SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.04.29 Sat
 現在「Girl」がヒット中の、全米初登場1位を獲得したアルバム、Paull Wallの「The Peoples Champ」。



 やはり時代はSouthなのでしょうか。NY、LAに続いて80年代からヒップホップが盛んだった通称H-Townから続々と強力なラッパーが出てきますね(HはHoustonの頭文字)。
 そんなH-Town出の"早熟の"白人ラッパーPaul WallとChamillionaireが現在全米で大ヒット中。
 Paull Wallは元々レコード会社のプロモーション・スタッフとして音楽業界に入り込んだそうで、ハイスクール時代からDef JamやNo Limitなど、数々のレーベルと仕事をしてきた人物。その縁でラップを始めてからはフリースタイルの実力者として急速に名を上げはじめ、その後は地元のレーベルでDJとして手掛けたミックステープが評判を呼ぶことになったが、大きな注目を集めたのは、盟友Chamillionaireと合体した「Get Ya Mind Correct」をリリースした2003年。あまり知られていないものの、同時期に多発したH-Townの良作のなかでも高評価を得た同作を受けて、翌年には初のソロ・アルバム「The Chick Magnet」をリリース。そんな彼が放つ、待望のセカンドアルバム。(>>Bounce)
 今回のアルバムの客演にはBig Pokey、T.I.、Lil Wayne、Bun-B、BGなどのサウス勢で固められていて、サウス好きにはたまらない垂涎の1枚かも。限定版にはスクリュー版もついて、さすが。要チェックです。
 ちなみに余談ですが、彼は一方でジュエリー・デザイナーという一面も持ち、付け歯の金歯用カスタムジュエリーライン"Grills"の事業も好調(ジャケット参照)。Lil Jonの歯を手掛けていることも一部では有名な話なのだとか(知りませんでしたが(笑))。現在事業を拡大していて(ネットでも購入可能)、Kelisのためのデザインや、Fat Joeのためのデザインもあるんだそうで(笑)。

 シングル「Girl」。
 「Late Registration」収録の「Drive Slow」(このアルバムにも収録されています)でKanye Westと共演したPaul Wallですが、なんだかその影響をモロ受けているような「まるで蟹江節」のネタ使いの1曲。……けれどこのアルバムがKanyeを蹴落として全米1位を獲得したって言うから、面白いですよね(笑)。
 フックは本当にKanyeを彷彿とさせる早回し的な高音のネタ使いで(元ネタはなんなんだろう?)、キャッチーで聞きやすい感じ。ラップにしてはかなり刻みが緩めで、テンポもミディアム。イントロを聞いただけでは一瞬ラップ曲だとは気づけないぐらいの編曲で、そこからラップが入ってくるあたりのギャップが面白かった。
 また裏メロのキーボードが、「キーボード」って言ってもサウスな「キーボード」ではなくて、キラキラした感じのギャップのある音をチョイス。全体的に不思議な感じで、こんなラップもありなんだなぁ、と思わせられます。……と言うか、この曲をシングルに持ってきたあたりに、彼の人気に対する明確な自信を感じられるというか…(笑)。
 ガツガツしたサウスの音は苦手、と言う人でもすんなり入り込めて、車の中でラジオなんかかから流れてきたらくちずさんでしまいそうな親しみやすさ。良いですね。
 とは言え、ラストでフックに回帰する際にちょっとした拘りが伺えたり、Paulのセンスが伺えます。
 アルバムも快心の出来栄えで、Paulが白人とは思えない黒さ。
 冒頭の36軍団と絡む「I'm a Playa」からしていかにもなサウスで、抑え気味なバックがまた良いですね。続くBun-BとMike Jonesとの「They Don't Know」がまた聞き応えありのトラックで、細かい刻みがこぎみよく、スクラッチやらキーボードやら一瞬たりとも聞き逃せないような仕上がり。途中で唐突にフィルインする場違い的なオルゴール音(って言うの?)がまた面白くて。ラップもとてもいいですね。またオルガンが絶妙な使い方をされていて、Trey Songsとの絡みも良い「Ridin' Dirty」や、男臭い感じがたまらない「State to State」などなど、アルバムとして聞きたい1枚。

 サウス好きにはかなりイケる1枚でしょう。一辺倒にならないサウンドの幅は聞きごたえ抜群です♪


Paul Wall オフィシャルサイト

▽ Video 「Girl」をフル試聴する(WMP)。

▽ Video 「They Don't Know」をフル試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/247-841dc184
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。