SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.14 Sun
 "元B2K"と言う立場から"ソロシンガー"として着実に成長しているOmarionの2ndアルバム、「21」。



 自らの年齢を冠したこの「21」と言うアルバムでしたが、発売直前になって何度かゴタゴタがあり発売延期、結局22歳になっての発売となりましたが、アルバムタイトルは「21」のままでしたね(笑)。
 さて、04年に解散したアイドルグループ・B2Kのメインヴォーカルを努めていたOmarion。映画も成功を収め、05年に発売になったソロアルバム「O」も全米初登場1位と目覚しい活躍をしていたOmarionですが、2ndアルバムをリリース。このアルバムもNasの「Hip-Hop is Dead」を蹴落として07年最初のチャートで全米1位に輝きました。
 今だから書けることですが、正直「O」は酷かった…(笑)。そちらのレビューを読んでいただければ分かるかと思いますが、書き方もあまり褒めていないですよね(無難に評価する言葉を避けて書いています(笑))。ダンスに力を入れすぎているのか、アルバムは正直(個人的には)ぱっとせず、「つまらないなぁ」と思っていたのですが、今回は違う…! 前回の酷さっぷりが嘘なくらい、いいテイストに仕上がっています。
 プロデューサーにはTimbalandを筆頭にして、Neptunes、Bryan Michael Cox、Underdogs、Eric Hudsonなどを起用。前作よりもとてもOmarionの声が生き生きとしていて、また曲の幅も広く、アルバム1枚を通して充実した作り。
 「もうアイドルとは呼ばせない」と言うような意気込みを感じます。

 リードシングル「Entourage」。
 Eric Hudsonプロデュースのこの曲ですが、なんと当のEricは新人とのこと。新人プロデューサーの曲をリードシングルに持ってくるのって相当度胸が要ったことでしょうが、その不安な要素を捻じ伏せるだけの"ジャストミート"でOmarionとの相性抜群の1曲。
 イントロからストリングスとコーラスが印象的に幕開け。続くAメロはベースと言うかメインリフと言うか、軽快な裏メロがまた秀逸。これは一発で癖になる。シンプルなんだけれど、うねるようなサウンドがいいですね。
 そしてそこに乗るOmarion。こういう軽快でさわやかなテイストの曲もまた似合っていて、特にフックのコーラスとの絡みは聞いていて楽しいですね。曲後半になるにつれて本当に聞いているだけで楽しくて、これはOmarionの力量なのでしょう。この曲は本当に凄いですね。
 また続くシングル「Ice Box」はTimbaプロデュースですが、お得意のドラムに不思議なピアノループと、浮遊感のある1曲。フックでは力強い歌声を聞かせてくれますが、Timbaの作るとんがったキーボードに負けないでこれだけ歌いこなせているのは凄いですね。これまた「Entourage」のように一度聞くと忘れられない曲。
 アルバムも充実した仕上がりで、22歳にしては余裕のある作りなのが、さすがと言うか憎いというか…(笑)。
 「Just Can't Let You Go」なんて、曲がもうバラバラだけにそれを歌で繋ぎ留めているOmarionはさすが。こういう曲を歌われたら一発KOになってしまうであろう美しいバラードの「Have You Ever Been with a Star」。サウンドのとんがり具合とウィスパー気味の「Obse~ssion♪」のフレーズがヤバイ「Obsession」。明るいミディアムの「Fool with You」なんて、フックが聞かせること。これは名曲ですね。寝る前に聴きたいようなやわらかテイストです。
 アルバムとしてとても充実した仕上がりで、魅力的な1枚です。

 彼の歌の上手さはよく分かるのですが、ただ声がそこまで特徴的ではないし、プロデューサーによって曲調はがらっと変わってしまうし、何も知らずに聞いて「あ、Omarionだ」と分かるような"唯一無二のモノ"を持っていないのが、この男性ソロR&Bシンガーの活躍が目覚しい昨今では少々気がかり。
 ただ実力は充分だし、現にそれが評価されていることがセールスにも現れていて、しぶとく生き残りそうです。
 甘いR&Bシンガーが好きな人は聞き逃せない1枚!


Omarion / O

Omarion オフィシャルサイト

▽ Video 「Entourage」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Video 「Icebox」をフル試聴する(YouTube)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/327-da45728a
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。