SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.12 Sun
 Sergio Mendes、10年ぶりのフルアルバムはThe Black Eyed Peasのwill.i.amプロデュースのすんごい内容!! Sergio Mendesの「Timeless」。



 ブラジル音楽を世界に知らしめたSergio Mendes、実に10年ぶりとなるフルアルバム。デビュー40周年を迎える「大物」ですが、なんと今回のアルバムではThe Black Eyed Peasのwill.i.amをプロデューサーに起用し、斬新かつ画期的な「ブラジル meets ヒップホップ」のすごいアルバムになっています。
 もうね、最初から最後まで充実。1曲目と3曲目を試聴して「即買い」してしまったのですが、とにかく良いアルバムです。
 僕はSergio Mendesなる人物を知らなかったのですが、まず彼の「ブラジルサウンド」が良い。そしてそこにプロデューサーとしてのwillのセンスが光っていて、強烈な1枚。アルバムとして聞き応えのある、「買い」の1枚です。
 なんでもBEPのwillはSergioの大ファンなのだそうで、彼がSergioにコンタクトを取ったことから今回のプロジェクトが動き出したとのこと。willは凄い量のSergioのアナログレコードを所持していて(16~17歳のころから大ファンなのだとか)、 「Elephunk」の「Sexy」で彼とコラボを果たし、それがSergio自身の求める伝統的なブラジル音楽ほ重んじつつも「違うこと」があると感じて、今回のアルバムへと繋がったのだそうです。
 なるほど、そういわれてみると、BEPの「ノーバウンダリィーズ」な異国情緒漂うサウンドはここにも影響を受けているのが分かります。最近willはBEPの成功を契機に、プロデューサーとしても如実に成長を遂げていますが、今回のアルバムではまたアーティストを生かしつつも自身のセンスを上手く取り入れていて、ブラジル音楽でもあるし、ヒップホップでもある。Sergio Mendesでもあり、The Black Eyed Peasでもある。両者が相乗効果を齎して、最高のアルバムとなっています。
 またこのアルバムは客演が豪華。BEPを筆頭にして、Stevie Wonder、John Legend、Jill Scott、Justin Timberlake、そしてそして個人的に本当に感激したのはQ-Tip(!!)。もう本当に充実の1枚です。

 リードシングル、「Mas Que Nada」。
 BEPのフューチャーされたこの曲。本当に良い曲です。
 イントロにちょっと「インターリュード」っぽい部分がくっついているのがいかにも「The Monkey Business」でのwillの雰囲気が継承されています。
 もうこの曲が最高で、ブラジルな雰囲気がとてもいきていて、凝りに凝っているパーカッションなどは素晴らしい。けれどそこに「Hey Mama」のリズムが上手に取り入れられていて、しかも「Hey Mama」の「Lala~la~lala~♪」のフレーズが上手にサンプリングされています。これは凄いですよ。(曲の終わりまでそのフレーズなのはちょっと「BEPで押しすぎじゃない?」とも思えますが(笑))
 そしてサビの分かりやすいメロディーも中毒系。何度聞いても飽きないし、「Wow~♪」の部分も「Lala~♪」の部分もどちらもついつい口ずさんでしまいます。…本当に最強のトラックですね。
 アルバム全体にもこの雰囲気が反映されていて、ブラジル音楽だけれどヒップホップなノリがとても気持ちいいです。
 ハーモニカが美しく、もろブラジルで機嫌のいい朝なんかに聞いたら最高の「Berimbau / Consolacao」なんかは、またStevie WonderとGracinha Leporaceの歌がたまりません。ピアノとパーカッションがこじゃれていて、本当に素晴らしいです。「The Frog」はQ-Tip万々歳ですね(笑)。willとは「Monkey~」の「Like That」でその相性のよさを証明済みですが、またブラジルテイストをバックにラップするQ-Tipが新鮮。John LegendもR&B-Soulしていないミディアムバラードが悶絶に斬新で、この曲の聴きやすさと言ったら!! シンプルだけれどオシャレなバックトラックがまた良いですね。タイトルトラックの「Timeless」なんか、india.arieのあのフックが耳にぴこりついちゃって…(笑)。もう最初から最後まで、秀逸な曲の連続です。
 ブラジル音楽のアルバムを買ったのが僕自身初めてなのでその「良さ」に興奮しているのもありますが、それにしても良いアルバムです。ちょっとゆったりしたやさしいアルバムの雰囲気がたまりません。

 久々に言います。……「買え(命令)」のアルバムです(笑)。
 ブラジル音楽が好きな人にはもちろんのこと、今まで聞いたことの無かった人でもすごい楽しめるアルバムです。特にBEP好きの人は要チェックでしょう!!
 いやー、このアルバムと出会えてよかった、の1枚。


Sergio Mendes 日本オフィシャルサイト

▽ Audio 「Mas Que Nada」を試聴する(WMP)。

▽ Audio 「Berimbau / Consolacao」を試聴する(WMP)。

▽ Audio 「Please Baby Don't」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/212-d50f57bd
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。