SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.08 Sat
 コロンビアが産んだSSW(シンガー・ソング・ライター)、Shakiraの、1300万枚を売り上げた「Laundry Service」に続く英語アルバム、「Oral Fixation : Vol, 2」



 この記事のカテゴリを「Dance / Reggae」にしてしまうのには抵抗があるのですが、現在大ヒットの「Hips Don't Lie」に焦点を当てて紹介したいと思うので、これにさせてください(ぺこ)。
 さてさて。
 現在アメリカではShakira(読みは「シャキーラ」)の最新シングル「Hips Don't Lie」が大ヒット。個人的には「Don't Bother」の方が好きなのですが(笑)、どうにもこういうラテン系のダンスチューンの方が売れる傾向にあるみたいですね。現在Sean Paulのアルバムからのセカンドシングル、「Temperature」も大ヒットしていて、やはりこういう音楽に対するコンスタントな「需要」があるのでしょう(たしかにたまに無性に聞きたくなる)。
 さすがは人種や文化に対する認識の強いアメリカ人もそこをちゃんと理解しているのか、「本場」の人が演奏する「本場」の音楽(Shakiraの場合「ラテン」)しか受け入れない(とまで言うと御幣がありますが、日本人のようにJ-Rapを許容しちゃうほど寛大ではないというべきか)風潮に見事に入り込んで、この「Hips Don't Lie」が成功へと繋がっている模様です。…慥かに、ロック~なShakiraも好きなのですが、この曲ではまた彼女の魅力的な一面がうかがえています。
 そしてなんと言っても、個人的にもとても大好きなWyclef Jean参加と来ていますからね……。もう文句なしでしょう。今年の暑くなる季節を前に、Shakiraがフロアを熱くしてくれそうです。
 Shakiraはコロンビア生まれの29歳。13歳の時にデビューアルバムをドロップして以来、アメリカ、アルゼンチン、コロンビア、チリ、中央アメリカ、メキシコ、スペインと南米を中心にして大ヒットし、その成功ぶりはラテンアメリカの伝説と言われているほど。前作は、全世界で1300万枚の売り上げを記録。グラミーも受賞し、ペプシのCMでも脚光を浴び、MTVのVMAなどでもおなじみ。この作品は、2001年の「Laundry Service」アルバムに続く、彼女の英語アルバム。(ちなみに来月、お得なリイシュー盤が発売)
 ロックからラテンから様々な音楽を取り入れた音楽は、彼女だからこそ作りえる、趣深い世界。ボーダーレスな、万人に通用する楽しい1枚です。

 シングル「Hips Don't Lie」。
 Wyclef Jean参加の熱~い1曲。
 この「お尻は嘘を付かない」という一風変わったタイトルは、反語的な意味合いで、「いい曲は腰がわかっている(=自然にお尻や腰がリズムをとってしまう)」だとのこと。…なるほど、まさしく曲にマッチしたタイトル。
 イントロからまたラテンにノリが良い♪
 いかにも打ち込みなトランペットから心地よく曲は幕開け、レゲトン的な2拍子のノリが最高。Wyclef JeanもShakiraもセクシー極まりなく、カラミが最高。
 途中で3連符のブレイクなどがとてもアクセントが効いていて、本当に「腰に来る」1曲。メインリフであるトランペットのメロディーがキャッチーで覚えやすく、最初から最後まで安心して聞けて、なおかつ存分に楽しめるパワフルなつくり。
 フックのShakiraがまたセクシーで、ぞくぞくします。彼女の声とラテンの相性が抜群で、またセクシーに歌い上げる技量はさすが。
 PVがまたセクシーで、幼少からベリーダンスをやっていたというShakiraだけあって、彼女の腰の動はヤバイ(笑)。男性陣は釘付けなのではないでしょうか。アメリカでヒットするのも頷ける、本当にHOTなPVです。
 アルバムでは、リードシングルの「Don't Bother」のようなロックもアリで、多彩な内容に。「Hips Don't Lie」から入った人は、「Don't Bother」がロックなので驚くかもしれないですね(笑)。これがまたかなりパワーのある曲で、カッコイイ訳ですが。冒頭を飾る、ヘヴィーな3連符トラックの「How Do You Do」はパンチのあるロックで、そのセクシーな風貌とのギャップがまた「セクシー」(Alanisみたいな)。少しメロウなラテンポップ風の「Illegal」はとても聞きやすいし、フォービートが痛快な「Hey You」なんかは心のそこから楽しくなれるShakiraの歌い方も楽しいトラック。アルバム全体として、とても痛快な1枚と仕上がっています。

 これから、改めてShakira旋風が巻き起こりそうですね…。楽しみです。(個人的にはやはり本領(?)のロック曲でもヒットしてもらいたいところですが)
 余談になりますが、ShakiraはIQがなんと140の天才。見事なトリリンガルなのだとか。(そんな記事をABCでうっすら読んだ記憶あり) …すごいですね。音楽に長けている人というのは、それだけではないっていうか。……羨ましい限りですが(笑)。
 要注目です!!


Shakira オフィシャルサイト

▽ Video 「Hips Don't Lie」を試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Don't Bother」を試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/235-ce43f34f
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。