby Cry」もラテンテイスト炸裂で、面白い。Anthony Hamiltonもまた彼の声が素晴らしいし、Los Lonely Boysは元々彼らもラテン音楽をやっているだけあって、自然と融合。アーティストをフューチャーしていない「El Fugeo」も聴かせています。
 ヴォーカルがしょっちゅう変わるので、誰のアルバムを聞いているのか分からない感じがするけれど(笑)、それぞれの曲の完成度はどれも非常に高いです。
 ただ、やっぱりコラボも3作目となると、Santanaファンには些か飽きがくるかもですね……。そこらへんが、このアルバムの評価を二分しているのかも。Santanaファンには不評だけれど、このアルバムで彼を知った人にとって見たら傑作って思えるんじゃないのかな…。

 R&B、Hip-Hop好きから、ロック好き、ラテン好きまで幅広く聞けるアルバム。
 大御所のアルバムって、ちょっと手に取りづらいけれど、驚く程すんなりと入れる、彼を知らない人にもオススメの1枚♪
 ギターを勉強中の人なんか、是非堪能してみて。


Santana オフィシャルサイト

「Just Feel Better」を試聴する(WMP)。

「My Man feat. Mary J. Blige & Big Boi」を試聴する(MP3)。

「I Am Somebody feat. will.i.am.」を試聴する(MP3)。

「Cry Baby Cry feat. Sean Paul & Joss Stone」を試聴する(MP3)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/178-97a70218
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。