SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.22 Sun
 ロック・パンクファン待望の1枚が完成!! Yellowcardの「Lights and Sounds」。



 YCが、メジャーデビュー作の「Ocean Avenue」よりもさらに音を濃厚に、重圧にして帰ってきてくれました!!
 「Ocean」では、「バイオリニストの居るパンクロックバンド」と言う衝撃が駆け巡り、全世界で200万枚のセールスを記録。最近のロック市場を顧みても、破格のセールスであること間違いありません。
 彼らがここまでヒットを遂げられたのは、ひとえにその「サウンド」でしょう。
 とにかく、このバンドのスキルの高いこと…。ギターサウンドはついつい爆音で聴きたくなる重圧感だし、それに乗っかるメロディーの分かりやすさ。そしてベースとドラムのリズム隊が素晴らしい。特に、ドラマーのLPの技術の高さには、どれだけ売れているバンドのドラマーでも感服せざるを得ないでしょう。切れ味の良さが光ります。
 初回限定盤についたDVDの中で、「Ryan(ヴォーカル&ギター)の中にはリズムがある」と語っていましたが、まさしくその通りで、このバンドはリズム感がとても良い。これだけキレのある演奏を出来るのも、メンバー各々が天性のリズム感を持っているからだと思う…。「Words, Habds, Hearts」の最初の10秒を聴いただけでも、それが分かると思います。
 今回も、そのリズムを生かし、痛快に駆け抜けるような楽曲がズラリ。
 そして前作よりもギターサウンドが重々しくなっている辺りが、ファンには嬉しいのではないでしょうか。
 また、オーケストラを使ったり(!!)、女性ヴォーカルを取り入れたりと、編曲にもこだわりが伺えます。着実にレベルアップしているのが分かる、「間違いない」1枚。
 勿論、彼らの持ち味であるシンプルで聞かせるメロディーラインと言うのも健在で、「あんまり煩い曲は…」という人でもも親しめるテイストに。
 早くも「名盤入り」と言っても過言ではないアルバムです!!

 リードシングルの「Lights and Sounds」については、試聴してすぐの速報の記事で書いているので、アルバム全体について。
 イントロから静かに幕開けるこのアルバム。1分半の短い曲ですが、ここら辺にも、ロックバンドでありながらメロディー重視の路線が伺えるのではないでしょうか。
 そしてそこから一気に「Lights and Sounds」に。改めてアルバムの中の曲として聴いてみても良い曲ですね、これは…。今のYCのサウンドを顕著に表現していて、たまらないです。この時速200キロでぶっ飛ばすような疾走感がヤバイです。ボーナスDVDでこのPVの撮影の模様を見ましたが、よくこんなハードな曲を2日間も演奏していられるな、と…(笑)。
 静かめのイントロから濃厚なサビへと盛り上がりを見せる「Down on My Head」、また初っ端から重々しいギターがたまらない「Sure Thinf Falling」、ここら辺にもリズム感の良さを伺わせるヴァイオリンの綺麗な3連符トラックの「City of Devils」へと曲は続いていきます。(「Ocean」の「Empty Apartment」にしろ、ハードなロックでよく3連符の曲を書けると思う…)
 そして「Rough Landing, Holly」。これはまた、凄いですね。物凄いハードなんだけれど、ヴァイオリンが自然なぐらい融合しています(DVDのメイキングでも、かなりサウンドに拘っていたようですが)。このハイテンポは、YCじゃないと出来ない1曲ですね。…もう、聴きながら悶絶(笑)。
 イントロからいささかアンニュイな感じの「Two Weeks From Twenty」など、彼らが「ただ爆音でいきゃいい」という考えではないことを伺わせる秀逸トラック。なんとなく田舎っぽい、ロードムーヴィーのようなテイストのこの曲、個人的にかなり好きですね。
 そして続いて「Waiting Game」は、「お、バラード?」と思わせておいて、それをギターが打ち砕く怒涛の展開。とてもドラムチックで、イントロがヤバイです。このバンドの武器であり特徴でもあるヴァイオリンが一番上手い形で活きている曲ではないでしょうか。そして中盤のロールしながらドラムを叩くテクニックは、本当に凄い…。
 そして、キレの良い「Martin Sheen Or JFK」、ギターのリフが美しい「Space Travel」、途中のヴァイオリンには目頭が熱くなりそうな「Grey」、ドラムがまた素晴らしく上手い「Words, Habds, Hearts」を経て、アルバムはフィナーレへ。
 「How I Go」はイントロからピアノの美しいメロディーが、いつもと違う感じをうかがわせていて、後半ではNatalie Mainesの美しい歌声が乗っかります。Ryanと絶妙の駆け引きをしていて、これには鳥肌が立ちますね……。この1曲だけでも、アルバムを買う価値があるのではないでしょうか。後半、ティンパニとかが入って、本当に凄い…。
 そしてラストの「Holly Wood Died」がまた、テンポの速い疾走感溢れるトラック。ラストにこれだけハードな曲を持ってきたあたり、彼らのアルバムに対する姿勢が伺えます。間奏のギターがまた凄いこと……。

 文句なしの、痛快な1枚です。「Ocean Avenue」もかなり好きですが、このアルバムもかなりヤバイですね……。
 ただ、結構サウンドが変貌しているので、前作が好きだった人には駄目な人もいるかもしれないけれど…。(個人的なことを書くと、好きなアルバムには変わりないんだけれど、僕もちょっと「あれ?」って(笑))
 さらなるYCの躍進に、期待大です!!
 ちなみに来日公演が3月にあるそうで、それも楽しみ。

[余談]
 これ、セキュアCDだったのが玉に瑕なのですが、簡単にガードを外せてよかった(笑)。CCCDはいっぱいあるけど、セキュアCDを買うのは初めてで。
 まあ、東芝のコピーコントロールは元々簡単に外せたし、これもあんまりちゃんとしたのじゃないのかも。…とは言え、ウザイですが。


Yellowcard / Ocean Avenue

Yellowcard オフィシャルサイト

「Lights and Sounds」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/190-2c84169e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。