SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.10.29 Sat
 絶好調、今回もレゲエ炸裂、Sean Paulのサードアルバム、「The Trinity」。



 デビュー作、「Stage One」でじわりと人気を集め、前作「Dutty Rock」で大ブレイク。「Get Busy」やBeyonceにフューチャーされた「Baby Boy」での活躍もまだ記憶に新しい。
 初っ端から余談になるが、この「Baby Boy」でのMTVのライヴ映像が、何故か放送されないということがあった。どうしたのだろう、と思っていたら、Beyonceの恋人(というか婚約者)であるJay-Zが「Sean Paulのダンスは激しすぎる」とMTVサイドに抗議したらしく、MTVもその見解に同意してお蔵入りになってしまったとのこと(テレビ局を黙らせるとはさすがはJay-Z…)。どうやら、かなりBeyonceと激しいダンスをしていたようだ…(気になる)。

 さて、ジャマイカ録音の作品としては初めて全米1位を獲得した前作から3年、待望のニューアルバムである。
 1stシングルの「We Be Burnin」は、もう待っていた人にはたまらない1曲だろう。やっぱレゲエはこうでなくちゃ。打ち込みの胡散臭いドラムの音が気持ち良い。Sean Paulの曲って、とても中毒性があると思う(というかレゲエ全般?)。一度嵌ると、もう脳内エンドレスリピート。くせになるメロディーである。
 それがアルバム全体を通してそんな感じだから、たまらない。もうあがるあがる、フリークしちゃう…。これであがらなかったらちょっと怪訝しい、と言う感じ(そこまで言うか(笑))。せめてもう2、3ヶ月発売が早かったらなぁ、と思う感じである。けれど、彼の曲は秋だろうと冬だろうとリスナーをあげてくれることだろう。

 今回のアルバムタイトル、「Trinity」は元々キリスト教の「三位一体説」のことで、1「前作のアルバムから約3年」、2「自身のサードアルバム」、3「第三世界(発展途上国)の代表アーティスト」という意味で付けられたとのこと。
 3番目の意味を噛み締めつつも、みんなでこのアルバムを聞いて一緒にあがろう!


Sean Paul オフィシャルサイト

Sean Paul The Launch Player

「We Be Burnin」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/90-df4f904a
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。