SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.04 Sun
 03年にフィンランドで空前の音楽現象を巻き起こしたDon Johnson Big Bandがついに日本にも上陸。Don Johnson Big Bandの「Don Johnson Big Band -日本上陸盤-」。



 今までにないスタイルで今までにないカッコいい音楽を作るDon Johnson Big Band(以下DJBB)。フィンランドで空前のヒットを飛ばした彼らですが、今夏のサマソニ出演もほぼ決まって、どうやら日本にも飛び火しそうな勢いです。これは今から超オススメのバンド。
 さて、バンドとは書いているものの、曲を聞けば一発、MCのいるHip-Hopバンドとでも言うべきグループ。さらに、バンド名に"Big Band"と入っている通り、Jazzの要素がありつつも、サンプリングを使う手法やエレクトロニック・ミュージックを取り入れたスタイルは、今までにない革新的なスタイルです。スタイルの基本は、生演奏とサンプリングにHip-Hopを乗せる、と言うものですが、そのサウンドにJazzが根ざしていたり、とにかく聞いていて飽きることを知らない素敵なバンドです。様々なことを取り入れていてもオリジナリティーあるサウンドとしてまとまっていて、ノー・バウンダリィーズな親しみやすいテイスト。敢えて言うなら、これも一種の"ミクスチャー"バンド。
 そのDJBBは高校時代の友人のLindgren(ヴォーカル/MC)、Saarilahti(ギター/ベース/ドラム)、Laiho(キーボード)に、Mikkonen(テナーサックス/フルート)が加わって結成された、なかなか多彩なパートメンバーによる4人組。ちなみにバンド名は、「Miami Vice」シリーズで有名な俳優Don Johnsonが由来だとか。
 サンプリングを使用することで4人組でもBig Bandを成立させていて、そのサウンドは、英語によるHip-Hop楽曲などフィンランドのチャートには全く影響しないはずが、01年の自主制作アルバムはゴールドディスクに迫る売り上げ。03年のメジャーデビュー作の「Breaking Daylight」は見事1位を獲得し、ついにプラチナアルバムを獲得……と、フィンランドのミュージックシーンを覆す大成功となりました。
 そんな彼らが、満を期しての日本デビュー。世界に通用するサウンドだけに、これから日本で火がつくことも間違いなしと思えます。また、国内盤は日本独自編集となっていて、フィンランドで発売された2枚のアルバムを1枚にまとめているのでさらにお得。
 要チェックの、ハイ・クオリティーなアーティストです!

 シングル「One MC, One Delay」。(1stアルバムからのシングル)
 ドラムのリズムから入り、ピアノの軽快な刻み。そしてブレイクして、ホーン隊が総動員。これだけの音を4人で作り上げてしまうことに、頭からブッ飛ばされます。慥かにJAZZサウンドをベースにしているんだけれど、フックはHip-Hop炸裂でスクラッチが入るほど! これにはHip-Hopファンならずとも、一同が驚かされるつくりかと。
 何より、とにかくノリが良くてカッコイイ! シンプルなのに、フックが耳にこびりついて離れません。個人的には、この遊びっぷり、ノリの良さにはBeestiesを思い出してしまいました。
 普段Hip-Hopを聞かない人にこそ聞いてもらいたい、1曲。これだけで、DJBBの凄さが窺えます。
 シングル「Road」。(2ndアルバムからのシングル)
 こらちは一転して、哀愁感の漂うクールなトラック。雰囲気としては、Gnarls Barkleyの「Crazy」に似ているかもしれません。
 シンセドラムとピアノのシンプルな刻みから入るのですが、フックのフレーズがとてもお洒落。また技巧的にホーンも取り入れていて、曲がぐっと締まっています。
 これは生で聞いたらかなりヤバいかもしれません。ちなみにアルバムやギグにはサポートメンバーとしてさらに4人が常時参加しているので、さらに凄いみたいです。
 アルバム全体としても、技巧的で多岐に渡るサウンドがお洒落で秀逸な1枚に仕上がっています。
 "オモチャ箱をひっくり返したような"サンプリングサウンドがお洒落な「Salt Water」、そんなHip-Hopな曲があるかと思いきや、哀愁漂うサックスにやられてしまう「Northbound」、緩いノリとエキゾチックなテイストが見事にマッチした「Cocoa Cacao」、そして自らのバンド名を関したお洒落なJAZZの「Don Johnson Big Band」などなど、どれも秀逸な曲ばかり。今までにないサウンドだけに、飽きずにアルバム最後まで聞けてしまいます。
 これは本当に色んな意味で凄いアルバムで、早くも07年個人的ベストアルバム候補。お洒落でありつつも遊び心を忘れず、それでいてサウンドとしてしっかり作り上げられたJDBBには感服です。

 日本で本当にいままさに"火がつく寸前"のJDBB。
 一度聞くと病み付きになる中毒必至のオススメのアルバムです。
 是非是非試聴してみてください。
 また、DJBBのプロモーションを行っているSTREET TEAMさんへもどうぞ。


Don Johnson Big Band オフィシャルサイト

▽ Video 「One MC, One Delay」をフル試聴する(WMP)。

▽ Video 「Live At Tavastia Club 2004 (Web Edit)」を試聴する(WMP)。

▽ Video 「Road」をフル試聴する(YouTube)。

▽ Audio 「Penguin」他アルバム収録曲を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
ST Jinn
移転完了おめでとさんです。
DJBBサマソニ出演も正式決定しましたし、火がつくその前にStreet TeamやここでPRしてたら鼻が高いですよね!ROADのTV録画バージョンも格好良いっす!

2007.03.20 Tue 19:39 URL [ Edit ]
pilot-fish
>> ST Jinnさん
聞けば聞くほど(それこそスルメのように笑)後から味が出てきますね。最近、DJBBのアルバムをヘビロテ状態です。
PRも頑張ってくださいね!
2007.03.27 Tue 02:14 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/332-7742eb8c
mj-spiritさんのレポもひと段落し、DON JOHNSON BIG BANDのPR活動も再開でございます。先日、Iさんより頂いたDJBBステッカー。20cmちょっとある細長いステッカーなのですが(Canaさんが渋谷のCD屋にゲリラ放置した)、この大きさだとステッカーは使い勝手がよろし....
STREET TEAM BLOG 2007.03.20 Tue 19:40
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。