SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.03 Sun
 全世界で700万枚のセールスを記録した「Hot Fuss」に続くThe Killersのセカンドアルバム。The Killersの「Sam's Town」。



 「Somebody Told Me」、「Mr. Blightside」のヒットもまだ記憶に新しいThe Killersがセカンドアルバムをリリース。デビューアルバムで700万枚の特大ヒットっていうのも物凄いし、何よりあのアルバムのキラキラっぷりがとても好きでした。「Mr. Blightside」なんて未だに聴いてももうノリノリですよ。とっても楽しみな1枚です。
 さて、ラスヴェガス出身ながらイギリスで火がついたKillers。その後に逆輸入のような形でアメリカでも「Mr. Blightside」がヒットとなり、一躍スターダムへとのし上がった4人組です。ラスヴェガスって言うのは"ショー"の街だから、バンドマンだとか、音楽のセンスに長けている人たちにあつまるところでもあるんですよね。現在アメリカで大ヒット中のPanic! at the Discoなんかもラスヴェガス出身です(しかもまたサウンドがかなり似通っています(笑))。ちなみに、今回のアルバムタイトルである「Sam's Town」もラスヴェガスの地名。バンドの故郷ラスヴェガスの中心地から東へ約11キロ離れた場所にある実在のカジノ&リゾート・ホテルです。地元の人々向けの庶民的なカジノであることから、古き良きラスヴェガスのランドマークとなっている、とのこと。
 「イギリスとアメリカ、両方からの影響が感じられるんだ」と語っているように、いかにもイギリス受けしそうな楽しいアルバムの前作でしたが、今作はアルバムタイトルがその故郷の街の名前となっているように、「僕らの心のありかと僕らが聞いて育った音楽の両方からの影響が感じられるんだ」というアルバムになっているそう。うむむ、さらに気になりますね。
 サウンドもさながら、オフィシャル写真は、あのアントン・コービンが撮影、そしてヴィデオ・ディレクターには、映画「チャーリーとチョコレート工場」や「シザーハンズ」を手がけた奇才ティム・バートンが参加、とヴィジュアル的な要素まで抜かりなく楽しめそうです。
 04年にイギリスでヒットしたロックバンドのKeane、Killers、Scissor Sistersが揃いも揃ってニューアルバムも発売時期が重なりましたが、それぞれのバンドの"2枚目"対決も気になりますね。また、完全にヤられてしまっている感のあるPATDを倒せるアルバムとなるのか、とっても楽しみです。

 リードシングル、「When You Were Young」。
 ギターしか聞こえてこないので、サウンドが変わってしまったのかと危惧しましたが、フックになっておなじみのキーボードが全開となって一安心!(笑) また「そうそう!! Killersってこれだよね!!」なシングルです。さらにはKillersファンには堪らないキラーチューン(笑)で、このメロディーラインも堪らない!!
 冒頭からギターの冴えること。一気に目の覚める感じです。そしてBrandonのヴォーカルがまた良いですね。前作よりももっと"入っちゃっている"というか(笑)、すっごいノっている気がします(後半、伴奏が消えたときのBrandonの声なんてすごいですよ(笑))。
 フックではキーボードとBrandonの駆け引きが絶妙で、またこのメロディーラインの盛り上り方はKillersだからこそ。本当に聴いていて楽しい曲で、前作のアルバムにはなかったこのポジティヴな雰囲気が新しい。相変らずキラキラは健在で、音がしぼられているもののグロッケンが入っていたりとサウンドも良いですね。
 またPVも田舎町(?)の雰囲気が出ていて面白いです。個人的には、Brandonの王子様ルック(笑)が健在だったのが嬉しい。うーん、やはりこうしたヴィジュアル的な要素も相当PATDと被っている気がするのですが…。
 もうリードシングルからして、Killersたるもの全開の作りで、こうなるとアルバムもとても楽しみですね。まだこの曲しか聴けていないのですが、セカンドシングルは「Borns」とのこと。PVはこれがミュージッククリップ初挑戦となるTim Burtonとのことで、これも気になりますね。

 またまたKillers旋風が巻き起こるのでしょうか。リードシングルはアメリカではちょっと売れない気もするのですが…(イギリスでは売れそう)。
 もうキラキラ全開で、前作から好きな人も、これで始めてKillersを知った人も、楽しめる1枚となっていそうです!! まだまだ"Fuss"(馬鹿騒ぎ)は続いていますね!


■ 「Sam's Town」(国内盤) 9月29日日本先行発売。

The Killers / Hot Fuss

The Killers オフィシャルサイト

▽ Video 「When You Were Young」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Audio 「When You Were Young」をフル試聴する(WMP)。

▽ Video 「Mr. Blightside (US版)」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/304-3014795a
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。