SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.06 Sat
 ラッパー、Commonの初期レア音源集が発売。Commonの「Cool Common Collected : A Fine Collection of Remixes and Rarities」。



 今年、最初に買ったCDです。そして、07年最初のCDレビューは絶対にCommonにしようと決めていました。
 「一番好きなラッパーは?」と聞かれたら、即答でCommonです。それぐらい好きです。No.1のリリシストだと思うし、声も、サウンドも、ファッションも(Erykah Baduと付き合っていたころは例外ですが(笑))、どれをとってもカッコイイですよね。…うーん、本当に好きだ、Common。
 さて、シカゴ発のラッパー・Commonの初期レア音源集が発売。まだCommon Senseと名乗っていたころの楽曲から、最新アルバム「Be」のリミックスまで、多彩に収録されています。ファンには垂涎物の1枚。またジャケットも良いじゃないですか。
 Commonのファンが聞くにも充分に楽しめる内容だし、リミックスを楽しむも良し。最近の作品しか知らない人が聞くのもいいでしょう(CreditにNo IDの名前がありますからね…懐かしい)。しかしなんと言ってもこのアルバム、リミックスアルバムとは思えないほどオシャレな1枚に仕上がっています。元々デビューアルバムの「Can I Borrow~」の時からして、オシャレでJazzyなサウンドでしたが、本当にセンスを感じさせる1枚。
 むしろ、普段Hip-Hopを聞かない人  ジャズなんかが好きな人にはツボに入ってしまうかもしれません。喫茶店で流れていてもおかしくない雰囲気。
 ハイセンスで、大人向きのHip-Hopアルバムです。

 冒頭の「Intro」からピアノのループがまた凄い綺麗で…。「Be」の時にしろ、アルバムの構成が憎い演出ですよね。
 続いて「Breaker 1/9」のBeatnuts Mix。Isleysの「Between the Sheets」なんていう大ネタを使ったデビューアルバム収録の名曲ですが、これがデビューアルバムのプロデューサーであるBeatnutsに大胆にMixされています。「Between」のリフを残すかと思いきや大胆にそれを切ってしまい、ベースラインのうねりとホーンがかっこいいテイストに。Commonの声が内包する温かみを引き出していた原曲がアグレッシヴになっていて、また新たな聴き応えがあります。
 「Resurrection 95」はExtra P RemixとLarge Pro Remixが収録されていますが、どちらもシングルカット当時は話題をんだAhmad Jamalのピアノのサンプリングを削ぎ落として、より一層Commonが引き立つ形にオルガン系の変えられているのですが、Commonほどオルガンの音が似合うラッパーもそうそう居ないですよね。
 前半はそんな感じでヒット曲のビートが目立つmixが続きますが、後半はよりJazzyでオシャレなサウンドが目立ちます。
 特に「Reminding Me」、「All Night Long」が2曲続く展開は、本当に目頭が熱くなってしまいます。オシャレすぎます。ヤバイですよ。アダルトで押さえ目の雰囲気なのですが、Hip-HopなのにSoilやJazzをしっかりと感じさせられます。「Reminding Me」のリフとCommonのラップなんてたまりません。
 そして極めつけは、「The Lights」のmixでしょう! Bobby Caldwellの「Open Your Eyes」をバラバラに繋いでフックにしてしまったあのサビを……元恋人のErykah Baduが歌っている訳ですが。相性抜群過ぎます!! Erykahの声もCommonの声もどちらも温かみが合って、そしてこのバックトラックときているから、名曲も名曲。原曲越えですね…。
 そのErykahは続く「Geto Heaven」と「Come Close」でも参加していますが、やはりこちらの曲もたまらない。なんか神がかり的な仕上がりになっちゃってますよ、このアルバム(笑)。
 とにかくアルバム1枚として凄い充実していて、繰り返しになりますが、"オシャレ"。古きよきサウンドにCommonが息を吹き込んでいます。もはやHip-HopというよりもJazzやSoulと言ったほうがしっくりくるようなテイストで、彼の凄さが改めて分かる1枚。

 ジャズネタを多彩に使い、「Resurrection」なんかクラッシックだと思うけれど、本当に今こうして聞いても廃れることの無い確固たる"Common像"が最初からあったのが分かります。
 デビューアルバムのジャケットで、右にLAの地図をあしらい、左にNYの地図をあしらい、その中央でシカゴと書かれた缶を片手にホワイトソックスのキャップを被っていたCommon。その彼が同郷シカゴ出身のKanyeと組んだ傑作の「Be」を発売してキャリア最高の売り上げを記録し、そして06年にはそのKanyeと再びタッグを組んで、7thアルバムとなる「Finding Forever」を発売……とアナウンスされていましたが、発売延期未定。
 …今年には発売になってくれるでしょうか? とても楽しみです。

 余談…ですが、このアルバム、HMVは2軒回ったものの売り切れで、タワレコでは検閲に引っ掛かって発売中止。新年早々、探し回ってしまいました(笑)。手に入れたい方は早めの方がいいかもしれません。マストアイテムですよ!


Common オフィシャルサイト

▽ Video 「Breaker 1/9」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Resurrection」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「The Light feat. Erykah Badu」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「The Corner」をフル試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/322-7f3a64f4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。