SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.09 Thu
 第48回グラミー賞の主要部門の結果を速報でお届け。

主要4部門

Album of the Year
"How to Dismantle an Atomic Bomb" U2
 さすがはお堅いグラミー賞。
 大方の予想を裏切ってU2がAlbum of the Yearを受賞。(このアルバム、持っていますがここでも紹介しなかった通り、全然聞かなかったのですが(笑))
 そしてさらに、U2が主要2部門を制覇するというありえない展開には、やはりグラミー賞は保守的と言うか、まあこんなもんか、と例年落胆させられるのと同じ結果ですね。

Record of the Year
"Boulevard of Broken Dreams" Green Day
 昨年の雪辱を果たし、Green DayがRecord of the Year獲得。
 政治的メッセージが強いだけに、お堅いグラミー賞では昨年嫌われに嫌われたGreen Dayでしたが、今年は無事獲得。これは「獲らせてあげた」だけでも凄いのか、「去年あれだけノミネートされていたのに今更」と思うのか、そこら辺がグラミーのお堅い軍団と一般人の違いでしょう(笑)。
 しかし、これだけ凄いアルバムだったただけに、ようやく妥当に評価されて、少しはグラミーのおカタさも緩くなったのかな。

Song of the Year
"Sometimes You Can't Make It on Your Own" U2
 またしてもU2。慥かに、上にはウケそうな父親に捧げられた曲ですが、やはりこれはどうなんだろう…。いくら嫌われているとは言え、Mariahに獲らせてあげても良かったと思うんだけれどなぁ。
 こういうところには、如実にグラミーっぽさが伺えますね。

New Artist
John Legend
 John以外に今年のNew Artistはありえなかったでしょう。これは「ナットク」の結果。さすがは、アルバム発売当初から、「グラミー最有力候補」と謳われていただけはあります。
 それにしても、主要4部門はJohn以外はロックなワケで、今年はやたらとロックに偏った感のあるグラミーでしたね…。
 
 また、主要4部門以外の主な賞では、Rap AlbumでKanye West、Rock AlbumでU2、Pop Vocal AlbumでKelly Clarkson(結局MTV Video~でもKellyに奪われていたしGwen哀しすぎ)、R&B AlbumでJohn Legend
 主要部門獲得にはならなかったものの、MariahKanye、が3部門、U2が最多5部門を獲得した模様です。Kanyeは政治批判をした割に意外と獲得できていて、良かったな、と。Mariahはグラミー賞に嫌われている、と書いてきましたが、新人賞を受賞して以来、グラミー賞の受賞は実に16年ぶり。
 さらに詳しい結果はこちらの記事で。


Grammy Nominees 2006

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/209-8f59b910
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。