SOULTRAIN

「SOULTRAIN」 n. 名詞 : 魂列車

"この音楽が俺の胸を熱くする  。"
Real Good Musicをお届けするブログです。

menu
更新情報.jpg 本日の一言.jpg オススメ.jpg 新譜.jpg
特別企画.jpg コンセプト.jpg 別館.jpg ランキング.jpg

what is your favorite music genre ?





このブログは面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No ( またのお越しを)
今日は何位になっているのでしょうか。

by pilot-fish since 2005.09.13.

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.08 Sun
 Def Jam移籍後初となるアルバムをリリース。Fabolousの「From Nothin To Somethin」。



 ミックステープで大活躍をしていたDJ Clueが、01年に自ら創設したDesert Stormレーベルの第一号としてプロデュースして世に送り出されたFabolous。ダンストラック満載の1st「Ghetto Fabolous」が大ヒットを遂げて、一躍NYラップの旗手としてThug像を明確に打ち出し、最前線を走ってきました。
 Def Jamに移籍が報じられ、その後、06年10月にNYで発砲事件が起こり自らも怪我を負ってアルバム発売延期。2月に出る予定でしたが、さらに延びて、現在は6月12日発売の方向でフィックスしてる模様。期待が高いだけに、気になりますね。
 NYラップとしても元より、イーストコーストなギャングスターの要素を兼ね備えるFabolous。今回のアルバムでは、プロデューサーにScott Storch、Timbaland、Just Blaze、Neptunes、Trackmasters、Kanye Westなどが参加。さらには客演にJay-Z、Nas、Ashanti、Twista、Young Jeezy、The Game、Cassidy、Jadakiss、Ne-Yoらが参加。イーストコースト色も強くしています。
 昨年06年にリリースされたDJ Clueの「Professional Part 3」では、「Like This」と言う曲で緩いラップをして注目を集めていましたが、今回のアルバムもかなり期待できそうです。

 リードシングル、「Make Me Better」。
 まだ正式リードシングルがはっきりとしないのですが、当初の段階ではこの曲が1stシングルと報じられていました。
 Timbalandプロデュースによる、Ne-Yoが客演で参加した1曲。Def Jamに移籍したので、Ne-Yoとはレーベルメイトです。
 これが凄い味のある名曲。イントロからバックのグルーヴの大きいストリングスをサンプリングしたようなキーボード(?)が美しく、Ne-Yoの歌うフックもキャッチー。それらとは対照的に入るThugっぽい掛け声が印象的です。コード進行が「Sexy Love」「Because of You」と同じなので、曲はNe-Yoが書いたかと思われるのですが、それをTimbalandがこんな風に味付けできるのが新鮮です。Timbalandっぽくないサウンドがいささか残念に思える部分もありますが…。
 フックの「You Make Me Better~♪」のフレーズは合唱必至で、全体としてHip-HopだれどPopなイメージがあります。直球なドラムの刻みや懲りすぎないバックトラックなど、シンプルだけれど安心して聞ける1曲。
 また、続くシングルと報じられるYoung Jeezyをフューチャーした「Diamonds」では、ギミックを多用し、サグ感溢れる仕上がり。壊れたシンセのようなバックトラックと、Snapsのリディムに男臭い掛け声。そしてHip-Hopでは珍しくパルスを崩したフィルインの仕方など、とても面白い構成です。一昨年ぐらいに流行ったSwizz系のサイレンもインパクトがありますね。Fabolousのラップもリズムに踊らされることなく中央に鎮座していて、聞き応えがあります。
 他にも、Swizz Beatsの手による「Return of the Hustle」ではカンフー映画のようなイントロで幕を開け、ホーン使いが印象的。キーのあっていないようなストリングスが面白い。また、曲の中盤で大胆にBeyonceの「Irreplaceable」のメロディーを使い、Beyonceだと爽やかなあの曲もFabolousが対照的に男臭く歌っています。いささかそんなギミックの印象が強いですが、フックでは相変らずイーストコーストを感じさせるギャングっぽいノリが心地良く、緩いベースなのに勢いのある仕上がりになっています。アルバムが楽しみです。

 メインストリートなNYのサウンドを忠実に表現し、今回もアルバムの発売が楽しみです。
 発砲事件など様々なことがありましたが、今度こそ延期にならずに発売されますように。


Fabolous オフィシャルサイト

Fabolous feat. Ne-Yo 「Make Me Better」


Fabolous feat. Young Jeezy 「Diamonds」


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)

2007.04.07 Sat
 なんとも豪華でクールなコンピ! 映画「Freedom Writers」のオリジナルサウンドトラック。



 Hilary Swank主演のヒューマンドラマを描いた映画、「Freedom Writers」。ご紹介が遅れましたが、このサントラがまた豪華なことになっています。加えて、will.i.am.のプロデュースによるCommonの新曲が収録されていると言うのも豪華。移転する前の「SOULTRAIN」で「Coll Common Collected」を紹介したときにsappaさんにコメントで教えていただいたのですが、これが本当にカッコイイ曲で。個人的に、Commonが大好きなので興奮してしまいました。
 さて、アルバムにはTailb Kweli、Jeannie Ortega、2Pacwill.i.am.などの楽曲が収録。映画のストーリーからはにわかに想像できませんが、音楽はHip-Hopにまとめられているようです。しかしこれがソウルフルな楽曲で統一されていて、なんとも渋い。ソウルなHip-Hopが好きな方には垂涎の一枚でしょう。
 また、このアルバムではプロデューサ・will.i.am.としての成長振りが窺えます。BEP以外にもPCDFergieに始まり、最近ではGame、Nas、Rihannaなど、手広くプロデュース業も展開しているwill.i.am.。アルバムの後半にはMark Ishamの手による映画音楽が収録されていますが、それに1曲willも参加しているし、何より、Commonのプロデュース曲が凄いです。
 初心者にもオススメできて、なおかつHip-Hop Soulが好きな人は聞き逃せない一枚です。

 Common feat. will.i.am.による「A Dream」。
 今までのCommon楽曲の中で、一番渋い。1発で聞き惚れるパワーのある曲です。
 イントロから、サンプリングのストリングスと、オルガン系のキーボードが切なくもいい味を出しています。フックは、will.i.am.が歌っているのですが、彼がこんな歌を歌えるのか、と驚き。
 懐かしいようなサウンドを多用しながらもとてもキレがあって、Commonのラップも良いですね。Commonの声のトーンととてもマッチしたバックトラックです。
 また、フックでは、Martin Luther King Jr.(キング牧師)の演説をサンプリングするという大胆な手法を使っていて(演説サンプリングの曲を聴いたのって坂本龍一の「1919」以来笑)、黒人解放運動の有名な演説を使っているだけに"外せない"というプレッシャーもあったでしょうが、神懸かり的に美しくまとまっています。
 切々とした曲の中にCommonとwill.i.am.の力強いメッセージを感じられて、この曲には本当に胸が動かされます。この一曲のためだけにアルバムを買う価値があるでしょう。インタヴューで、この曲のことを「永遠に残る曲だ」、とCommon自身言っているけれど、その通りだと感じさせる一曲です。
 サントラというより、1つのアルバムとしても充分に楽しめて、Talibは元より、2Pacの名曲「Keep Ya Head Up」まで入っていますからね…(いつ聞いてもこの曲は良いなぁ)。前述の通り、ソウルに通じるHip-Hop楽曲でトーンが統一されていて、とてもオシャレな曲が多いです。
 また、後半にはwill.i.am.のソロ楽曲が収録されていますが、アコギの切ないメインリフが素敵な「Colors」、遊び気味でギターの揺らぎが楽しい「Bus Ride」など、BEPでは見られない彼の一面が窺えます。また、映画音楽の「Riots」のサンプリングの仕方が半端じゃなくレベルが高い。これも必聴です。

 昨年から発売延期になったままのCommonのニューアルバムが気になるところですが、こんな素晴らしい曲を聞くと、俄然期待が高まってしまいます。
 今年はBEPも5thアルバムを発売する予定だとのことで、こちらも楽しみですね。


Freedom Writers オフィシャルサイト
Common / Cool Common Collected : A Fine Collection of Remixes and Rarities
Common / Be
The Black Eyed Peas / Renegotiations : The Remixies

Common feat. will.i.am. / A Dream


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)

2007.04.06 Fri
 恐らく、今一番ヒットしているティーン女性ソロシンガーのRihannaが、早くも3rdアルバムをリリース。Rihannaの「Good Girl Gone Bad」。

gggb.jpg


 思えば、デビューアルバムの「Music of the Sun」が発売されたのが05年の夏の終わり。「Pon De Replay」が大ヒットを遂げて、期待の新人と言われていたRihannaですが、翌06年の5月にはわずか半年で2ndアルバム「A Girl Like Me」をリリース。こちらのアルバムからも「S.O.S.(Rescue Me)」や「Unfaithful」などのヒット曲が出ましたが、それからまた1年と経たずに3rdアルバムのリリースが決定。
 契約のときも、Jay-Zが1発サインしたことで「シンデレラ・ガール」などと言われましたが、その躍進振りもまさにそのもの。アイドルのティーン女性ソロシンガーではそのセールスでもリリーススピードでも群を抜いています。デビュー当時はCiaraJoJoChristina Milian、Ashlee Simpson(笑)など比較されましたが、既に頭1つ飛びぬけていますね。Def Jamのプッシュっぷりも凄く、それゆえかJay-Zとの不倫疑惑なんていう凄いゴシップも飛び出しているRihanna(笑)。さすがポストBeyonceと言われるだけはある?笑
 ついこの間2ndが出たばかり、と言う印象があるだけに、あまりのリリース速度には些か疑問。また、1stが彼女のカリブ出身と言うパーソナリティに重きを置いたラテンテイストでまとめられたアルバムだったのに、2ndではラテンはラテンでもSean Paulをフューチャーしたり"売れ線"を意識したつくりで、アルバムもがくんとポップなものに成り下がった印象。さらに今回のリードシングル「Umbrella」も露骨にセールスを意識したつくりで、レーベルに踊らされている印象を受けます。…移り変わりの激しい音楽界だけに、アイドルとして生き残りをかけるのも大変なのでしょうが…。
 そんなRihannaの今回のアルバムは、BEPのwill.i.am.や06年に再び黄金期を迎えたTimbalandをプロデューサーとして迎え、レーベルメイトのNe-Yoのペンによる作品や、Jay-Zが客演参加など、豪華なメンツがずらっと揃っています。
 このままひたすら流行を追いかけるアイドルとなるのか、歌手として磨きをかけるか、正念場と言える一枚。

 リードシングル「Umbrella」。
 「こんな曲を私が歌うとはリスナーは思っていないはずだわ」、とインタヴューで答えている通り、今までのRihannaにはないキーボードの目立つ1曲。デビューシングルの「Pon De Replay」もキーボードとドラムだけの曲でしたが、あれはリズムありきの曲だったので、実際ここまで大胆にキーボードを使った曲は初めて。ちなみに、原曲を聞いたことは無いのですが、Victoria Beckhamのカヴァー(Spice Girls時代の曲かな?)。
 …ただ、それがOmarionの「Ice Box」を彷彿とさせるような、Timbaお得意のキーボードサウンド。まだクレディットが判明しないので、この曲がTimbaの手によるものなのか否かは判然としませんが、なんにしても些か「二番煎じ」的な印象が…。「Pon De Replay」のかっこよくも鮮烈すぎるデビューがそんな「期待はずれ」感を抱かせるのか…。
 とは言え、音はすごいとんがっていて、客演しているJay-Zもお見事。リフのインパクトは強烈で、こういうとんがったキーボードは歌手が音に負けてしまうことがあるけれど、Rihannaは見事に歌いきっていますね。感想で「Umbrella、ella、ella」と繰り返すところなんかはさすが。
 また、収録されるかは未定ですが、Pussycat DollsのNicoleと共演した「Winning Women」でもキーボードとパーカッションの激しいサウンドを展開。これはこの2人で歌うよりも、Nelly Furtadoが歌った方がしっくりくる気がしますが…(笑)。Sean Garrettのプロデュースですが、サウンドは完全にTimbalandで、Aメロのキーボードのリフが癖になる1曲。また、フックでさらに被さるキーボードによって浮遊感溢れる展開となっていて、ほとんどRapに近い歌い方を2人にも注目です。
 Ne-Yoのペンによる「Just Be Happy」では、そこはかとなくラテンテイストなギターサウンドの映える1曲。いまいちNe-Yoが書いたとピンと来ないのですが、「Unfaithful」にしろ、Ne-YoはRihannaで自分の新たなサウンドを試してる気がしてならない(笑)。聞いているだけで暑くなるようなテイストで、フックはエフェクトしたギターとの絡みが絶妙。こういう暖かいテイストを歌うRihannaも新鮮です。

 アルバムが売れ線狙いのゴテゴテした統一感にならないものになりそうな気がしてならないのですが、ただ、彼女の歌唱力が卓越していることは改めて実感させられます。
 これまたヒットとなりそうですね。


Rihanna オフィシャルサイト
Rihanna / The Music of the Sun
Rihanna / A Girl Like Me


Rihanna feat. Jay-Z 「Umbrella」


Rihanna 「Just Be Happy」


この記事は面白かった(or役に立った)
Yes (ブログランキングに1票) / No (またのお越しを)

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。