SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.07 Tue
 レーベル無所属にして大ヒット。ライヴと口コミだけで成功を収めているClap Your Hands Say Yeahの「Clap Your Hands Say Yeah」。



 ニューヨークのブルックリンから彗星のごとく現れた5人組のロック・バンド、Clap Your Hands Say Yeah。2005年の6月に、レーベル契約なし&ディストリビューション契約なしという完全インディペンデントで制作されたこのファーストアルバム「Clap Your Hands Say Yeah」をリリース。これがまたたくまに全米で話題になり、恐らく、今インディーズで一番熱いバンドなのでは。
 Alec、Sean、Tyler、Lee、RobbieからなるこのClap Your Hands Say Yeahはバンド結成から、まだ2年も経っていないというから驚き。2年と言う歳月は、バンドとしての個性であるサウンドを熟成させるには些か身近すぎる期間に思うが、元々友人であったAlec、Tyler、Lee、にSeanとRobbieが加わったそうで、旧知の仲で相性がいいのかな?
 そしてこの一風変わったバンド名はバンドの練習の帰り道に見つけた『落書き』だそうで、「壁にこの言葉がペンキで大きく書かれてたんだ。NYではこういう楽観的な言葉をあまり目にすることがなくて、なおさら注意を引いたんだ。丁度俺たちにはバンド名が必要だったし、『ちょっと軽すぎるかな?』とも思ったんだけど、俺たちの歌にも、そういう楽観主義と悲劇が共存するということに気付いてこれに決めたんだ」とバンドの中心人物であるAlecが語っている。
 前述の通り、CYHSYは、レーベル無所属である。それが口コミだけで話題を呼び、最初はたった2千枚のプレス数だったのが、ミュージックサイトのピッチフォークでアルバムを大絶賛されたためにバンドの評判は高まり、セカンド・プレスは5千枚、サード・プレスは1万枚とアルバムの売り上げは伸びていった。現在の所の全米売り上げ枚数は分からないが、昨年9月の時点で4万枚を越えて、ビルボードのインディ・アルバム・チャートにランクイン。ライヴにはデヴィッド・ボウイが視察をしにくるほど。
 最近、こうしたインターネット輩出とも言えるバンドが成功しているが、まさしくCYHSYもそんな感じ。
 かなりの熱狂振りで、もし次にメジャーアルバムを発売することになったらそれこそ本当に大きな話題を呼ぶこと間違いないであろう注目株です。

 リードシングル「In This Home on Ice」。
 ちょっと浮遊感があるけれど疾走感溢るる冒頭から期待感の持てる仕上がり。
 個人的にはThe Killersの「Mr. Brightside」みたいな曲だと思うんだけれど、煩すぎないけれどがんがん鳴っているギターが心地よい。ドラムの刻みもしっかりしているのに、グルーヴ感とでも言うか、とても横の流れが綺麗。上品な「がちゃがちゃした感じ」で、とても良いテイストの曲だ。
 ……が。どうしてもこれは問題だと思う。
 なにがって、ヴォーカルである。
 ちょっと下手過ぎませんか(苦笑)。インディーズリリースだからレコーディングにお金を掛けられなかったのか、このヴォーカルは酷い。音も微妙に外れているのでは、と思う部分も多々あるし、何より迫力に欠ける。
 ネットで話題になり、口コミでメディアが加熱→大ヒットと言う図式はまさしくArctic Monkeysと同じなのだが、彼らは演奏技術が未熟だと感じさせられたのとは反対に、CYHSYは歌が駄目だ。
 こういうテイストの曲って大好きだけに、「ヴォーカルさえ良ければ…」と無性に哀しくなってしまう…。
 他にも「Over and Over Again」はキーボードのメロディーが可愛らしく、「In This~」に比べて低音な分ヴォーカルも安定しているのだが、それでもやはり「声が…」と個人的には思ってしまう。メンバーには3人のギタリストが居るが、そのうち2人がキーボードも担当しているという幅の広い音を体現できるバンドであるだけに、これは痛い。シンプルで小品ではあるけれど、「Over and Over Again」も悪くはない曲だけに、残念。

 ライヴをつんで、もっとヴォーカルの技術が向上してくれることを願うばかり…。
 些か彼らもメディアが先行しすぎている感は否めませんが、けれど演奏技術はばっちり。曲も良いテイストが多い。もっとバンドとして成熟すれば、メジャーでもヒットを狙えそうです。
 「この声でもイケる」というロック好きの人は是非聞いてみてください(ただ、あんまりそう言う人っていないと思うんだけれど…(苦笑))


Clap Your Hands Say Yeah オフィシャルサイト

▽ Audio 「In This Home on Ice」を試聴する(MP3)。

▽ Audio 「Is This Love?」を試聴する(MP3)。

▽ Audio 「In This Home on Ice」、「Over and Over Again」を試聴する(Myspace)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/207-10d63345
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。