SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.04 Tue
 Raul Midonの感動のデビューアルバム、「State of Mind」。



   心が震えるような歌手と出会えることってそうそうない。

 Raul Midonを初めて聞いたときの衝撃は忘れられない。とにかく感動して、胸のど真ん中に入った。
 「ああ、この人と同じ時代に生まれて、今リアルタイムにこのアルバムと出会えてよかった……」
 誇張ではなく、本当にそう思った。

 アメリカ、ニューメキシコ生まれのRaul。未熟児で生まれた彼は、盲目である。
 目が見えないせいか、彼の音に対する感覚はとても鋭敏。5歳の頃からプロダンサーの父親と共にパーカッション楽器を何時間もプレイをするようになり、フラメンコギタリストに手ほどきを受けて、ギターの腕を磨いた。
 2002年に音楽活動の拠点をNYに移してから、クラブでライヴをするようになり、ルイ・ヴェガのライヴに参加して青山ブルーノートに来日したことも。

 コーヒーショップで生ギター演奏をしているところを拾われて、前述のルイ・ヴェガに出会い、そこからは彼の実力もあって、今回のCDデビューにこぎつけた次第。
 なんと、かのStevie Wonderもアルバムには参加している。

 満を期してのデビューアルバム、「State of Mind」。
 ファーストシングルは、アルバムタイトルの「State of Mind」。どうしたらここまでギターをパーカッションのように弾くことができるのか、感動  を通り越して唖然としてしまう(笑)。
 細かいギターが爆ぜて、そこにRaulの声が絶妙に絡む。奇跡のような一曲だと思う。歌詞も素晴らしいので、英語が苦手な人は、国内版を買うことをオススメ。
 盲目である分、きっと彼には僕らには感じることの出来ない音まで聞こえていそうな気がする。

 アルバム全体を通して聞いても、デビューアルバムとは信じられないような超絶な仕上がり。一度聞くと手放せない。全体的には「State of Mind」よりも「Expression og Love」的な曲が彼が得意とする音楽、との印象。
 アルペジオが美しい「Everybody」、聞いているだけで気分がhappyになる「Sittin' in the Midle」、3拍子とメロディーが素晴らしい「Sunshine (I Can Fly)」……、書いていたらキリがない。

 余談だが、Raulが「『State of Mind』は演奏するが難しい」とインタヴューで答えていて、それを読んで非常に安心した(笑)。
 ライヴ映像だと余裕綽々で弾いているように見えたが、やはり「どう弾いてんだよ!!」と思うだけあって、演奏は相当難しいようである(笑)。ここまで弾けるのは、光の無い世界で、音楽だけが友達でずっとギターのテクニックを磨き続けてきたからであろう。
 ちなみにアルバムでは、Raulは口でトランペットの音を吹く「ヴォイス・トランペット(?)」も披露していて、ギターだけでないことが存分に分かる(これまた素晴らしい音色)。

 Raul Midon、今年の決定版、と言っても言い過ぎではないだろう。


Raul Midon オフィシャルサイト

「State of Mind」を試聴する(WMP)。

「State of Mind (Live)」を試聴する(WMP)。

「Expressions of Love (feat. Stevie Wonder harmonica solo)」を試聴する(WMP)。


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/60-23aeb097
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。