SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.03 Mon
 アトランタ出身の注目ラッパーYung Jocのデビュー作、「New Joc City」。



 もう本当にHip-Hopはサウス一色ですね(苦笑)。
 T.I.、Mike Jones、Young Jeezy、Paul Wall、Chamillionaire……と、次々とサウス勢がヒットを飛ばしている中、またまた熱い人物が出現しました。しかもまた、勢いが凄い。
 現在全米で大ヒット中の彼、Yung Joc。アトランタ出身の若干23歳で、Sean“Diddy”Coms率いるBad Boy Recordsの南部支部に当るBad Boy SouthがYoung Jeezyの活躍で注目を集めるBlock Enterpricesとレーベル契約を締結し、その記念すべき第1弾契約ラッパーです。カレッジを卒業していて、ラッパーにしては意外と(?)高学歴(AllHipHop.comのインタヴューで「俺はカレッジを出たばかりのアマチャンじゃない」などと答えています)。そんな卒業したての23歳ですが、10歳からラップを始めたとキャリアは長いようで、アルバムも入念に製作されたとの事。最近まで、T.I.のツアーに同行していたりもしました。
 それが好を制したのか、デビューシングルである「It's Goin' Down」は現在スマッシュヒットを記録中。R&RのRythmicチャートに於いて連続首位を達成し、また総合チャートでも好調。アルバムもビルボードTop200で初登場3位を記録し、サウス勢の新人の中でもノっています。
 最近ミックステープで「A Couple Grand」という曲を発表したYung Jocですが、この曲が最近同じアトランタ出身のラップユニット、D4L(そう言えばいたね、こんな人たち(笑))の「I'm Da Man」のビートを使用、D4LとYoung Jeezyに向けたディスソングになっているのではないかと騒がれたりしましたが、彼はこれを否定。さらに「I'm Da Man」のRemixにも参加していることを明かしました(>>notrax)。早速Beefの噂が立ったり、こちらの面でも話題性充分?(笑)
 Marques HoustonやTrey Songzの新曲への参加も予定されているし、セカンドシングルへの気合もかなりの模様。…勢いがあるとは言え、それだからこそ1曲だけのヒットで消えていってしまうこうの多いサウス勢ですが、Yung Jocの名前はまだまだ耳にしそうですね。注目です。

 デビューシングル「It's Goin' Down」。
 正統派(?)サウスというか、サウスバウンス系統の真っ向からメジャー殴りこみの気合を感じるシングル。
 イントロの2秒を聞いたときは、「いきなり変化球?」って思ったけれど(笑)、それがブレイクして、サウス全開となりました。
 これが結構な力作で、うねるシンセキーボードのループとスナップだけのスカスカトラック。しかも、殆どベースレス状態(ワンコードなのでベースと言うよりバスドラ系のサウンドにしか聞こえない(笑))。凄いですね。
 フックではそのベースさえ一部消えて、Yung Jocの「Meet me in da club, it's goin' down~」のフレーズのリピートが癖になる中毒系。Chamillionaireとか、「Ridin」のフックでは殆ど歌っている状態だったけれど、それに通じる感じで少し歌っていて、耳に残りやすいですね。
 クラブ栄えしそうな曲で、ウーハーの近くで爆音で聞きたい(笑)。緩~いビートなんだけれど、シンプルながらも印象的なキーボードが絶妙。アメリカでヒットするのも頷ける感じです。
 アルバムも、サウスが好きな人には聞き応えのある1枚となっています。
 キーボード全開でMs.B客演の「I Know You See」なんか、皆で大合唱系。…この、ラッパーが歌うと子供が歌っているみたいに聞こえるのってなんなんだろう(笑)。一見Yung Jocの容姿からは想像がつかないような楽しげなトラックで、しかも本人プロデュースだというから意外。Marques Houston参加の哀愁系「1st Time」は聞き応えアリ。Yung Jocの幅の広さを伺えるし、また「Patron」は男臭くてインパクトのあるトラック(うーん、なんかに似ている曲があった気がするんだけれど思い出せない)。高速ドラムとキーボードの遊びっぷりが楽しい「Dope Boy Magic」や、重々しいラップに軽快なキーボードが対照的な「I'm Him」などなど、充実しています。

 ますますサウス指向に拍車が掛かりそうですね。
 サウス好きは要チェックの1枚です。


Yung Joc オフィシャルサイト

▽ Audio 「It's Goin' Down」他2曲をフル試聴する(MySpace)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/270-c6fc9720
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。