SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.03 Thu
 これも「いつ出るか」状態でしたが、ついに出ましたね。Outkastの「Idlewild」。



 思い返せば、03年は「Speakerboxx / The Love Below」からのシングルである「Hey Ya!」と「The Way You Move」の特大ヒットで(実際ヒットしたのは04年ですが)、アメリカではどのラジオ局を掛けても「Hey Ya!」が流れている(笑)、なんていう事態となっていたOutkast。そんな彼らが主演する映画のサントラが去年から「出る出る」と言われ続けて、延期になっていたもののようやく発売されましたね(当初は05年12月発売予定)。
 一応サントラではあるけれどオリジナルアルバム扱いでもあったり、ちょっと不思議なアルバム。内容はまた充実していて、多彩な音を聞かせてくれます。慥かに内容から言うと、サントラゆえに映画の内容(1930年代の禁酒法の時代の南部が舞台)を反映した曲が並んでいるものの、普通に一枚のアルバムとして聞き応え充分なCDです。
 さて。Outkastは頻繁に解散説が流れるグループですが、それは前作を見れば分かるはず。あのアルバムは2人のアルバムじゃなくて、それぞれがCDを1枚ずつ作って、それを2枚組みにして発売しただけですからね(笑)。うーん、けれど本人達はお互いが違うことをよく分かっていて、だからBig Boiが不動産業に手を出しても、Andre 3000は「またあいつ変なことを始めたな(笑)」みたいな悠然と構えているみたい。本当に不思議なグループですよね。けれど、互いに"違う"と言うことを分かっている上でグループを続けているのだから、解散はなさそうですね。
 そしてこのことが顕著に分かるのが、この映画、「Idlewild」。2人が主演の映画ですが、なんと、2人が一緒に出てくるシーンは数シーンしかないとのこと(!!)。ダブル主演でそんなことがありえるんですかね!? もう本当に驚きです。(そこまで徹底しなくても…)
 そんな彼らのサントラですから、今回もそれぞれがつくった曲が並んでいる感じ。Andre単体が8曲、Big Boi単体が7曲、そして2人が共演しているのが4曲です(Interludeを除く)。今回も進んで客演をするBig Boi路線と、がっちり自分路線のAndreと、その"違い"具合が面白いこと現れていて、楽しめる1枚。2人が違うからこそ、Outkastの音に広がりが出るんでしょうね。BluesからFunkっぽいのまで、ジャンルレスなパンチある1枚です。
 
 リードシングル「The Mighty "O"」。
 ラジオ「べストヒットUSA」で小林克也氏も言っていたけれど、Cab Callowayの「Minnie the Moocher」使いのこの1曲。まった古臭いけれど、ちゃんとOutkastっぽく仕上がっているんですよね。このなんか「インチキ臭い」感じ(って言うの?(笑))、ネズミ男とかが歌っていそうなテイスト(そうか?(笑))って、前作の「Roses」に通じるものを感じさせますよね。ユルい感じを上手く出していて、楽しい仕上がりです。
 セカンドシングルの「Morris Brown」も「The Mighty~」のような、このユルユルした刻みが堪らない(これはBig Boi曲)。Morris Brown大学のマーチングバンドをフューチャーしていて、これもOutkast色がちゃんと出ている。何ででしょうね、Outkastって色んな曲をやるのに、ちゃんと自分の"音"が確立されているから、聞くとすぐに分かるんですよね。…いや、凄い。
 アルバム全体もとても充実した仕上がり。1930年代が舞台の映画のサントラですから、それこそ20年代をコンセプトにしたAguirelaに対抗するかのような(笑)サウンドが目白押し。
 個人的には特にJazzyなセンスが光る「Call the Low」とと「When I Look in Your Eyes」なんて最高!! どっちもJazzはJazzでもビックバンドっぽい古さが良いですね。また、「The Mighty~」から全ての曲に受け継がれていて「Idlewild Blue」に収斂する根幹を流れるリディム感が雰囲気を盛り上げています。「Idlewild Blue」は聴いていて本当に楽しい(笑)。ギターが最高ですね。

 古臭いんだけれど新しい要素を取り入れていて、とてもOutkastらしいセンスが光る1枚です。
 これは「作れ」っていっても、並みのアーティストじゃ作れないことでしょう。
 温故知新じゃないけれど、古くからある音楽をとても上手い形で継承している、楽しい1枚。
 パーティーなんかでこのCDが掛かっていたら、さぞや楽しいことでしょうね(笑)。

 …しっかし、(説明が難しいですけれど)ジャケットの表裏と背の上下がズレているこのアートワークはどうにかならないんですかね(苦笑)。「Speakerboxxx | Love Below」と同じ表裏で上下が違うデザイン、と言うと伝わるでしょうか?


Outkast / Speakerboxxx | Love Below

Outkast オフィシャルサイト

▽ Video 「Idlewild Blue」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Morris Brown」をフル試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/287-cdfc7739
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。