SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.11.01 Tue
 Nickel最新作、「All the Right Reasons」。



 昨年の年間R&Rチャートで、「Someday」がチャート6位を記録。2位にMAROON5がランクインしてるけれどあれはロックと言うよりポップだし、3位のHOOBASTANKはバラードだったので、がっつりとしたロックでは去年最も売れた曲なのではないでしょうか。
 2ndアルバムを全世界で1200万枚セールスした彼らが新しいドラマーを入れて放つ、4thアルバム。ちなみに新しいドラマーは、彼らと同じくアメリカンロックバンドの元3 Doors Downのダニエル・アデア。
 メロディーを重視しつつも、どっしりとしたギターサウンドはとても聞きごたえあり、今回のアルバムジャケットのように車をぶっ飛ばしながら大音量で聞いたらさぞかし聞いたら気持ちいいだろう。

 既にこのアルバムはビルボードで初登場1位を記録。リードシングルの「Photograph」も相当ヒットしている。
 この曲、アコギが繊細さを醸し出しつつも、やっぱり彼らの持ち味のテイストが生かされていて気持ちいい(アルバム毎にアコギの使用率が上昇している気がする)。とってもロックしている。ギターが激しいのに、ちゃんとメロディーが活きているところが素晴らしく、それがヴォーカルのチャドの力量なのだろう。ロックが嫌いな人にでも、「聞かせる」だけの魅力がたっぷりだ。
 アルバムとしては、バラードもあり、激しいロックもあり、飽きさせない作りの1枚に仕上がっている。
 注目は、8曲目の「Side Of A Bullet」で、去年12月にライブ中に射殺されて急逝した、元パンテラのギタリストDIME BACK DARRELがなんとソロ音源を提供しています。これは聞くしかないでしょう。

 厭なことを全て忘れさせてくれるような痛快なロックアルバム。音と共に、彼らも突っ走っている。「Photograph」もかなり売れそうだ。
 アメリカのロックを牽引する彼らに、大注目である。


Niackelback オフィシャルサイト

「Photograph」を試聴する(QuickTime)。

「Someday」を試聴する(QuickTime)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://soultrain.blog96.fc2.com/tb.php/93-990da00c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。