SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.01 Sat
 殿下、傑作アルバムを見事に完成。Princeの「3121」。



 94年に発音不明な記号、に名義を変えてからは、些か地味な感じだった殿下ですが、前作04年の「Musicology」で原点回帰。見事なアルバムをドロップし、グラミーも受賞、そしてこの作品「3121」と、再び絶頂な感じのするPrinceの話題のニューアルバム。既に「3121」は全米初登場1位を獲得。進化し続けている殿下のサウンドは、本当にすごいですね…。(前作の「Musicology」、個人的にとっても好きで、もっと早く取り上げていればよかったですが…)
 それにしても、基本的なサウンドを持ちつつも少し保守的で、毎回似たようなアルバムになってしまっている「大御所」と呼ばれるアーティストなら大勢いますが、Princeのようにどんどんサウンドが変わっていっているアーティストは珍しいのではないでしょうか。前衛的(アバンギャルド)過ぎて、些かリスナーが追いついていけていないほどという気がします。本当にこんなに長く音楽活動を続けているのに、素晴らしいことですよね…。
 今回のアルバムは、改めてFunkを感じさせる1枚。…僕のように、Prince世代ではない人から親父世代まで、ノーバウンダリィーズで聴ける、
音楽を聴く者は全員必聴の1枚。
 「一体この4桁の数字は…?」と言うアルバムタイトルは、夜な夜な有名人を集めてジャムセッションしているという(設定?)ハリウッドにある殿下の自宅の住所がthirty-one twenty-oneからとったという噂。さらに「Te Amo Corazon」のデジタル配信日(12月13日)を逆さにした数字でもあり、セカンド・シングル"Black Sweat"を3分12秒、そして正式なアルバムリリース日を3月21日(3/21)にセッティングしたそう(>>HMV)。……さすがは殿下、芸が細かい!!(っていうか、細かすぎて気付けない(笑))
 もう本当に、堪らない1枚ですね。

 リードシングル、「Black Sweat」。(注・インターネットでの配信先行シングルは前述の通り「Te Amo Corazon」)
 とんがってますよ。…めちゃめちゃとんがっていますよ。
 ラジオ版「ベストヒットUSA」で小林克也氏も話されていましたが、PharrellとかのNeputunesのゴリゴリサウンドなんかよりも断然とんがっているからすごい!! …こんな曲を書ける40代(というかもう50歳)が居るって(良い意味で)怖ろしいですね……。
 一体Princeのこのセンスはどこから来るのか……そしてこの「最先端であり続ける」ステイタスっていうのはどうやったら出来るのか……もう本当にすごい。(嗚呼、今回のレビューは「すごい」の連呼になりそう)
 曲はとってもシンプルなメインリフのループで、殆ど打ち込みのドラムとオマケ程度のベースだけ。それに間奏でこれまた耳が痛くなるようなきついキーボードが使われているぐらいです…。
 なのにどうしてこれほど濃厚なんだろう。
 とっても重圧で、隙間の無い曲。どうやったらこんなサウンドを作れたものか……すごいです。
 シンプルにのにリズムがしっかりしていて、けれどどこか「揺らぎ」がある。時折変拍子になって、メロディーの前にフィルインし直すエロさ(とでも言うしかない(笑))や、ベースやキーボードに施されたさり気無いエフェクトもその雰囲気を最大限に発揮していますね。
 またPrinceの歌も素晴らしく、これだけ難曲を歌えちゃっているって、尋常じゃないというか…。
 この曲が雰囲気を決定付けているのは間違いなく、アルバムもまたヤバイつくりです。
 先行シングルの「Te Amo Corazon」のラテンとジャズが絡んだような曲も抜群のセンスが映えています。色々な方向へと走った彼だからこそ、どんなジャンルの曲であっても洗練されていますよね。バウンスの効いた「Incense and Candles」なんていう曲をやれてしまうのもすごい…。タイトルトラック「3121」ももちろんヤバイですし……このままだと全曲ベラベラと書いてしまいそうなぐらいで。というか、このアルバムなら1日1曲レビューくらいの勢い(笑)。
 とにかくすんげーアルバムなんですもう……。「Musicology」のその場でジャムっているような生っぽいサウンドもヤバかったですが、今回のシンセ使いもすごいですね…。
 いやー、、、誰もPrinceには追随出来ない…。
 まずレビューを書くことからして無謀だと、ここまで書いてきて痛感(笑)。

 老若男女、絶対必聴、「買い」のアルバムです!!
 このファンキーなサウンドをご堪能あれ!!

 話は逸れるけれど、結局日本で初回特典の「パープルチケット」を当てた超幸運な方はいずこ……。


Prince 「3121」 特設サイト

▽ Video 「Te Amo Corazon」他を試聴する。

▽ Audio 「Black Sweat」を試聴する。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/231-0e7f77d6
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。