SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.28 Wed
 サーファーミュージックで超癒し系のJack Johnsonのサードアルバム、「In Between Dreams」。



 声がいいですね。John MayerとかJack Johnsonの声を聞くと、「犯罪だよ!!」って叫びたくなります…(嘘です(笑))。色っぽいですよね~。
 前作「On and On」が全米初登場3位を記録。今回もそのセンスを遺憾なく発揮した良質の癒し系アルバム。
 けれど個人的には、「癒し系」と呼ぶのに抵抗があって、Jack Johnsonの曲は歌詞の意味が深いし、もっともっと本質的な音楽だと思います。

 今回はハワイのスタジオでレコーディングしたということで、聞いているだけで海の潮騒が聞こえてきそうな、大自然を体感できる1枚。
 「Sitting, Waiting, Wishing」、「Good People」とシングルヒットもしていますが、彼の場合はやはりアルバムとして聞けるところが魅力。
 じっくり聞き込んでも最高だし、BGMとして流しても最適。場所を選ばず、リスナーをハワイに連れて行ってくれるような、感受性の豊かなつくりに仕上がっています。

 アルバムの中で面白かったのは、「Belle」と言う曲。
 非常に短い曲で、冒頭でフランス語をチョコチョコっと歌い、最後に「でもね、美しい人。僕はフランス語が分からないんだ」と結んでいます(笑)。
 Jack Johnsonのユーモアが伝わりますね。
 オフィシャルサイトに行くと、「Welcome to My Web Site」という曲が聴けたりするところも、さすがはJack。

 The Black Eyes Peasとフューチャーした「Gone Going」で彼を初めて知ったHip-Hopファンの人もいるかと思いますが、アノ曲が胸に刺さった人はまずこのCDを。


Jack Johnson オフィシャルサイト

「Sitting, Waiting, Wishing」を試聴する(WMP)。
  映像作家としての才能も凄いPVです。

「Good People」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/53-4d2f911e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。