SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.08.06 Sun
 また1人、チカーノ系R&Bシンガーで大型新人登場。Mario Vazquezのデビューアルバム、「Mario Vazquez」。



 さて。ここにきてチカーノ系の歌手が続々とアルバムを出しますね。まずはNatalieのセカンド。Paula DeAndaのデビューアルバム。そしてこのMario Vazquez(読みは「マリオ・ヴァスケス」)。留めはFrankie J.の3rdアルバム。すっごい個人的な印象ですけれど、チカーノ系の歌手って秋が似合う気がするので(笑)、とても時期が良いですね。
 昨年Frankie J.の「Obsession」とNatalieの「Goin' Crazy」がヒットを飛ばしてから、一時期全然チカーノ・ラティーノ系の歌手がチャートから姿を消してしまいましたが、ここにきて今までにないぐらいヒットとなっています。そんな中でも次はこいつだ!! 的存在なのがこの新人のMario Vazquez(何て読むんでしょうね(苦笑))。
 まあ新人とは言っても、あのKelly Clarksonを排出したオーディション番組の「アメリカンアイドル」で最後の12人まで勝ち残った人物なのです。
 Marioは、NYはブロンクス出身のニューヨリカン。幼い頃から両親の影響でクラシック・ソウルやラテン・ジャズを聴きながら育ち、6歳の頃から歌うことを覚え始めたそう。成長した彼はシンガーへの夢を実現すべく、NYのラガーディア芸術学校で本格的に音楽を学び、卒業後はシティ・キッズ・レパートリー・カンパニーとディベロップメント契約を結びデモを制作。そのうちの1曲をたまたま聴いたプロデューサーのTeddy Rileyは当時彼がプロデュースをしていたMichael Jacksonの「Invincible」のレコーディングでバックコーラスとしてMarioを大抜擢。順調だと思われた彼の人生でしたが、その後行き詰まり、オフィス・ワークやフォト・スタジオで働きながら、一時はソロ・アーティストとしての夢を諦めかけるも、アメリカン・アイドルの出演を決意。2005年のアメリカン・アイドルに出場したMarioは最後の12人まで勝ち残り、圧倒的な支持を集めるも、自己の表現方法にいまひとつ納得いかなかった彼は自ら棄権することに…。そして彼は1人でClive Davisに会いに行きオーディションを受け、その24時間も経たないうちに契約を結んでしまった、とのこと(>>HMV)。
 そんな彼だから、実力は充分。と言うか、むしろ「アメリカンアイドル」には出演しないでもっとSSWっぽく売り込んでいったほうが正解な感じのする、結構正統派のR&Bシンガー。
 そしてなんと、彼のデビューシングル「Gallery」はNe-Yo作曲!!(来たっ!!(笑)) いやー、こりゃヒット間違いなしと言えるのではないでしょうか。騒がれてはいるものの、何だかんだで中ヒットのBo Biceと特大ヒットのKelly Clarkson以外に「アメリカンアイドル」出身者のヒットって見かけないから、Marioがそこに殴りこみ状態かもしれないですね。
 とにかく声良し、歌良しでヒットの予感むんむんのまた堪らない男性R&Bシンガーです。

 デビューシングル「Gallery」。
 本当にどれだけ作曲すれば気が済むのか、早くもセカンドアルバムを製作中のNe-Yoが手掛けるこの曲。
 最初にこの曲を聴いたときは全然Ne-Yo作曲だと知らなかったのですが、言われてみると慥かにNe-Yoっぽいメロディーラインですね。Javierに提供した「Dance for Me」みたいなそこはかとなくラテンっぽいコード進行に短調のメロディーラインの映える1曲。(まあカッコイイ曲だからいいけれど、デビューシングルぐらい明るい曲にしてあげれば良いのに(笑))
 イントロのハミングから甘い男性R&B好きにはたまらないのでは。かなり緩めのトラックにまたNe-Yoお得意のピアノのリフが映える。AメロでいきなりMarioは突然音が飛び上がるメロディーを歌ってみたり、もうなんかツボに入りまくり(笑)。
 フックの盛り上がり方もとてもナチュラルで、気張ってない感じがいいですね。曲だけだとかなりどん底な寂しいメロディーラインだけれど(笑)、Marioの声が力強くて、聴かせてくれるじゃないですか♪
 うーん、Ne-YoもMarioも本当に良い仕事をしているな、と言った感じの1曲。デビューシングルにしては些かインパクトに掛ける気もしますが、聴き応え十分の美メロトラックです。
 アルバム発売前なのでまだこの曲しか聴けないのですが、これはかなりアルバムにも期待できる感じ。比較的「Gallery」は単調な曲なので、アルバムでどれだけMarioが表現力を見せてくれるか楽しみですね。

 また1人、かなりイイ感じのラティーノ系のR&Bシンガーが誕生しましたね。
 「Gallery」はかなり流行りそうです。
 甘い男性R&Bシンガーが好きな人はストライクゾーンだと思いますので、是非是非聴いてみてください。


Mario Vazquez MySpace

▽ Audio 「Gallery」をフル試聴する(MySpace)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/289-581b6128
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。