SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.11 Thu
 
R&R [CHR / Pop National Airplay]


 R&R (Radio and Records)とは、一週間に全米の全ラジオ曲で掛かった放送回数をもとにランキングを製作したチャート。専門局が作られて細分化され、ラジオが世界で最も浸透したアメリカならではの業界向け専門誌。純粋にラジオのオンエア回数で今一番アメリカのラジオで掛かる曲(=一番売れている曲)を現したチャートです。
 つまり、このチャートこそ、本当に「今、売れている曲」が分かるチャートで間違いない!



  今週 (先週)
  01位 (02位) ↑○ Sean Paul / Temperature  (9048)
  02位 (01位) ↓○ Rihanna / S.O.S.(Rescue Me)  (8899)
  03位 (03位) ↑○ Shakira feat. Wyclef Jean / Hips Don't Lie (8611)
  04位 (04位) ↑○ Daniel Powter / Bad Day (8209)
  05位 (05位) →  Natasha Bedingfield / Unwritten  (6085)
  06位 (09位) ↓  Fort Minor feat. Holly Brook & Jonah Matranga / Where'd You Go (5759)
  07位 (06位) →  Mary J. Blige / Be Without You  (5315)
  08位 (07位) →  Kelly Clarkson / Walk Away  (5275)
  09位 (11位) ↑○ Nickelback / Savin' Me  (4849)
  10位 (13位) ↑○ Bubba Sparxxx feat. Ying Yang Twins / Ms. New Booty  (4425)

 Sean Paul首位奪還。
 先週、アルバム発売で勢いに乗ったのか、Rihannaがついに首位を獲得しましたが、巻き返されてしまいました。毎週とても接戦ですが、やはりSeanの方が一歩先を行っているみたいです。
 3位はこれまた衰え知らずのShakira、4位はDaniel Powter。どちらもいい曲だし、放送回数もかなり伸びていますが、上位2曲が強豪ゆえに首位獲得はタイミングの問題と言ったところでしょうか。上の2曲の勢いが衰え始めた時までまだ曲が飽きられていなかったら、首位獲得も全然射程圏内と言ったところ。残念ながらそのパターンになれずに首位を獲得できなかったNatashaが5位。
 そして毎週驚くほどにランクアップを続けているFort Minorが6位。……本当にこの曲のすごさはハンパじゃないですね。この勢いだと、首位獲得も見えています。いや~、アルバム発売時の不発ぶりを考えると、本当に嬉しい。先週からフューチャーされているアーティストのクレジットに「Jonah Matranga」が加わったあたりに、ちょっと大人の事情を感じざるを得ませんがね(笑)。
 7位はさすがにランクダウンのMary J.。8位は同じく下降気味のKelly(それでもよくここまで売れたと思いますが)。
 9位はニッケルのセカンドシングル。……この曲、個人的にちょっとハマっています(笑)。フックがしっかりとしていて、ハードだけれど聞きやすいロックですよね。10位に飛び込んできたのは、「囁き系」のブームを巻き起こしたYing Yang TwinsをフューチャーしたBubba Sparxxxのリードシングル。ラップラップした曲のTop10入りは久々ですね。

 10位以下の注目曲。
 13位のAll-American Rejectsの「Move Along」(15→13)。「Dirty~」の時はちょっとサウンドがポップっぽい印象がありましたが、このセカンドシングルもかなり人気のようです。14位のNick Lacheyの「What's Left Of Me」(14→14)。やはりJessicaよりもアメリカではNickに同情が集まっているんですね(笑)。16位のFrayの「Over My Head (Cable Car)」(22→16)。結構大きく上昇していて注目。17位のNe-Yoの「When You're Mad」(18→17)。「So Sick」ほどではないですが、着実に伸びています。18位のBo Biceの「The Real Thing」(19→18)、19位のTeddy Geigerの「For You I Will」(20→19)、20位のDaddy Yankeeの「Rompe」(21→20)、と10位台後半は赤丸付きの曲で目白押し。そしてR&Bチャートで爆発しているChamillionaire feat. Krayzie Boneの「Ridin」(27→21)が、こちら総合チャートでもかなり勢いに乗っていますね。
 さらに下位では、23位のMariah Carey feat. Snoop Doggの「Say Somethin'」(23→23)、Ne-Yoのペンによる早くもセカンドシングルのRihannaの「Unfaithful」(34→25)などが注目。また、先週初登場46位だったNelly Furtadoのニューアルバムからの正規リードシングル、「Promiscuous」(46→30)が16ランクと大幅に上昇。完成度は高くも売れ線ではなかった「Folklore」の時と比較すると、これはかなり期待できる滑り出しですね。「2006年版Gwen Stefani」と言ったサウンドだけに期待できます。
 また、チャートでは久々にCiaraなんていう名前を見たField Mob feat. Ciaraの「So What」(37→35)、R&B路線の「Yo」から一変して「Run It」のようなcRunkを感じさせるChrisのサードシングルのChris Brown feat. Lil' Wayneの「Gimme That」(48→42)、Rihannaに遅れをとっているものの順位を徐々に上昇させているChristina Milian feat. Young Jeezyの「Say I」(49→45)、なども注目。
 新顔ではNatasha Bedingfieldのサードシングルの「Single」が41位に、Yellowcardのセカンドシングル(?)の「Rough Landing, Holly」が47位に初登場。リードシングルがコケただけに頑張ってほしいですね。

 一方のR&Bチャート。
 1位はChamillionaire feat. Krayzie Boneの「Ridin」(01→01)、2位はT.I.の「What You Know」(02→02)、3位はDem Franchize Boyzの「Lean Wit It, Rock Wit It」(03→03)、4位はSean Paulの「Temperature」(04→04)、5位はPaul Wallの「Girl」(05→05)、でした。
 アルバムでは全米を制覇したのに、このR&Rチャートでは粘っているにも拘らずなかなかT.I.が首位を獲得できませんね…。Chamillionaireの赤丸が取れたので、来週こそ首位獲得となるのでしょうか。

 チャート上位が混戦気味。またRihannaが巻き返すかもしれないし、誰が首位を取ってもおかしくない状況です。
 来週も要チェック。


▽ Video Sean Paul 「Temperature」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video Rihanna 「S.O.S. (Rescue Me)」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video Shakira feat. Wyclef Jean 「Hips Don't Lie」をフル試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/252-23940ac3
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。