SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.09.30 Fri
 Ryan Cabreraのデビューアルバム、「Take It All Away」。



 最初はアイドルかと思いましたが、ちゃんとしたシンガーソングライターでした。ルックスがいいのもあって、アイドル的な売れ方をしちゃったせいで、一部ロックファンがドン引きしちゃったのが残念(苦笑)。Simple Planとまったく同じ現象ですね~(笑)。
 まあ、彼の元カノがあのAshlee Simpsonだというのがさらにそんな噂に拍車を掛けたのでしょう……。っていうか、RyanのマネージャがAshleeのダディーなんですよね。デビュー曲のPVにはAshleeがカメオ出演。ラヴラヴっぷりを発揮しています(笑)。そのお陰で、「別れたっていうのはデマ?」という噂が流れましたが、なんだか全部Ashleeパパの仕組んだ商業作戦だったみたいです(苦笑)。
 めずらしく、ゴシックな話題でした(反省(笑))。

 アルバムとしては、Popテイストの軽めロックと言う感じだけれど、結構いい感じに仕上がっています。
 デビュー曲の「On the Way Down」はスマッシュヒット。シンプルなメロディーで、口ずさみやすいのが特徴。
 セカンドシングルの「True」は打って変わって、綺麗な美しいバラード。彼のシンガーソングライターとしての技量の大きさを感じさせる1曲です。シンプルな編曲だからこそごまかしがきかず、Ryanの声とギターが光る。

 セカンドアルバムと比べるとまだ荒削りな感じですが、メロディーが覚えやすくて、例えばこのアルバムを聞いてギターを手に取った少年とかも多いんじゃないかなぁ、と想像。


Ryan Cabrera オフィシャルサイト

「On the Way Down」を試聴する(WMP)。
  あのAshlee Simpsonがカメオ出演。当時はまだブロンドでした。

「True」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/55-5f602e9b
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。