SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.07 Thu
 今年最高の1枚です。(断言できます) Johnta Austinの「Ocean Drive」。



 「とにかく発売されてくれ!!」との祈りを込めて、追加記事を書きます(笑)。
 彼を初めて取り上げたのは今年の1月の記事。当初のアルバム発売予定は昨年秋だったのですが、それが3月に延期され、ついにはお蔵入りの噂も流れるも10月に発売が決定……かと思いきや、再々々延期で12月26日に発売されるそうです!! もうDonellもPharrellもビックリの大幅プッシュバック。しかも新人とは言え、半端じゃない大物作曲者のソロデビューアルバムです。一体どうなっているんでしょうか!? とにかく出てくれーの1枚。出たら今年のNo.1R&Bアルバムとなることは請け合いです。

 さて、Johnta Austinとはだれぞや、と言うと、So So Defの秘蔵っ子で、Jermain Dupriとタッグを組んでいる敏腕作曲者。若干24歳。まるでNe-Yoみたいな感じです。Ne-Yoよりは大分アダルトなんですけれどね。
 ヒット曲をここに列挙すれば、彼がどれだけ大物かが分かるでしょう。まずなんと言っても05年最大のヒットシングル、Mariah Careyの「We Belong Together」。2Pacの「Changed Man」にAaliyahの「Miss You」、Marioの「Boom」、Tyreseの「Sweet Lady」、Mary J.の「Be without You」、Isleysの「Forever Mackin'」に「Beautiful」etc.…、と名曲バラードを連発。Ne-Yoばりの仕事っぷりです。なんでこれだけの実績がありながらデビューできないのか、本当に疑問です。
 もうこれだけ名前を挙げれば、甘いR&B好きの方は飛びつくことでしょう(笑)。本当に彼の仕事は抜かりないというか、完璧。怖ろしいほどのソングライティング能力です。
 となると気になるのは彼本人のこのデビューアルバム、「Ocean Drive」ですが、これまた名曲ぞろい。プロモシングルの「Lil More Love」も良い曲だし、正規リードシングルとなった「Turn It Up」なんて涙が出る名曲です。
 まあところが、前述のように何故かデビューが渋られていて、この「Turn It Up」の売れ行き次第では再びお蔵入りとなる可能性もあるとのこと!! と言うわけで、みなさんも是非itmsでダウンロードしましょう!!(笑)
 とにかく、これほどまでに素晴らしい歌手はそうそういないですよ。改めて大注目です。

 リードシングル「Turn It Up」。
 超名曲です。もう四六時中聞いています。それでも聞き飽きません。聞くたびにじーんとしてしまいます。ああ、もう、本っ当に語彙の拙さが歯がゆいですが、とにかく名曲なんです。5年後でも、10年後でもこの曲を聴いている自分が容易に想像できる、"一生モノ"の1曲。
 しっとりとしたイントロからブレイクして、切なげなメロ。ここでJDがラップする訳ですが、もう本当にJDウザい!!(泣) Donellの時もJDに泣かされたけれど(別に泣いてないけれど(笑))、彼は名曲を自らの「Ya'll know who dis is~」のJD's Talkで台無しにする天才ですね(苦笑)。ちなみにライヴでし、このJDのラップパートもちゃんとJohnta本人がラップしていたとのこと。
 そしてAメロでは柔らめに歌うJohntaの声にぐっとひきつけられます。洋楽って「Aメロ→サビ」のBメロなしでサビに突入パターンが多いですが、この曲はBメロありで、それがまたフックの盛り上がりへと繋がって美しい。
 もうフックは、号泣。ストレートなコード進行だけれど、編曲のバランスし良いし、メロディーラインは悩殺。そしてJohntaの切々とした歌声に痺れます。フックの最後の「Turn it up~♪」の部分でとどめを指される感じで。
 仰々しくないけれどパワーバラードで、ど真ん中にくる切なさ。こんなに惹き付けられる曲ってそうそうないです。この一曲だけで彼の凄さが分かります。また、歌詞にも注目。AliciaにJagged EdgeにLutherに、いろいろな歌手が出てきて面白いですよ。
 アルバムにも俄然期待が掛かりますが、まだ7曲しかプロモ盤では公開されていません。セカンドシングルとなるらしい「Dope Fiend」はしっとりとした感じがオシャレなそれこそDonellっぽい1曲。アダルトでまた聞き応えのある曲です。バラードが多く、バラードしか書けないのかと思いきや、「Make Her the One」のようにリズムを押した曲もあったり、彼のセンスが光ります。これはギターの高音のループが病み付きです。

 本当にこれほど発売が待ち遠しいアルバムってそうそうない!! とにかく出てほしいです。
 まだアルバムを聴けていませんが、間違いなく今年最高のR&Bアルバム。そう断言できる仕上がりです!!
 これは要チェック。甘いR&B好きの方は卒倒覚悟で聴いてみて下さい。

 ちなみに。Chris Brown参加のBow Wowの新曲(?)の「Shortie Like Mine」と言う曲の作曲も手掛けています。これまた良い曲です。


■ 「Ocean Drive」 (輸入盤) 06年12月26日発売予定。

Johnta Austin / Ocean Drive

Johnta Austin オフィシャルサイト

Video 「Turn It Up」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Audio 「Lil More Love」をフル試聴する(WMP)。

▽ Audio Bow Wow feat. Chris Brown 「Shortie Like Mine」をフル試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/306-7fa40384
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。