SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.08 Wed
 
R&R [CHR / Pop National Airplay]


 R&R (Radio and Records)とは、一週間に全米の全ラジオ曲で掛かった放送回数をもとにランキングを製作したチャート。専門局が作られて細分化され、ラジオが世界で最も浸透したアメリカならではの業界向け専門誌。純粋にラジオのオンエア回数で今一番アメリカのラジオで掛かる曲(=一番売れている曲)を現したチャートです。
 つまり、このチャートこそ、本当に「今、売れている曲」が分かるチャートで間違いない!



  今週 (先週)
  01位 (01位) →○ Beyonce' feat. Slim Thug / Check On It  (9217)
  02位 (02位) →  Pussycat Dolls / Stickwitu  (7974)
  03位 (03位) →○ Chris Brown feat. Juelz Santana / Run It  (7515)
  04位 (04位) →○ Ne-Yo / So Sick  (7377)
  05位 (06位) ↑○ All-American Rejects / Dirty Little Secret  (6526)
  06位 (05位) ↓  Kelly Clarkson / Because of You  (6029)
  07位 (07位) →○ Fall Out Boy / Dance, Dance  (5823)
  08位 (10位) ↑○ Nelly / Grillz  (5411)
  09位 (11位) ↑○ Natasha Bedingfield / Unwritten  (4771)
  10位 (08位) ↓  Nickelback / Photograph  (4640)

 Beyonceが2週連続首位。
 久々にBeyonceが爆発しています。今考えると、やっぱりデスチャはパッとしてなかったんですね(苦笑)。「Crazy in Love」以来の特大ヒットとなるのでしょうか。陰に隠れがちですが、プロデューサーであるSwizzが最近良い仕事をしていますね~。最近Swizzのヒット曲が多い。
 2位はPCD。3位はChris。一体何が起こったのか、Chrisには再び赤丸が付いています(笑)。…最近、ピークを迎えた曲が再び盛り返すことが多々あるのですが、何故なんでしょうね。新曲の「Yo」も好調で、相乗効果?
 4位は「ゴリ押し」Ne-Yo。順位は上がりませんでしたが、今週も、もっとも放送回数が増えた曲です。本当にかなり注目されているようですね。さあ、アルバム発売前までに1位を取れるでしょうか。…放送回数を見ている限りでは、来週は2位を取れそうなのですが。行ってから一週間経っても未だに興奮冷めやらぬNe-YoのShowcase Liveのレポートはこちらから。
 5位はAAR。最近のロック勢の中では、結構勢いがあります。この調子でいけるかな?
 6位は粘り強いKelly Clarkson。グラミーでも悲願の受賞となり、まだ粘りそうです。新曲「Walk Away」もハンパなく好調です。
 そして「Sugar~」からコンスタントにヒットを飛ばしているFOBの「Dance Dance」が7位。リードシングルしかヒットしない傾向にあるロックに於いて、アルバムとして認められているのでしょうか、好調です。
 8位は「Over and Over」以来久々にトップ10入りを果たしたNelly。なんかD4Lのもろパクリという路線ですが、曲中にデスチャの「Soldier」を使ったり、大胆なギミックが成功しているのかな。9位は全米でも火がついた感のあるNatasha Bedingfieldの「Unwritten」、10位はこれまた粘り強いニッケルでした。

 10位以下の注目曲。今週は全体的に赤丸付きの曲が多いです。
 11位のKelly Clarksonの「Walk Away」(16→11)。来週あたり、グラミー効果でさらに順位を伸ばしそうです。12位のBEPの「Pump It」(15→12)。かなりネタ物といった曲ですが、BEPらしいサウンドだし受け入れられている模様。14位のJuelz Santanaの「There It Go (The Whistle Song)」(12→14)。順位は落ちてしまいましたが、赤丸は取れていません。15位のRay Jの「One Wish」(17→15)。粘り強く放送回数を伸ばしていますが、ここら辺が踏ん張りどころ。16位のFOBの「Sugar, We're Goin' Down」(14→16)。再び赤丸が付いたこの曲。逃したとは言え、グラミー新人賞にノミネートされた効果かな? 17位のEminem feat. Nate Doggの「Shake That」(19→17)。シングルヒットに縁が薄いEminemですが、好調です。
 そして20位台が、こんなチャート初めて見たというぐらいに混戦。全楽曲に赤丸が付いているという異常事態です(笑)。
 その中でも特に大きくランクアップしているのは、22位のGwen Stefaniの6thシングル、「Crash」(28→22)。脅威の10ランクアップを遂げた23位のMary J. Bligeの「Be Without You」(33→23)。トップ20が見えてきた25位のJames Bluntの「You're Beautiful」(29→25)。チャート的には「I'm Sprung」よりも勢いのある感じの28位のT-Pain feat. Mike Jonesの「I'm N Luv (Wit A Stripper)」(38→28)。物凄いランクアップで大爆発と言った感じの29位のRihannaの「SOS」(45→29)、などなど。Rihannaの新曲が特に凄いのですが、ニューアルバムからのリードシングルでまだ未発売なので、聞きたいリスナーが多いのかも。
 以下もPCDの「Beep」、Chrisの「Yo」、Jamieの「Unpredictable」などが好調。
 全英チャートだとシングルチャート&ダウンロードチャートで同時1位を達成したBeggieの「Nasty Girl」ですが、こちらではちょっと不調。48→47と、1ランクしかアップしていません。
 また、アメリカのゴシックに詳しい人にはたまらなくPVが面白い(笑)Pinkの新曲「Stupid Girls」が49位初登場。

 一方のR&Bチャート。
  1位はNellyの「Grillz」、2位はBeyonce feat. Slim Thugの「Check On It」、3位はNe-Yoの「So Sick」、4位はMary J. Bligeの「Be Without You」、5位はJamie Foxx feat. Ludacrisの「Unpredictable」でした。
 Ne-YoがBeyonceに抜かれてしまいましたが、赤丸は取れていません。
 先週5ランクアップした6位のT-Painが今週も6位で虎視眈々とトップ5入りを狙っています。また7位にChris Brownの「Yo」が飛び込んできました(10→7)。この曲の方がChrisの歌唱力が活きているので、1発屋とはならなさそうですね。

 毎週毎週書いていますが、Ne-Yoがやっぱり凄いです。
 去年はグラミー効果でJohn Mayerが驚異的な伸びを見せたし、今年もグラミー効果が現れるだろう来週のチャートは注目です。


Last Week Music Chart (06/02/03)

Beyonce' feat. Slim Thug 「Check On It」を試聴する(WMP)。

The Pussycat Dolls 「Stickwitu」を試聴する(WMP)。

Chris Brown feat. Juelz Santana 「Run It」を視聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/208-62bb65e4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。