SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.01 Sun
 全英のみならず全米でも大ヒットとなったNatasha Bedingfieldのセカンドアルバムがドロップ。Natasha Bedingfieldの「N.b.」。



 デビューアルバムが全英1位を獲得し、「These Words」の「I love you, I love you, I Love you~♪」の悩殺(?)フレーズで旋風。遅れること1年、アメリカでデビューも果たし、セカンドシングルの「Unwritten」がR&R06年年間チャート2位という快挙を達成。週間チャートでは1回も1位を獲得することはなかったながら、年間1位がNelly Furtado、年間3位がShakiraという強豪の中で年間2位の座を勝ち取ったことは、特筆に価する快挙ですね。イギリス出身の女性ソロシンガーが全米でヒットするのもまれながら、兄の歌手・Daniel Bedingfieldとともに全英チャート1位を獲得していたりと、記録尽くめ、まさにノリにノっている女性ソロシンガーです。最初は「あのDaniel Bedingfieldの妹」と紹介されることの多かったNatashaですが、兄越えの日も近い…!?
 さて、そんなNatashaが2ndアルバムをリリース。アメリカでは「リリースが早い」との反応のようですが、実際アメリカデビューまでの間に1年の間があったので、既に前作からは2年半以上もの歳月が経っています。実際僕なんかも全英デビュー時にアルバムを買っていたので、アメリカで火が付くのが遅くて意外に感じたぐらいでした。
 そんな満を期しての2ndアルバムですが、これまたリードシングルが凄いパンチのある仕上がりに。アルバムのクレジットにはMaroon5のAdam(!!)の名前もあるとのことで、さらに楽しみ。(兄とはデュエットしないんですね…笑)
 今作も世界中でヒット間違い無しのアルバムとなっていそうです。

 リードシングル、「(I Wanna Have Your) Babies」。
 タイトルからして、"Natasha節"顕在。前作でも、そのPopなサウンドは元より、Hip-Hopなリリック使いとインパクトの大きい歌詞が特徴的でしたが、今回も凄いですね。「アナタの子供たちが欲しいの」、と、大塚寧々もびっくりのタイトル(笑)。
 イントロから、高音のピアノのループが印象的。1stよりもさらにパワーアップした歌声も聴き応えがあり、そのメリハリの利いた歌声、そして遊び心溢れる曲構成には、彼女の秘める才能の大きさが窺えます。
 そしてこの曲、ベースレス(!!)。
 …これは凄い。ドラムにピアノループ。そしてぴこぴこしたキーボードにシンセのようなのストリングスだけ。
 ピアノループを大胆に使った編曲など、完全に曲の作りはHip-Hopで、Mary J.がQueen of Hip-Hop Soulの異名を取りますが、NatashaはQueen of Hip-Hop "Pop"、と言っても過言ではないかもしれません。
 元々、1stの時からHip-Hopの要素は窺い知れたし、客演にD12のBizarreが参加したりとHip-Hopを感じさせましたが、そうした要素を取り込みつつも、メロディーの覚えやすいこんなにもPOPな曲を書けるのは凄い…。イギリスのみならず、今回もアメリカでのヒットを感じさせます。
 また、「Say It Again」では心地良いPOPを展開。Natasha独特のメロディーラインと暖かい伴奏が絶妙。「Soulmate」では一転して、切なげなギターとストリングスが美しい。そして殆どをNatashaの歌だけで聞かせていて、とても迫力のあるパワーバラードになっています。Natashaはパワフルなイメージがとても強いですが、前作収録の「Wild Horses」にしろ、バラードを歌う彼女もとても素敵です。

 アルバム発売前でまだ全曲を聴けていませんが、今回のアルバムが間違いなく「傑作」となっていることを窺い知れます。
 特にリードシングルの「Babies」は、そのサウンドが音楽シーンに於いても一石を投じる重要な曲となること間違いなし。
 今からアルバム発売が楽しみです。


Natasha Bedingfield オフィシャルサイト
Natasha Bedingfield / Unwritten
Natasha Bedingfield オーディオ試聴(MySpace)。

Natasha Bedingfield 「(I Wanna Have Your) Babies」


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)

Natasha Bedingfield / Unwritten


Natasha Bedingfiels / These Words


Natasha Bedingfield / I Bruise Easily


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/334-af93e87c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。