SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.09 Tue
 あのSwitchfootのメジャー3枚目がドロップ。Switchfootの「Oh! Gravity」。



 発売前に全然アルバムが出るなどと言う話を聞かず、まったくプロモーション出来ていないまま、「なんとか年内中に発売」みたいな雰囲気で突然発売されたSwitchfootのメジャー3rdアルバム。オフィシャルサイトすら更新されていない状況ですが、果たして大丈夫なのか…。
 さて、インディーズ作品ながらグラミー賞にノミネートされ、映画「スパイダーマン2」の挿入歌に使われたメジャーデビューシングルの「Meant to Live」で大ヒット。しかしながら、前作メジャー2枚目の「Nothing is Sound」がゴールドディスクを獲得するもののいささかコケて(このブログでもあんまりなアルバムだったので取り上げませんでした)、「どうなるか」と思っていた矢先のニューアルバム。
 先に書いてしまうと、今回もちょっと「?」と感じる部分があるのですが(ヴォーカルのJohnの歌い方が変化しているせいもあるのでしょうが)、やはりメジャーデビューアルバムの「The Beautiful Let Down」はインディーズ時代の6年間の集大成的な意味合いが大きかったのかなぁ、と…(ちなみにセカンドシングルの「Dare You to Move」はインディーズ時代の楽曲)。それだけにあのアルバムが凄い出来に仕上がってしまっている感じがします。
 そんなわけでもうデビューのインパクトが強かったので、毎回アルバムが出るごとに期待してしまうのですが、そう言う人にはあまりオススメしない1枚(笑)。1stが強力すぎて過度の期待を抱いてしまうのなんかJohn Legendと同じパターンですが、とは言え普通に良いアルバムです。
 力強いギターと泣かせのメロディーの"Switch印"は健在。サウンドも多岐に渡り、彼らの成長が窺える1枚です。

 リードシングル「Oh Gravity」。
 「おお、Switchだ」のイントロのギターが印象的ですが、キーが合っていないのか、AメロのJohnの声が凄い変わってしまったように聴こえます…。シャウトしたり、古臭い歌い方をしてみたり、この歌い方の変化ぶりにはかなり驚きます。
 「The Beautiful」時代の"力強さ"を前面に押し出した雰囲気から、ヴォーカル・サウンド共に"男臭い"雰囲気へと一変。
 彼らをデビューからリアルで知っている人には、ちょっとガッカリな曲な気もしますが(笑)、これはこれでうまいこと歌いこなせていますね。
 アルバム全体がこういう曲であるのではなく、どれも実験的に色々と試していることが窺える雰囲気。続く「American Dream」なんかはキーボードを大々的に取り入れて、Killersテイストです。
 「Awakening」なんかは、デビュー時のあの熱いサウンドを彷彿とさせる1曲。ギターがガンガンなっているのに煩くないし、メロディーがすっと沁みこむバランスが絶妙です(ただなんか高音がニッケルっぽいぞ(苦笑))。ロックじゃなかなかお目にかかれない6/8拍子の「Circles」はアコギが印象的。
 そしてなんと言っても「Head Over Heels」でしょうか。これは名曲。「Meant to Live」を彷彿とさせる、アコギとエレキの使い分け、フックの盛り上がり、シンプルだけれど唯一無二なメロディーライン、そして心に響くヴォーカル。
 決して「The Beautiful」時代のような曲を書けなくなったのではなく、こういう曲も書けるけれど実験的に今回のアルバムのようなサウンドに仕上げているのがわかります。
 今回のアルバムは前述のように、色々と実験を試みているせいかサウンドにまとまりを感じられないのですが、それでも一定のスキルを持っているのは分かります。なんだかシャウト系が最近の彼らのお気に入りみたいですが、個人的には昔のサウンドに戻って欲しいなぁ…(苦笑)。

 ちょっと、今までに無くひどいレビューになってしまいましたが(苦笑)、正直微妙なところなんですよね、このアルバム…。やはり1stのインパクトが強かったからか……けれどこのアルバムから聞き始めた人なら普通にツボに入る人も居るかもしれない、と言う感じ。
 うーん、次のアルバムをどんなサウンドでくるかが勝負、と言う気がします。
 がんばれ、Switchfoot。


Switchfoot / The Beautiful Let Down

Switchfoot オフィシャルサイト

▽ Video 「Meant to Live」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Dare You to Move」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Stars」をフル試聴する(YouTube)。

Video 「Oh Gravity」をフル試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/324-cb87c182
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。