SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.05 Wed
 先日急逝したLuther Vandrossの追悼トリビュートアルバム、『So Amazing : An All-Star Tribute to Luther Vandross 』



 去る7月1日に、R&B界きっての大スター、Luther Vandrossが亡くなりました。2年前に脳卒中で倒れて、リハビリ中の出来事……、本当に悔やまれる。
 そんなLuther Vandrossを励ますために、豪華アーティスト共演によるLuther Vandrossのトリビュートアルバムが計画されたわけだが、皮肉な話にも、「追悼」トリビュートアルバムとなってしまった。

 2003年のラストアルバムで、大ヒットをみせた「Dance with My Father」。本当に、「まだまだこれからの人」と思っていただけに残念。
 そのアルバムに収録されていたBeyonceとのコラボレーション曲、「Closer I Get to You」では、グラミー4部門制覇の快挙を成し遂げたばかりである。

 さて、トリビュートアルバムであるが。
 もう参加アーティストがとにかく豪華。その1曲のために、参加したアーティストのコアなファンがCDを買ってしまうこともあるぐらいの大物も多いはず。今週全米初登場第4位(コピーコントロールCDのため売り上げが伸びなかったようだが…それでもトリビュートアルバム至上初動売り上げ最高にして最高位)。
 Mary J Blige、Usher、Fantasia、Beyonce & Stevie Wonder、Aretha Franklin、Donna Summer、Alicia Keys(feat Jermaine Paul)、Elton John & Luther Vandross、Celine Dion、Wyclef、Babyface、Patti Labelle、John Legend、Angie Stone、Jamie Foxx。
 Luther Vandrossがいかに偉大な人物であったかが参加アーティストを見ただけで一目瞭然である。Luther Vandross広報担当であるジェフ・オコナー氏は彼の死の際に、「R&B界の大きな損失」とのコメントを発表したが、正にその通りであろう。
 Usherが歌う「Superstar」、Alicia Keysが歌う「If This World Were Mine」、Mary J Bligeが歌う「Never Too Much」などなど、どの曲もよく出来ている。それぞれの歌手がきっと自分の歌に於いてLutherに少なからず影響を受けているはずで、彼に対する尊敬や愛情を感じさせる。
 特に、残念ながら最後のヒットとなってしまった「Dance with My Father」をCeline Dionがカバーした曲は、本当に心に響く。Celineの声がとにかくぴったりである。
 しかしやっぱり、「原曲」には勝てない、と、このアルバムを通して聞いてみて痛感した。もちろん、どのアーティストのカバーも優れているが、やはりLutherの歌うLutherの曲が恋しい……。
 ただ、このアルバムは十分に聞く価値がある。Lutherの偉大さも分かるし、参加アーティストの技量も凄い。このアルバムを聞いてみて、もう一度Lutherを聞きなおしてみるのもいいだろう。

 Lutherが亡くなった丁度その時期、彼のヒット曲の「See Me」をサンプリングしたYoung Gunzの「Don't Keep Me Waiting」がヒットしていて、慥かにYoung Gunzがあの参加アーティストに見劣りするのは否めないが、折角なのだから収録してあげればよかったのに、と思ったりした次第。
 この曲も涙が出るほど素晴らしいので、是非この機会に。


Luther Vandross オフィシャルサイト
  トリビュート版の試聴はこちらから。

「The Closer I Get To You Feat.Beyonce」を試聴する(Real)。

「Never too Much」を試聴する(Real)。

「Don't Keep Me Waiting」Young Gunzを試聴する(Real)。
  原曲「See Me」の試聴はこちら

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/61-d061d669
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。