SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.18 Sat
 ブロードウェイのミュージカル俳優にして、極上のシンガー。Heather Headleyのセカンドアルバム、「In My Mind」。



 ここ、「SOULTRAIN」では結構「甘~い男声R&Bシンガー」というのの紹介が多い気がするのですが、こういうハスキーな女性シンガーも大好きです(笑)。
 さて。
 ブロードウェイでは、トニー賞を受賞するほどの「実力派」として地位を築き、尚且つ歌手としても成功を収めているHeather Headley。それは他でもなく、本当に「実力派」だから。決して、名が通っているからCD出したら成功しちゃったとか言う軽いものではなく、ミュージカルで培った素晴らしい歌唱力の持ち主です。
 2002年に突然歌手に転身し、デビューアルバム「This Is who I Am」はアダルト・コテンポラリーチャートで大ヒット。
 「大人向けのアルバム」と言う雰囲気の強い彼女のアルバムですが、ハッキリ言って、メジャー路線でも全然いけるだけの野太い(!?(笑))声の持ち主で、Mary J.もびっくりの声なのですのよ(笑)。…そこでMary J.を引き合いに出すのかって言う話ですが(笑)。
 これだけパワーのある歌を、その歌に「負けない」で歌いこなせる彼女は、本当に真のsingerと言った感じ。今回のアルバムは、本当に大人から若者まで楽しめるつくりになっています。これを聴いてココロを動かされない人は、ちょっとおかしいんじゃないの、って突っ込みを入れたくなるぐらい(笑)。
 全体的に彼女の歌唱力を前面に押し出した、慥かにアダルトな雰囲気なのですが、トリニダード・トバゴ出身という経歴の持ち主だけに、レゲエな雰囲気の曲も収録していて、それもまた楽しい。ゲストにLil Jon、Shaggy、プロデューサーにBaby FaceやJimmy Jam & Terry Lewisなどが参加し、良質で「極上」のアルバムとなっています。

 リードシングル、「Wait a Minute」。
 いかにも彼女らしい、美しいバラードです。とにかくこの曲でも、彼女の歌唱力が凄いのが分かります。このイントロの「Wa~it a Minute♪」のフレーズからして、そのパワーには鳥肌モノ。
 シンプルな曲で、たくさんの楽器が使われているような濃厚な雰囲気を感じさせるにも拘らず、結構曲自体はスカスカ。本当に、彼女の「声」で押しています。遊び気味の後ろのキーボードとか、目立ちすぎないけれどこだわっているドラムの刻みが美しいですね。
 けれどやっぱり、「声」。低音から高音まで(この曲ではあんまり高音出てこ無いけれど)、なんなく歌いこなしていて、とてもアダルトな歌い方にうっとり。途中の転調でも、ますます彼女のハリが出て、良い感じです。
 この曲がリードシングルなのはなんとなく頷けるのですが(フックの盛り上がりとインパクトが強いから)、けれどアルバムにはもっとメロディーで押したり、素晴らしい曲がたくさん。
 タイトルトラックで冒頭を飾る「In My Mind」(Pharrellのソロアルバムとタイトルが同じなんだよね(笑))とか、最初のハミングからして、とても綺麗です。ギターとのカラミがまた絶妙な1曲。
 半音階のウォーキングベース(ツェッペリンの「天国への階段」みたいなね)がまた分かる人にはとっても分かる「I Don't Meant to」なんか、本当に堪らないですね(個人的にはとってもシビレました)。バックの切なげなストリングスがまたHeatherの声を引き立てていて、マイナーのコード進行に彼女の声が見事にマッチ。壮大さに負けない彼女の歌唱力は、改めて「凄い」のひとこと。
 そして個人的にアルバムで一番お気に入りは「What's Not Being Said」。アルバム中では珍しく「メロディーで押す」楽曲で、このフックの美しさはなんなんだ!! …もうエンドレスリピートですよ。コーラスとの声の使い分けが素ん晴らしく、ピアノやドラムの編曲も絶妙。とにかく編曲がとても上手い曲で、後半のストリングスやチェンバロなんかかメチャメチャオシャレです。彼女の曲はやったら転調が多いですが(笑)、この曲でも見事ですね(いささか終わりまで転調があると歌い手泣かせで可哀相な気もしますが(笑))。高音も見事なこの曲は、本当に「一生の1曲」レベルの、歌良し声良しの1曲。
 他にも、Shaggy参加でばりばりのレゲエテイストがアクセントが効いていて(いささか「浮いている」感もあるんだけれど(笑))面白い「Rain」なんかも彼女のこういう曲での歌唱力がうかがえて楽しいし、ダンスホール系の「How Many Days」なんかも面白い。ソウルテイストの「The Letter」、王道をゆくバラードの「Change」(なんだ、この曲のコード進行(笑))などなど、本当に充実した1枚。
 とにかく、パワーのもらえる1枚で、「持っておきたい」CDです。

 久々に、ここまでパワーのあるアーティストと出会えて、とても興奮。
 素晴らしい、「Real Singer」です。
 とにかく試聴を!!

 Special Thx to ★RuRu★さん


Heather Headley オフィシャルサイト

▽ Audio 「Wait a Minute」を試聴する(MP3)。

▽ Audio 「In My Mind」を試聴する(MP3)。

▽ Audio 「Am I Worth It」を試聴する(MP3)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/218-74be6286
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。