SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.23 Tue
 絶好調Knayeのライヴアルバム。Kanye Westの「Late Orchestration」。



 彼についての活躍ぶりは、いまさら触れなくても良いと思うので割愛しましょう(くわしく知りたい方はこちら)。……とにかく、本当にノリにノっているプロデューサーです。
 さて、アルバム「Late Registration」でも当然の如く(?)大成功を収めたKanyeですが(グラミーでも「I told you so」なんて言ってましたしね(笑))、そんな彼がライヴアルバムをドロップ。うーん、正直な話、ラッパーのライヴアルバムってちょっと苦手なのですが、これが聞いてみてびっくり。ヤバイ1枚ですよ!!
 この音源は、2005年9月21日のロンドン、伝説のアビィ・ロード・スタジオにてイギリスBBCとの共同企画で実現したエクスクルーシヴ・ライヴの模様を収録したもの。このCDタイトルからも分かるとおり、なんと大胆にも、結構な規模のストリングス・オーケストラをフィーチャーしたかなり意欲的で斬新なライヴ!! しかも、もうヒット曲目白押し!! …こりゃたまりませんって。
 まず、Kanyeの歌いっぷりが良い(笑)。観客の煽り方も上手いし、これは「さすがだな~」の一言。そして曲順がまた凄いですね。最初の「ダイアモンドは永遠に」からラストの「Jesus Walk」まで、怒涛の展開。音にもこだわりアリと言った感じで、オーケストラとのからみが抜群。これはとにかく「聞いてみて」としか言いようがないんだけれど、さすがはプロデューサーとして長けているだけあって、オーケストラの編曲も上手いこと上手いこと……。そして極めつけはゲスト。Kanyeが立ち上げたレーベルのG.O.O.D.つながりでJohn Legendが出てくるわ、Lupe Fiascoが出てくるわ、凄いです。
 DVDも出ていますが、これはCDとしても120%聞ける、かなり強烈な1枚!!

 ライヴは「Diamonds From Sierra Leone(ダイアモンドは永遠に)」から幕開け。ハープの美しいメロディーから幕開けるのですが(オーケストラを起用するまでは良いとして、その編成にわざわざハープをも取り入れたあたりが憎い(笑))、これがとっても印象深い。もうライヴの幕開けのために作られたような曲にさえ思える。ハープにヴァイオリンが重なり、そしてブレイク。Kanyeが歌いだしますが、またこれがノっていて良い感じ。この曲はオーケストラを入れて大正解で、フックの終わりの「Forever, forever, forever...」のリピート部分が目茶目茶かっこいいです。……Kanyeってネタ使いのプロデューサーだから、こういう「生っぽさ」を取り入れたサウンドって厭なのかと思っていたけれど、これが相当に絶妙です。
 続く「Touch the Sky」もオーケストラ大活躍で、ゲストのLupe Fiascoにしろ楽しそう。「Crack Music」、「Drive Slow」、「Through the Wire」もストリングス系の活躍が目立ちますが、どちらもしっとりとしちゃうんじゃなくて、あくまでKanyeと曲を引き立てる程度のオーケストラが上手いですね。どの曲もスタジオアルバムの「完成体」をもう一度オシャレに焼き直したような感じで、そこにベストテイクではなくKanyeの「生のラップ」であるから、このバランスが良い。「Through the Wire」では観客席にマイクを向けて観客を煽ったり、ライヴとしてもとても楽しそう。続く「Workout Plan」では、このちょっとホラー映画のようなメインリフがストリングスで演奏されて美しく仕上がっているところにまたDJのA-TRAKのスクラッチが乗っかり、さらにKanyeもノリノリで、聞いているだけでもうアゲアゲですよ(笑)。
 そして「Heard 'em Say」ではMAROON5のAdamに変わってJohn Legendが参加。またJohn Legendが歌ったバージョンも面白く、さすがは長い付き合いの二人だけ合って息もぴったり。
 続いて「All Falls Down」で、もう観客も「All Falls Down~♪」と大合唱。……この曲はさぞかし楽しかっただろうなぁ。。。これでフックのコーラスが録音じゃなくて、Syleena Johnsonがゲストで参加してて生で歌っていたら良いのになぁ、とか思ってしまいました(笑)。この「Herd 'em Say」~「All Falls Down」、そして「Bring Me Down」は曲順が滑らかで、さすがですね。Syleenaのちょっとしゃがれた声からBrandyの声に繋がっていき、今度は「Gone」。一転してポップで弾んだ曲を持ってきたところで、再び生オーケストラの美しい「Late」。ラストには「Jesus Walk」という憎い選曲(笑)。最後にこんなビートのはっきりとした曲で、しかも聞き応え抜群の曲を持ってきていますからね。……いやぁ、凄い。
 相当聞き応えのあるアルバムで、これは「買い」ですよ!! Kanyeとオーケストラという新たなサウンドも聞けるし、シングルヒットは満載だし(笑)、一枚のCDとして聞き応え抜群。ライヴアルバムではあるけれど、ここに収録されているバージョンがシングルバージョンとしていける感じもするぐらいですし。とにかく凄いです。

 「ミッション・インポッシブル」のテーマ曲を担当したり、まだまだ今年もKanyeの躍進は続きそうですね♪(ようやく本当の本当に7月に出るらしいPharrellのアルバムからのシングルもイイ感じ)
 けれどそうしたKanyeのキャリアの上で、このアルバムはきっと大切なものになるんじゃないかな。
 かなりの力作。必聴必至の1枚です!!


Kanye West オフィシャルサイト

▽ Video 「Diamonds From Sierra Leone」をフル試聴する(WMP)。

▽ Video 「Gold Digger」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Heard 'em Say」をフル試聴する(WMP)。

▽ Video 「Touch the Sky」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video Pharrell feat. Kanye West 「Number 1」をフル試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/259-9d5ba87c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。