SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.12 Wed
 3枚目にして、全米で本格的大ヒット。Nelly Furtadoの「Loose」。



 今思うと、このアルバムを2月の時点で記事にしていたブログもそうそうないですよね(笑)。プロモ盤をいち早く聴けていたのは、本当に僥倖でした。ちょっと時間が経ってしまいましたが、アルバムも正規盤が発売されたことだし、改めて。
 2月の時点で、「これは売れる」と書いていましたが、本当に大ヒットとなりましたね。アルバムはビルボードのアルバムチャートで1位を達成。ちゃんと調べてみると、実はこれがNelly初のチャート1位。前作「Folklore」は、良作ながらもメジャー狙いの作品ではなかっただけに頷けるのですが、グラミーの新人賞まで受賞した「Whoa, Nelly!」が最高位24位というのは驚きでした。アルバムの大ヒットの追い風もあり、シングル「Promiscuous」もチャート1位を獲得(注・前回の記事ではこの曲を「Promiscuous Girl」と表記していますが、それはプロモ盤の時点のタイトルです)。本当に勢いに乗っています。彼女のパワフルさはハンパじゃないし、ストリートでラップをしていたなんていう意外な過去もあるだけにHip-Hopサウンドも抜群です。前作のオーガニックなサウンドも良かったけれど、攻めるNellyも良いなぁ、と改めて実感。
 さて、前回の記事ではあやふやだった詳細について、ちょっと訂正を。Pharrellとのコラボがある、と書きましたが、なんでも2人は一緒にスタジオに入って数曲作ったのに、Pharrellに「Timbalandと一緒にやったら素晴らしいアルバムができると思うよ」と言われてその曲はお蔵入りになっちゃったのだとか(笑)。そしてPharrellにNellyはレゲトンを薦められたそう(笑)。…うーん、Pharrellはさすがと言うか、「その歌手に合うサウンド」をよく理解しているのかもしれませんね。また、前回の記事ではプロモシングルが「Promiscuous」でリードシングルが「Maneater」と書きましたが、実際はリードシングルが「Promiscuous」、プロモシングルが「Maneater」、ストリートシングルが「No Hay Igual」となりました(プロモシングルとストリートシングルの違いが分からん(笑))。
 それにしても、今回のアルバムは本当に強力ですね。このアルバムから入った人は、「Folklore」を聴いたらぶっ飛ぶ気がする(笑)。
 とにかく必聴の1枚です。今年の夏はNelly旋風ですね。

 シングルについては前回の記事で触れているので、アルバムに全体をさらっと。
 冒頭の「Afraid」から、打ち込みのドラムだったりしてリズムが押し出されていますね。このアンニュイな雰囲気は「Folklore」を継承しているかも。そして「Maneater」。ここで炸裂と言うか、ドカンと来ますね(笑)。今聴いてもこのインパクトは凄いなぁ。「Maneater」、そして「Promiscuous」と、この2曲がアルバムがいかなるものか、とても上手く説明していますね。
 「Glow」は今までのNellyからじゃ想像がつかないうねるようなキーボードを大々的に使った1曲。この曲の「太さ」は半端じゃないですね。……なんていうか、今回のアルバムってどの曲もすばらしいのに、カラオケじゃとてもじゃないけれど歌えない唯一無二な感じ(笑)。Nellyのこのリズム感は凄い。
 続く「Showtime」は今までのNellyっぽい曲だけに、このアルバムの中では少し浮いてしまっていますね。コーラスとの絡みが聴いていてうずうずする力作。
 一転して「No Hay Igual」はアフリカあたりの民族楽器を使ったようなパーカッションが印象的なトラック。これもまた殆ど打楽器だけでインパクトが凄い。Nellyでこそ歌いこなせる曲です。続く「Te busqu」はラテンっぽいトラックで、彼女のオーガニックな面が押し出されたとてもエキゾチックなトラック。とても情熱的ですね。「Say It Right」、「Do It」と再びビートを前面に据えた曲が続き、「In God's Hands」。打って変わって名バラードですね。ここら辺はさらに遡って「Whoa, Nelly!」の、それこそ「I'm Loke a Bird」などを彷彿とさせる感じで、1枚1枚アルバムごとに表情を変えるNellyが、慥かに過去のアルバムを踏まえて成長しているのだと伺える1曲。けれどマンドリン(バンジョーかも)を使われていたり、こだわりが伺えます。
 「Wait for You」はどこか東洋的なギターのメインリフが印象的で、またNellyはこういう曲でもなんなく歌えちゃう(というか作れる)のが凄い。続く「Somebody to Love」はイントロからリズムの崩れ具合が凄い。ラテンのリズムがとても軽快で、後半のNellyの歌がない部分にこそ彼女のソングライティングのセンスが光っている感じです。アルバムのラストにこの曲を持ってきているあたりに、やはり彼女には様々な民族の血が流れているんだな、と思いますね。前作も「Island of Wander」に凄い感動を覚えましたし。
 このアルバムについてNellyは、「前作の『Folklore』は自信作よ。ムードもあってすごく良いアルバムだと思う。ずっとスムーズなアルバムを作りたいと思ってたの。どんなときにでも聴けるようなね。それに対して今回の『Loose』は顔面パンチを食らうって感じのアルバムになってるわ(笑)」(>>notrax)とインタヴューで答えているように、彼女のパワフルな部分がとても良い形で引き出されているとても魅力的な1枚です。かつてGwenを引き合いに出して記事を書いていたりもしましたが、Gwenよりはるかにパワフルだとアルバムを聴いて痛感です。Nellyが好きなので蔑ろにしてきてしまいましたが、彼女の魅力を引き立てているTimbalandの今回の活躍っぷりも凄いですね。
 1枚1枚確実にサウンドを変えながらも、その中心に一本ぶっとい「髄」を持っているNelly Furtadoは、たとえリードシングルを聴いてなくても、アルバムが出たらなんの躊躇いもなくアルバムを買えちゃうような本当のSSWだと思います。いやー、今回も本当に傑作です。

 さて、プロモ盤の記事では、文中でColdplayを批判することを書いていますが、その後にNellyとColdplayのChrisがコラボしていたと知って、「あの記事は危なかったなぁ」と(笑)。
 意外な組み合わせですが、この2人がコラボするとどうなるのかファンには気になるところ。ところがColdplay側のレーベルの事情で、この曲はお蔵入りとなってしまいました。
 僕はちょっとしたツテで聴けていたのですが(笑)、これがまた「Folklore」な感じのオーガニックな曲で名曲!! とってもツボに入る曲で、なんでか聴くと懐かしい感じのする曲です。2人の組み合わせも抜群(Chrisってこういう曲も似合うなぁ)。この曲がアルバムに収録されなかったのは残念だけれど、アルバムの雰囲気から言ってもお蔵入りになったのは正解かな?
 ……しかし。
 必至で探したら、見つけましたよ、試聴を(笑)。
 是非是非ご堪能ください。
 (要はこれを書きたかったがために記事を追加したまでで(笑))


Nelly Furtado / Loose

Nelly Furtado / Folklore

Nelly Furtado オフィシャルサイト

Unreleased 「All Good Things Come to an End feat. Chris Martin」を試聴する(MP3)。

▽ Video 「Promiscuous」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
2006.04.10 Mon
 久々に女性ヴォーカルのロックバンドがヒット。これまたカッコイイ注目株。Saving Janeのデビューアルバム、「Girl Next Door」。



 国内盤が発売されていないのと、この作品がデビューアルバム、また、ヒットといってもチャート20位程度のヒットなので日本ではまだまだ認知度が低く、僕自身もあまり情報を持っていません(すいません)。
 けれどこれがまた、これからが楽しみな感じのバンドなんだ。
 最初聞いたときは3年ぐらい前にAvrilを筆頭にして旋風を起こした「ガールズロック」的なソロ歌手なのかな、と思いましたが、それにしてはバンド名っぽい名前がついているし、「となるとギャルバン?」との予想を裏切って、男性5人+女性ヴォーカルのロックバンドでした。女性ヴォーカルを立てたロックバンドが全米ヒットしたのは、Evanescence以来なのでは。
 Marti Dodsonを中心とした6人組バンドだそうで、ヴォーカルのMartiは結構美人系(まあ時代の流れなのでしょうが目バリの濃いメイクをしてます(笑))。一見ヴィジュアルはポップで軽そうな感じですが、男性陣は結構ロッカーな雰囲気です(笑)。音はまあポップ寄りなのですが(笑)。
 現在タイトルトラックの「Girl Next Door」がヒット中で(これって同じタイトルのティーン向け映画が数年前にあった気が)、ロックしつつも煩いほどではなく、ちょっとポップな要素もあるキャッチーなメロディー、そして歌詞が(女性ではなく)「女の子」のハートぐっと捉えている模様。
 いささか一発屋の匂いもしているのですが(笑)、これからが楽しみな感じの注目バンドです♪

 リードシングル「Girl Next Door」。
 自分よりも綺麗な女性について嫉妬している歌詞で、共感を呼ぶのも「なるほど」の1曲。(対訳は「Letters from Music」さんに載っています)
 歌詞の雰囲気を体現したかのようなちょっとアンニュイなイントロから幕を開けて、見かけによらず太い声でMartiが歌う。
 フックはとてもシンプルで、これまたリスナーの心を掴みやすいシンプルさ。(コードもまた本当にシンプルで(笑)) 女性はまさに、大声で歌いたい(>パーミーの曲のタイトルか(笑))ような感じなのでは。
 メンバーにキーボードがいるようで、それが少し音楽の幅を広げていますね。ポップなんだけれどロックの片鱗もうかがわせるきわどさがあります。
 曲自体がキャッチーなのもさながら、PVもまたとても面白いストーリーがついていて、英語が苦手な人も、これを見れば一目瞭然。かなり笑える流れで、面白いです。
 どうにもティーン向けのポップバンドっぽい印象が強いシングルがヒットしてしまいましたが、アルバムは結構ロックしている曲も。重ね録音のヴォーカルが浮遊感ある高音のメロディーを歌い上げている「Happy」、抑え目のギターとメロディーごとのリズムのキレが心地良い「Reasons Why」、スキップのリズムとドラムのフレームカットが軽快さを誘う「Sleep on It」、キーボードが綺麗な「Come Down to Me」などなど、あまりに煩いのは苦手だけれど、という人とか、日本人ウケしそうなトラックが満載。
 …そうか、ここまで書いて来て気付いたけれど、Kelly Clarksonのようなポップロックが好きな人にはど真ん中かも。

 まだちょっとバンドのスキルには疑問がありますが(ポップバンドで良いならそこそこだとは思いますが)、これからが楽しみな感じのバンドですね。
 面白PVは女性の方必見です!!


Saving Jane オフィシャルサイト

▽ Video 「Girl Next Door」を試聴する(WMP)。

▽ Audio 「Girl Next Door」を試聴する(MP3)。

▽ Audio 「Come Down to Me」を試聴する(WMP)。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
2006.02.25 Sat
 カナダ出身なのに何故かフランス~ヨーロッパで大ヒット。それを経て現在世界的なヒットを見せているDaniel Powterのデビューアルバム、「Daniel Powter」。



 かなり紹介が遅れてしまいました……すいません。
 2005年、ヨーロッパを中心に大ヒットをして話題をさらったピアノマン、Daniel Powter。カナダ出身だというのにフランスでまず火がついたという彼。…と言うのも、フランスのコカコーラのCMで「Bad Day」が起用されたことが発端。それからヨーロッパを制覇するのにはさして時間が掛からず、ライヴ8への出演なども経て、現在世界的なヒットを遂げている注目株(と言うには遅すぎるかな(苦笑))。「遂げている」、というよりも「遂げてしまった」、かも(笑)。
 ヨーロッパから本国カナダ、オーストラリア、そして日本(3週間位前に国内盤が発売されてヒットしました)と世界を駆け抜け、残すはアメリカ。現在アメリカでも火がついて、こちらも制覇するまでさして時間が掛からないであろう情勢。今週も、R&R総合チャートで最も放送回数が増えた曲でしたし、James Bluntがあれだけ上位にいけるぐらいに「アコースティック指向」が受け入れられている感があるので、今後が楽しみです。ちなみにビルボードでは既に1位を獲得しています。なんだか、James Bluntと売れ方がそっくり。
 シンプルなピアノに心地良いメロディー、そして歌詞も良いし、これはまたツボに入る人はどっぷり入ってしまいそうな感じのアーティストです。ソウルじゃないピアノ弾きの曲を聴くのって久々だな~と思っていたのですが、Keaneがいましたね(笑)。ああいう路線が好きな人には本当に好きなことでしょう。MAROON5と似ている、との声も。
 「聴く人を選ばない」音楽の原点を行く感じのその歌は、大いに聴く価値ありです。

 スマッシュヒットシングル、「Bad Day」(邦題 : バッド・デイ~ついてない日の応援歌)。
 イントロからピアノがとても心地いいですね。ピアノだけなのにシンコペーション(裏拍が強いリズム)のリフが効いていて、とてもパーカーッショナブル(なんて言葉は無い?(笑))な感じ。
 またフックの飛び跳ねるようなメロディーがまた綺麗で、口ずさみやすい愛嬌のある、シンプルだけれど美しいライン。メジャーコードで引っ張れるのがすごいですね。この曲は他の編曲はありえないだろう、と思わせるぐらいにピアノが抜群で、とてもマッチしているのもすごい。
 フックがいいのももちろんなんだけれど、と言うよりはむしろ、全体としての雰囲気がとても良くて、彼独特のカラーと言うものが確固たるモノとしてまずあって、それが良いのではないでしょうか。
 それは歌詞にも顕著に現れていて、こういう「ありそうだけれどない」感じの前向きな曲って嬉しいですね。ちょっと泣ける。英語の出来ない人はちゃんと国内盤を買って対訳を見ることをオススメ。本当に良いから(笑)。
 またPVも面白くて、ストーリィが楽しい。Amiel(なつかしいなぁ(笑))の「Love Song」のようなコマ割りした画面が楽しいです。
 …なんか宣材のスチールやPVを見た限りではもっと男臭い曲を歌いそうな風采なのに、意外とポップでキャッチーな曲を歌うそのギャップが意外でした(偏見(笑))。
 アルバムとしても温かみに満ちてたやさしいアルバムに仕上がっていて、冒頭を飾る「Song 6」のキーボードのつかみからしていいですね。Danielの高音も美しい「Free Loop」や、イタズラっぽい細かな刻みとティンパニが楽しい「Lie to Me」、個人的には結構好きなラストを飾る「Give Me Life」などなど、魅力的な曲が詰まっています。
 どかん、と引っ張られる曲はなかったのですが、アルバム全体としてとても安定していて、1枚のアルバムとして聞けるアルバムなのではないでしょうか。こんな書き方を書き方すると反感を買うかもしれないけれど(笑)、それだけ実力があることだと思う。1曲が死ぬほど素晴らしくてもアルバムがダメなアーティストなんかよりも、断然安心して聞けますよね。

 日本、そしてアメリカでもビッグヒットとなりそうな予感たっぷしのDaniel Powter。
 今年も要チェックです。

 Special Thx : ★RuRu★さん


Daniel Powter オフィシャルサイト

▽Video 「Bad Day」を試聴する(WMP)。 日本語テロップ入り
     オフィシャルでならフル試聴が出来ます。

この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。