SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.19 Wed
 Def Jam契約第一号ラップ゜アーティストとして1984年のデビュー以来第一線で活躍するLLの通算12枚目のアルバム。LL Cool Jの「Todd Smith」。



 ファンには待望の1枚だったのでは。第一線で活躍し続けるLLの待望のニューアルバムがついにドロップされました。実に12枚目。…デビューが僕の生まれる前なんですね(苦笑)。
 前述の通り、Def Jam契約第一号アーティストとして、84年に当時16歳でのデビュー以来、常にHip-Hopシーンのトップに君臨し続けてきたLL。10代にしてRUN DMCとラップバトルをやってのけたという、伝説とヒットに彩られHIPHOPの創成期から活躍してきたベテラン・アーティストです。その活動は映画までに至り幅広く、マルチな感じをうかがわせます。ちなみに、MCネームの「LL Cool J」は『Ladies Love Cool James』を略したもの。…なんと言う自信なんでしょうか(笑)。そしてそして、このアルバムのタイトルのTodd Smithは彼の本名であります。
 さすがはLLのアルバムだけあって、客演が揃いも揃って豪華ですね。…と言うか、客演無しの曲が1曲も無い(苦笑)。唯一「#1 Fan」と言う曲だけ何も客演がクレジットされていませんが、かなり大々的に女性のコーラスが入っていますしね(一体誰なんだろう?)。
 客演は、Mary J.やJermaine Dupriを筆頭にして、Juelz Santana、Freeway、「All I Have」以来の共演となるJennifer Lopez、Lyfe Jennings、Ryan Toby、Jamie Foxx、112、Pharrell、Ginuwine、Teairra Mari、Mary Mary。プロデューサーにはJDやPharrellなどを起用して、前作で全面的なバックアップをしたTimbalandが参加していないのがいささか物足りないけれど、かなり満足のメンバーなのでは。
 またアゲアゲの楽しい1枚です。

 リードシングル「Control Myself」。
 J-Loこと、Jennifer Lopezをフューチャーしたこの曲。J-Loとは02年の「All I Have」以来の共演です。プロデューサーはJermaine Dupri。…またまたお決まりの『JD Talk』として「Y'all know who this is SoSo Def」のドロップが入ってますが、この曲には上手くリズムに乗れていないのがウケます(笑)。(Bow Wowの「Let Me Hold You」なんかカンペキに決まっているのに)
 これがまた結構大作で、サウンドはMissy(と言うかTimbaland)っぽい感じがするバックトラック。結構音の数自体は少ないけれど、バックのキーボードなど凝っていますね。アクセントの効いた大太鼓のような音のバスドラが骨太な曲にしています。
 まあそうしたバックトラックの凝りようはいいとして、なんかこの曲、The Black Eyed Peasの「My Humps」にメロディーが似ていませんか?(苦笑) そして後半は同じくBEPの「They Don't Want Music」のパクリっぽい感じがしますし…(大丈夫か(苦笑))。
 とは言え、アルバムは多彩なつくりになっています。
 冒頭のJuelzをフューチャーした「It's Ll and Santana」のとんがり具合なんて凄いですね。空中分解しそうなほどの遊びようなのに、それが1曲としてちゃんとまとまっているから凄い。モロDiplomatsな感じで。元々アルバムタイトルの予定だった「Favorite Flavor」はMary J.とのカラミが絶妙で、アダルトな雰囲気に迷い込んだ異端児のキーボードのアクセントが効いています。Lyfe参加の「Freeze」は彼の雰囲気に合わせてかちょっとソウルっぽいテイストで、「Stick Up Kid」なんかの雰囲気に通じる緩めのあったかトラック。Jamie Foxx参加の「Best Dress」はPharrellプロデュースだけあってまた絶妙だし(Jamieも本当に歌手として花開きましたね)、Teairra Mari参加の「Preserve the Sexy」はまたアゲアゲな感じのホットな曲。そして「Down The Aisle」はまた112とのフックが最高!! この曲は相当堪らないですね…。Mary Maryのゴスペルチックな歌いだしからぐっとひきつけられる「We're Gonna Make It」も最高です。
 そして、Ne-Yoの「So Sick」のRemixも収録されていますが、これまたかなりの力作。ここまで大胆にバックトラックのコード進行を変えているのに、原曲の良さを壊さないあたりがすごい…。(SWVの「Right Here」みたいです)

 様々なテイストの曲が収録されていて、キャッチーでとても楽しめる1枚。
 アゲアゲからメロウなのまで、存分に効けることでしょう!

 Special Thx ) ★RuRu★さん


LL Cool J オフィシャルサイト

▽ Audio 「It's Ll And Santana」を試聴する(WMP)。

▽ Audio 「Control Myself」を試聴する(WMP)。

▽ Audio 「Freeze」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/241-5ab7ee08
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。