SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.14 Thu
 ご紹介遅れました。もうこのビートの強さが大好きなDMXの新作、「Year Of The Dog...Again」。



 去年の夏は「Pump Ya Fist」がラジオで掛かりまくっていた気がします。それでみんな、「Dog diggie Dog a dang a dang diggie diggie~♪」の大合唱ですよ(笑)。あのインパクトは凄かったですね。
 さて、逮捕やら移籍やらと話題の絶えなかったDMXの待望の新作。Sonyに移籍、交通事故で有罪、スピード違反に無免許運転の挙句収監、果ては自らのリスニングセッションに向かう機内でシートベルトの着用拒否&暴言で逮捕、と、音楽外での彼のニュースを聞くことが多かったですね。他にも車強盗に隠し子裁判に……本当に話題の絶えない人です。最近もそのDMX(Dark Man X)という名前も宗教的な意味からアーティスト名を彼の周辺やファンの間で使われているThe Dogに変えると言って驚かせたり、老後は牧師になると宣言したりと、不思議な人です。しかしこのタイトルを聴いて、ファンはほっとしたのではないでしょうか(とっても"らしい"ですよね)。
 そんな"お騒がせ"DMXの新作「Year Of The Dog...Again」が奇しくも戌年の06年にリリース。タイトルどおり、DMXの炸裂する夏になるかと思いきや、蓋を開けてみてびっくり。これまでデビューアルバムから前人未到の5枚連続初動首位というアルバム記録を持っていましたが、残念ながらこのアルバムは初動2位で「6枚連続1位」とはなりませんでした(ちなみにその週の1位はV.A.の「Now 22」)。発売週の売上げ枚数も126,000枚と、これまでの作品の中で一番悪い結果に…。意外な結果ですね。
 とは言え、今回のアルバムもカッコイイです。この作品も聴いていると、頭がガンガンしてきますよ(褒め言葉です)。パワーが漲っていて、さすがだなぁ、の1枚。Swizz BeatzとDame Greaseが中心となってプロデュースしていて、他にもScott StorchやTuneheadz、Eliteなどが参加。
 「ムカつくことがあったらコレを聴け!!」の1枚です。

 プロモシングル「Pump Ya Fist」。
 この曲、半端じゃなく好きなのですが、製作の最終段階になってアルバム収録が見送られてびっくり。当初は"ファーストシングル"と言う扱いでしたが、アルバムの収録から漏れたので、事実上単発シングル扱いです。けれどお得なことに国内盤にはボートラとして収録(これは本当に超オトク)。
 パイプオルガンのイントロで「しっとり系??」かと思いきや、これまたぶっといビートが炸裂。本当にカッコイイ!! 思わずボリュームを上げて踊りだしたくなるような1曲。
 これは初めて聴いたとき、ぶっ飛びましたよ。カッコイイです、とても。このラップはDMXじゃないと出来ないなーと言うパワー。そしてこのバックトラックの強力なこと!! すごいですね。フックの「Dog diggie Dog a dang a dang diggie diggie~♪」はもうタマランとです。
 続く正規プロモシングル「Lord Give Me a Sign」。Scott Storchのトラックなのですが、これにはDMXが面白い裏事情をインタヴューで明かしています。何でも、「Scott Storchのトラックは1曲8万ドル(約900万円)もするけど、2曲買ったら"Lord Give Me a Sign"のトラックをただでくれた。アルバムの中で最も重要な意味を持つトラックがタダなんて面白いだろう?」、とのこと(1曲900万円もするのか!!)。
 そんな無料トラック(笑)ですが、これまた見事にDMXとマッチしたトラック。単音を弾き続けるギターがこの曲に良い緊張感を与えていて、またそこにおっ被さるDMXがやっぱり"太い"。ロックなテイストをもうかがわせるバックトラックと炸裂DMXが絶妙です。
 アルバムもパワフルで、とても強力。正規リードシングルであるおなじみSwizz Beatzとの「We in Here」のウルサさといったら、もう…!! マシンガンをぶっ放す音がサンプリングされていますが、さすがDMXですね。Busta参加で、聴き続けていると発狂しそうなベースラインのキーボードに中毒必至の「Come Thru」、オシャレなゆるゆる感が素敵な「Baby Motha」、Amerieとの絡みがセクシーな「Dog Love」、ひたすらシンプルなリフのループで耳にこびり付いて離れない「Give 'Em What They Want」、ハチャメチャ感とホーンのアクセントが効いた「Walk These Dogs」などなど、どの曲もとんがっていて、カッコイイです。とんがった音を作り続けられる、歌い続けられるって、本当にすごい。

 とても楽しめる1枚で、これは爆音でウーハーに耳をくっ付けて聞きたいですね。(危険です)
 余談ですが、寝不足の時は「Pump Ya Fist」を聞くといいですよ。一発で目が覚めますから。笑


DMX オフィシャルサイト

▽ Video 「Load Give Me a Sign」をフル試聴する(WMP)。

▽ Video 「We In Here」をフル試聴する(WMP)。

▽ Audio 「Pump Ya Fist」を試聴する(Real)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/310-2752f2a0
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。