SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.23 Thu
 
R&R [CHR / Pop National Airplay]


 R&R (Radio and Records)とは、一週間に全米の全ラジオ曲で掛かった放送回数をもとにランキングを製作したチャート。専門局が作られて細分化され、ラジオが世界で最も浸透したアメリカならではの業界向け専門誌。純粋にラジオのオンエア回数で今一番アメリカのラジオで掛かる曲(=一番売れている曲)を現したチャートです。
 つまり、このチャートこそ、本当に「今、売れている曲」が分かるチャートで間違いない!



  今週 (先週)
  01位 (03位) ↑○ Mary J. Blige / Be Without You  (7801)
  02位 (04位) ↑○ Natasha Bedingfield / Unwritten  (7371)
  03位 (01位) ↓  Ne-Yo / So Sick  (7177)
  04位 (02位) ↓  Beyonce' feat. Slim Thug / Check On It  (7156)
  05位 (05位) →○ Kelly Clarkson / Walk Away  (6648)
  06位 (07位) ↑○ Rihanna / S.O.S.(Rescue Me)  (6218)
  07位 (10位) ↑○ James Blunt / You're Beautiful  (5950)
  08位 (12位) ↑○ Sean Paul / Temperature  (5934)
  09位 (09位) →○ Cascada / Everytime We Touch  (5680)
  10位 (06位) ↓  Fall Out Boy / Dance, Dance  (5532)

 Mary J.、首位獲得。やはりNe-Yoさんは2週連続首位とは行きませんでした…(先週予想したとおりの順位に)。
 とにかく、Mary J.は物凄い勢いがあって、ランクインしてからかなりのスピードでの1位となりました。大抵、こういう勢いって途中で衰えるものですが、それがないから凄いです。さすがは「Queen」の称号を持つだけはある?(笑)
 そして快挙は2位のNatasha。これまた凄いですね。英国女性ソロアーティストがトップ3入りしたのって、本当に久しぶりなのではないでしょうか。まだまだ勢いが衰えていません(Mary J.が強いので1位は無理かもしれませんが…)。このシングル、もう一昨年のアルバムのタイトルトラックなのに、息が長いって言うか、アメリカでのプロモーションが遅れ過ぎって言うか…。
 3位は残念ながらランクダウンのNe-Yo。映画出演も決定したそう。4位はBeyonce。来月は解散ライヴのDVDが出ますね。5位は粘り強いケリクラです。
 そして6位はRihanna。本当に彼女は強いです。トップ5入りをしそうですね。先週も書きましたが、ティーン女性ソロは、完全にRihannaの1人舞台状態だと思う。7位はJames Blunt。アメリカでここまで渋い曲がトップ10入りするのは快挙ですね。曲が良いし、何より歌詞がツボに入っているのかも。
 8位は爆発しているSean Paul。今週も最も放送回数が増えた曲で、ハンパ無い人気っぷりです。勢いが全然衰えない。「We Be Burnin'」以上のヒットになる可能性も。
 9位は地味に放送回数を伸ばしているCascade。10位はFOBでした。

 10位以下の注目曲。
 T-Painのセカンドシングル、「I'm N Luv (Wit A Stripper)」(14→12)が好調で12位。彼の持つ最高位記録を更新しましたね(個人的には「I'm Sprung」のが好きなのですが)。Staindの「Right Here」(17→15)も一時期結構順位を落としたのに、再び伸びています。17位のPinkの「Stupid Girls」(18→17)は赤丸が付いていますが、なんか予想通りMadonnaと同じ感じになりそう。未だに「Run It !」が16位と粘っているChris Brownのセカンドシングル「Yo」(21→18)がトップ20入り。PCDの「Beep」(20→20)は、赤丸が付いているものの先週と変わらず20位でした。
 さらに下位では、Saving Janeの「Girl Next Door」(23→21)が好調。途切れることなくロック勢がチャートを上り詰めてきています。これまたちょっとアンニュイなんだけれど疾走感ある良い曲で。つづく22位にはニッケルの新曲「Savin' Me」(24→22)も入っています。Teddy Geigerの「For You I Will (Confidence)」(28→24)、Bo Biceの「The Real Thing」(29→27)、Shakira feat.Wyclef Jeanの「Hips Don't Lie」(30→28)なども。
 そして結構勢いがあるのが、Daniel Powterの「Bad Day」(35→29)。あと、Daddy Yankeeも8ランクアップと好調。
 新顔では、Hoobastankの「If I Wew You」が42位、Ne-Yoの「When You're Mad」が47位、Bow Wowの「Fresh Azimiz」がジャスト50位で、それぞれ初登場。
 ランク外にはKeyshia Coleなんていう嬉しい名前も挙がっていて、活躍が楽しみですね。今回のシングルは「Love」ですが、この曲なら売れてもいいと思うんだけれどなぁ…。

 一方のR&Bチャート。
 1位はDem Franchize Boyzの「Lean Wit It, Rock Wit It」(03→01)、2位はMary J. Bligeの「Be Without You」(01→02)、3位はChris Brownの「Yo (Excuse Me Miss)」(02→03)、4位はT-Pain feat. Mike Jonesの「I'm N Luv (Wit A Stripper)」(04→04)、5位はSean Paulの「Temperature」(08→05)、でした。
 日本では有名じゃないですが、「こいつらは売れてる」とかなり前からここで書いていた通り、Dem Franchize Boyzがついに1位を取ってしまいました。…いやー、凄い人気ぷり。Sean Paulも火がついている感じですね。
 いまいち総合チャートと温度差があるので(笑)、「こんなものなのかな」という感想もありますが(笑)。
 
 さて、Mary J.がトップを突っ走りそうです。今年も女性がチャート1位独占しそうな予感(既に現在までの2006年のチャートのうち、8週が女性、2週が男性アーティスト)。…がんばれ、男性陣!!(個人的には特にNe-Yo(笑))
 来週も、どうなりますことか…。


▽ Video Mary J. Blige 「Be without You」を試聴する(WMP)。

▽ Video Natasha Bedingfield 「Unwritten」を試聴する(Flash)。 ※US版PV

▽ Video Ne-Yo 「So Sick」を試聴する(Flash)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/229-66061148
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。