SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.19 Thu
 
R&R [CHR / Pop National Airplay]


 R&Rとは、ビルボードチャートのようにシングル売り上げに左右されず(しかもビルボードシングルチャートはダウンロードが加味されていない!)、純粋にラジオのオンエア回数で今一番アメリカのラジオで掛かる曲(=一番売れている曲)を現したチャートです。
 つまり、このチャートこそ、本当に「今、売れている曲」が分かるチャートで間違いない!



  今週 (先週)
  01位 (02位) ↑○ Pussycat Dolls / Stickwitu  (9194)
  02位 (01位) ↓  Chris Brown feat. Juelz Santana / Run It  (8966)
  03位 (03位) →  Mariah Carey / Don't Forget About Us  (7794)
  04位 (06位) ↑○ Beyonce' feat. Slim Thug / Check On It  (7753)
  05位 (04位) ↓  Kelly Clarkson / Because of You  (7339)
  06位 (05位) ↓  Nickelback / Photograph  (6527)
  07位 (07位) →○ All-American Rejects / Dirty Little Secret  (6270)
  08位 (09位) ↑  Rihanna / If It's Lovin' That You Want  (4739)
  09位 (15位) ↑○ Ne-Yo / So Sick  (4674)
  10位 (08位) ↓  Kanye West / Gold Digger  (4568)

 ついにPCDが首位獲得。彼女達最大のヒット曲となっています。既に48位にはBEPのwill.i.am.をプロデューサに招いたサードシングル「Beep」もランクインしていて、勢いを見せ付けています。
 首位転落して、2位がChris Brown。セカンドシングル「Yo (Excuse Me Miss)」も好調。さすがに6週連続首位とはなりませんでした。しかし、デビュー曲としては破格のヒットでしたね。何箇所にも書いていますが、彼のShowcase Liveのレポートはこちらから。
 3位はMariah。ビルボードでは1位を獲得した曲ですが、R&Rチャートでは放送回数も減って、厳しい情勢。ソロでの強さを改めて見せ付けている4位のBeyonceとも僅差でした。
 5位から7位までは変動なし。ただ、AARが結構放送回数を伸ばしていて好調。8位のRihannaも順位自体は上昇していますが、放送回数は減ってしまいました。
 そしてなんと言っても特筆すべきは9位のNe-Yo。ここでも早くから「ゴリ押し」してきた彼ですが、先週も書いたとおり、まさしく人気「大爆発」。今週、最も放送回数が増えて曲でもあります。チャート上位での6ランクアップは、破格の数字です。意外と上位がスカスカなので、来月あたり首位も狙える好位置。
 そんなNe-Yo情報ですが、先日も「本日の一言」で書いたように、Ghostfaceのニューアルバムのリードシングル「Like That」で客演をしています(Def Jam繋がりの上にアルバム発売日まで同じ)。記事にした「Be Easy」はプロモシングルで、正規シングルはこの曲だとのこと。これまた、サビではNe-Yo独特のメロディーを伺わせるたまらないトラックです。
 そして10位はKanyeでした。

 10位以下の注目曲。
 「Sugar, We're Goin Down」に続いて俄然好調な11位のFall Out Boyのアルバムからのセカンドシングル「Dance, Dance」、5ランクアップで13位のNatasha Bedingfieldの「Unwritten」、連日NYラジオ局でヘビロテと噂の17位のJuelz Santanaの「There It Go (The Whistle Song)」、個人的にお気に入りトラックである19位のRay Jの「One Wish」などなど。
 そして21位~26位が激しく混戦で、Nelly「Grillz」、BEP「Pum It」、Trina feat. Kelly Rowland「Here We Go」、Kelly Clarkson「Walk Away」、Relient K「Who I Am Hates Who I've Been」、Three 6 Mafia「Stay Fly」と全て赤丸付き。TrinaとThree 6 Mafiaに至っては、周りの曲の放送回数の伸びが大きいために、赤丸が付いているのに順位は下がってしまうという現象も。
 中でも、NellyとBEPが強い。Kelly Clarksonはさすがにいい加減にせぃって感じですかね(笑)。しかし、これまた相当強いです。28位のGorillazが、ランクダウンしたのに再び赤丸が付くという復活(と言うか底意地?)を見せています。
 また、30位台も10曲中9曲が赤丸付きで、かなり混戦。Eminem新曲とJames Bluntが、中でも躍進しています。アメリカでも受け入れられているようで一安心。
 さらに下位では、Gwenの6thシングルなんかもランクイン。(シングル出しすぎだと思うのですが…(苦笑))。
 現在、上位の勢いが衰えていて、中盤のチャートが加熱しています。新しい1年を迎え、チャートも2月にかけて一新という感じでしょうか。

 一方のR&Bチャート。
 1位はNellyの「Grillz」、2位はNe-Yoの「So Sick」、3位はMariah Careyの「Don't Forget About Us」、4位はChris Brown feat. Juelz Santanaの「Run It」、5位はJuelz Santanaの「There It Go (The Whistle Song)」でした。
 Nelly強し。しかしここでもNe-Yoが爆発しています。それを追随するMary JとBeyonceの勢いも凄いです。

 アルバム発売5週間前にしてNe-Yoのセカンドシングル「So Sick」が大ブレイク。
 総合チャートで首位を狙えるほどの彼の勢いに、今後も大注目です。


The Pussycat Dolls 「Stickwitu」を試聴する(WMP)。

Chris Brown feat. Juelz Santana 「Run It」を視聴する(WMP)。

Mariah Carey 「Don't Forget About Us」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/187-d43452f4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。