SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.06 Tue
 The Killersのデビューアルバム、「Hot Fuss」



 イギリスで「Somebody Told Me」、「Mr. Brightside」が爆発的に大ヒットしたラスベガス出身の4人組。イギリスでヒットの後、逆輸入のような形で全米でも「Mr. Brightside」が大ヒットである。

 セカンドシングルの「Mr. Brightside」は、自分でも驚く程聞いてしまっている。聞き飽きない。ロック/ポップに於いて、ここまで繰り返し聞ける曲と言うのはなんとも凄いものだ。(ポップにジャンル分けされているが、個人的にはロックだと思うのだが…)
 アメリカに於いてヒットの鍵を握るのは、「曲の賞味期限が長いこと」。そして、「歌えること」。
 ここの記事でも何度か書いているが、アメリカではラジオのオンエアで実質のヒットが決まるので、じわじわと何度もかけてもらえる曲ほどヒットする。そのためには、何度聞いても聞き飽きず、長期間に渡って聴いていられる曲がヒットする。
 そう言う面では、ロックはR&Bに比べて少々引けをとっている感じがする。がっつりと聞く傾向にあるロックは、慥かにあまりラジオ向きではない。
 となると、ロックで鍵を握るのは「歌えること」。
 カラオケがアメリカには無いので、ラジオで流れてきて、車の中でよく歌っている。運転中にそうして口ずさんだり、歌えることが、ヒットに繋がるのだ。最近だと、switchfootの「Dare You to Move」なんて皆で大合唱だったし、Maroon5の「This Love」やGreen Dayの「Boulevard Of Broken Dreams」なんかも「歌える」曲としてヒットした。
 いくらアルバムセールスが良くても、EvanescenceやLinkin Parkは「歌うのはちょっと……」という感じだし、そう言う意味ではThe Killersの「Mr. Brightside」は大成功を収めた曲と言える。

 この曲の疾走感。そしてサビの徐々に盛り上っていくメロディー。どれも素晴らしい。バンドとしてのテクニックも上手いし(さすがはラスベガス出身)、NINのようなアグレッシブとまでいかないキーボードの使い方も絶妙。
 ビジュアル的にいってもKillersはとても面白いし(ヴォーカルが妙に王子様ルックなのが面白い(笑))、アルバムジャケットやブックレットの写真も趣深い。

 ただ、アメリカでヒットした「Mr. Brightside」はアルバムの中ではどちらかと言うと「例外」の曲であるため、彼らが今後売れるかどうかは、少し微妙である。
 どうやら彼らの基本路線は「Somebody Told Me」路線らしい。
 とは言え、これだけの曲を書ける彼らなのだから、きっと今後もチャートで暴れてくれることだろう。
 ちなみに、今年上半期の全米アルバム売り上げでも第8位(131万枚)。ダウンロードランキングでも第4位である。

 The Killers。要チェック。


The Killers USオフィシャルサイト

「Mr. Brightside」を試聴する(WMP)。

「Somebody Told Me」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/22-b0160f08
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。