SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.15 Sat
 「Perfect」が大ヒット。勢いに乗るSPたちのセカンドアルバム、「Still Not Getting Any」

 


 最近、Green Dayを筆頭に、ロックバンドが巻き返している気がするが、そんな中で頭角を現しいているSimple Planのセカンドアルバム。
 全体に、痛快なテンポの良さが冴え渡り、ノリノリの1枚。

 リードシングル、「Welcome to My Life」。
 「The Reason」に通じる、少し内向的な男の子が主人公の歌詞だが、これが裏拍のリズムに乗って、なんとも気持ちいい。
 バックヴォーカルのデイビッドとのハモリがとても綺麗で、MTVのアコースティックライヴは素晴らしかった。これを元音源にしたバージョンが国内版の限定版には収録されているので要チェック。
 シンコペを刻むドラムが無いと迫力には欠けるが、意外とアコースティックでも「聞かせる」1曲。
 またPVが傑作で、橋を封鎖するというアイディアはVo.のピエールのもの。凄い大掛かりなPVである。(DVD付きの限定版を買う価値アリである)
 セカンドシングル「Shut Up」。
 どこかキーボードの抜けたBusted的な曲で、これまた疾走感溢れる1曲。ポップテイストだけれど、ロックも忘れていないことを感じさせる曲である。
 これもPVが凝った作りである。

 サードシングル、「Untitled (How Could This Happen to Me?)」
 とても個人的なことになるが……。
 丁度この曲がヒットしているとき、僕の小学校の同級生が17歳の若さで亡くなりました。17歳……、本当に言葉も無い。
 原因は交通事故で、事故から2年間持ちこたえてのことでした。
 奇しくもこの曲のPVが飲酒運転撲滅キャンペーンのPVとなっていて、メンバーが高校生時代に飲酒運転が原因で亡くした友人のことをきっかけに製作したとの事。PVの最後には、飲酒運転撲滅のテロップが入り、その事務局への電話番号もテロップされている。
 だからこの曲を聴くと、本当に泣いてしまう、未だに。
 曲も素晴らしく、歌詞も心にぐさっと刺さる。
 本当に泣けてしまうので、PVは同級生の死以来、見れていない。

 そして最新シングルの「Crazy」。
 これがまたヒット中である。結構売れそうな予感。
 コアの音楽ファンの間では、コード進行と曲の構成がHoobastankの「The Reason」とまったくおんなじことでパクリだと非難されているが、メロディーはオリジナルだと思うし、Simple Planのサウンドとも溶け込んでいて、いいテイストの曲である。
 けれど慥かに、「Untitled」にしろ、Simple Planの曲はどれもコード進行が似通っているので(「C/Am/F/G」の循環コード)、これから先が多少心配ではあるが……。

 11月には、初のライヴアルバムも発売されるということで、さらなる活躍が楽しみである。


Simple Plan オフィシャルサイト

「Welcome to My Life」を試聴する(WMP)。

「Untitled (How Could This Happen to Me?)」を試聴する(WMP)。

「Crazy」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/73-377e2406
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。